人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「飛び込み台の女王」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

半年前、上のクラスに上がれると思っていた水泳選手コースの新クラス編成で、まさかの残留となったsohta。

そこで落ち込んで、もうやる気を失うかと思っていたのだが、

この半年、練習への取り組み方も気持ちも変わり、頑張っている。

中学校は全員が何らかしらのクラブに入る事になっているが、クラブチームに所属している場合、免除される事もある。

町内の中学に水泳部は無く、所属するSCの選手は、学校に名前だけの水泳部を作ってもらい、関東中学大会や全国中学大会に出場する。

中学以降SCに残れるのは、小学生に比べたら僅かで、結構な人数がSCを去っていく。

sohtaはどうしても中学でも水泳を続けたい!

その一心で、この半年頑張ってきた。

一昨日の中学説明会でも、部活に興味は無いと、一切見学をしなかった。

そして迎えた昨日の大会。

あらかじめコーチから言われていた、上のクラスに上がるタイムの条件。

もうsohtaのタイムなら上のクラスに入れるはずなのだが、

そこがsohtaがsohtaたる所で、要領が悪いと言うか、ポイントを外しちゃうというか(^^;)

大会前の練習後、コーチから、

「もう十分出せるタイムなんだけど、まあそこでこけちゃうのがsohtaだからなぁ・・・・」と言われたのだとか。。。。。

あはは(^^;)

そして昨日は朝から機嫌が悪かった。

今日が最後になるかもしれない・・・・そんな緊張感とプレッシャーからだろう。

先月のかなり泳ぎにくいプールでもベストを出していたので、今回は出るはず!そう思うも、やってみなくちゃ分からない。

何しろ30秒にも満たない世界。

何が起こるか分からない。


さあ、本番!

かなり暑がりのsohtaはこの時期学校へ行くにも、Tシャツに裏地も無いパーカで出掛けてしまうことも多い。

今まで召集所で上着を着ているのを見た事がない。

が、昨日はスタート台に立つ直前まで着ていた。

そしてスタート台の羽を冷静に調整していた。

行けるかも!

行けるはず!!


sohtaクラスになると、皆お高い高速水着を着ている。

この地域はかなりレベルが高いので、この辺りになるとリレーであれ、皆JO経験者ばかりなのである。

が、sohtaにはそんな高い水着は買わない。

水を弾く水着は伸縮性が低いので、何度か着ると伸びてしまう。

そしてかなりでっかくもなったので、う~ん残れるかどうか微妙なのに、この時期に水着を新調するの?と疑問だったが、小さいと言われては、伸びちゃったと言われては、買ってやらざるを得ない。

コーチには、その速い子達が着ている高い方を買ってもらえよ、と言われたらしいが、

JO出なくちゃ買ってもらえない、と言ったらしい。

その通り!

一枚2万円近くもするんだから(^^;)


スタート台に上がる。

よし!スタート!

行け、行けーっ

学校の持久走大会とは違い、静かに(^^;)DVDで見る私。

あらっ、反応悪っ(><)

スタートが遅れた。。。。。

でも、すぐにトップに立ち、そのレースでは他の子達に体一つの差を付けてゴール。

本来、泳ぐ順としてはもっと後ろの組でもいいはずなんだけど・・・


そしてタイムは・・・・

おお、ヤッターっ!!!!!

大幅更新。

そしてコーチの条件を見事大幅にクリア(^^)

今回は周囲の予想を裏切り、踏ん張った。

もう文句は言わせまい。

これで4月からもSCで練習をさせてもらえるはず!

ただ12歳のJO突破タイムにはまだまだ届かない。

トップグループの4皇ならぬ5皇はめちゃ速い。

sohtaはその次の第二グループだもんね(^^;)

続けさせてもらえれば、そして上のクラスでの練習になれば、夏は狙えるんじゃないか!そんな期待が出来る、最近のsohtaである。

ああ、ホッとした(^^;)


一方のtaichiくん、sohtaがそうであったように、まあうちの子達は早い内にはどうにもならないので・・・あはは(^^;)

生活全般を見ると、まだまだこれから。

様々なところで自覚というものが芽生えてこないと、どうにもならないのである。

君はまだまだこれからだ。



飛び込み台の女王 (STAMP BOOKS)

マルティナ・ヴィルトナー/岩波書店

undefined


小学6年生位から



カルラはナージャの友達で、お隣さんで、そして同じ飛込みの選手。

でも大きな差があった。

カルラは誰から見ても飛び込み台の女王であり、ナージャの憧れの選手だった。

だった・・・と言うのは、カルラがある日を境に飛び込めなくなってしまったからだ。

そして、ナージャの目の前からいなくなってしまったからだ。

これはドイツ児童文学賞受賞作。

飛び込みという競技を巡る、思春期の少女達の友情や葛藤を描いている。


個人競技だから、周りはみなライバル。

敵わない相手・・・そう思っていた子がいつの間にか姿を消す。


何だかsohtaの環境に似てる。

そして人に負けるな!とけしかける親。

子どもが主役なんだけど、そこには親の葛藤もものすごーくある。

よく分かる~(><)


これは岩波のstamp bookという、海外のYA作品を紹介するシリーズの一冊で、このシリーズ中1,2を争う秀作らしい。

確かに読み応えがある。

YAって、思春期の子を持つ親も読むと良いんじゃないかな。

色々話さなくなるこの時期、彼ら彼女らの心の中では様々な事がぐるぐる渦巻いている。

かつて自分も経験した、この多感な時期。

それを少しでも思い起こす事が出来たら、子どもへの接し方の参考になるかもしれない。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-02-12 07:21 | YA