人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

笑って寝る☆「きむらゆういち おはなしのへや」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

きむらゆういち おはなしのへや 2

きむらゆういち/ポプラ社

undefined


読んであげるなら 6歳くらい~


これは、きむらゆういちおはなしのへや全5巻の内の一冊。

きむらゆういち おはなしのへや

ポプラ社

undefined


中学年以上の子どもが自分で読むのに丁度良い児童書ですが、

夜、お布団の中で一話お話するのにもピッタリ!

それぞれの巻にテーマがあって、

この(2)は、「だだっこライオン」「へんしん ぶうたん!」「ぶたにへんしん!」など、悩み多き百獣の王ライオンを描いたお話を収録。

ただ、百獣の王と言っても、これがきむらゆういちさんの手に掛かると、ちょっぴり弱虫で、実に身近な人格(?)を持ったライオン像で(^^;)

ライオン・・・と聞いただけで、こわがる動物たち。

だから、ライオンは心配もなく、毎日幸せに暮らしている!・・・かと思いきや、本当は違うの、でも強そうに見せなくちゃ!など、ライオンにも悩みがあるらしい。

そんな悩み多きライオンの気持ちや振る舞いが、面白おかしく描かれていて、その前に色々(怒られたり、すねたり、喧嘩したり・・・とまあ忙しい)あったりした子ども達も、このお話を聞くためにさっさと布団に入って聞く準備をし、そして一笑いして夢の中へ。

6年生のsohtaも(^^;)

寝る前の、心地良いワンクッションとなっていました。

しかし、

ああ今日は早く布団に入らせる事が出来た!・・・と思いきや、

寝たのは、またもやいつもの遅い時間(><)

それでも、この(2)はそれだけの価値がある!

楽しい気持ちで床に就くのって、とっても大事だと思いませんか?

是非、夜のお供の一冊に加えて欲しい本です。



巻末の、「ライオンのおなやみそうだん―――あとがきにかえて―――」が、深いね(^^)

皆が一目置いて近寄って来ないから、本当の友達がいないんだと、悩むライオン。

仕方がないよ、リーダーは必要だもの。それが森の王様の宿命なんだから。

強さとは何だと思う?

動物たちがライオンだあって恐がるのは力の強さに、だけど、本当の強さは心の強さじゃないかな?

ライオンだって実は気が弱い。でも、弱くてもいいじゃんって言える強さが、心の強さって言えるんじゃないかな?


強さとは、心の強さ、か。。。。。


で、昨夜からは

きむらゆういち おはなしのへや 3

きむらゆういち/ポプラ社

undefined


を読み始めました。

こちらは親と子の絆がテーマなので、大笑いするというものではありませんが、心があったか~くなるお話集です。

*****

先日高速道路を走っていた時、お手製のお弁当のスペイン風オムレツに付けるケチャップが家に切れていて、食べ始めた子ども達にケチャップ欲しい!と言われ、

とあるサービスエリアのコンビニに立ち寄りました。

そこで驚くべき光景を目にした私。

なんと、商品の陳列棚の上にある備蓄倉庫(扉のある棚ね!)から商品の入った段ボールを、お客さんの通る通路にばんばか落とす店員さん。

私の目の前に落ちてきた(><)

皆、えっ?って顔で見てるのに、気にしないこの店員さんは、相当なおじさんで・・・

数箱降ろし終えたところで、それを足で蹴りながら陳列棚に運び始めたのでした。

見ると、中身はお菓子。。。。

えーっ!?それって売り物の、それも食べものじゃん!!!

開いた口がふさがらん。

ネームプレートを見ると、店長?・・・ではないらしいが・・・

人も多い中、注意するのもはばかられ、

そんな非常識過ぎる人に人前で注意したもんなら、どんな事になってしまうか?

争そいごとは避けたい(^^;)

で、コンビニのお客さま相談窓口にメールしようかと、HPを開いてまたまた考えた。

う~ん、名前も住所も登録するのか?

(そりゃあそうよね。ただのクレーマー相手にしてらんないしね)

でも、もし逆恨みされたら?

名前も住所も相手に知られないって保障は、無いよね?

う~ん、これで苦情をあげた所で、彼がバイトを首になるだけだよね?

それって、意味あるのかな?

若い子ならば、社会経験として必要だろうけれどさ、

いい年したおじさん(・・・ってもしかしたら、私より若いのかもしれん(^^;))が、休日の朝のコンビニで働いているってのは、何か事情があるのかもしれない。

う~ん、う~ん、私は彼を首にしたいわけではないし・・・・う~ん、う~ん・・・・

と小1時間考えて、連絡するのをやめたのでした。


きっとあのおじさん、日常に笑いが足りないんだろうな。。。。。

ああ、この本を薦めてあげたいわぁ。


ちなみに、SAのコンビニには、売り物としてのケチャップは置いてないみたい(^^;)


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-01-26 14:55 | 童話 中学年向け