人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

酉年の本Vol.5☆「はんぶんのおんどり」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

新装版はんぶんのおんどり

ジャンヌ・ロッシュ=マゾン/瑞雲舎

undefined


読んであげるなら 6、7歳~
自分で読むなら2、3年生~

(以下、あらすじです)

長い間、王さまの兵隊さんだったお父さんが年老いて、いよいよ死ぬ時になって、二人の息子に言いました。

「わしがしんだら、ざいさんは、なんでもはんぶんずつ、なかよくわけておくれ。わずかなざいさんのことで、けしいてけんかなんぞしないように」

おとうさんが死ぬと、お兄さんはお父さんの言った通り何もかも二つに分けたのです。

ただし、全て自分が得をするようにね。

今まで好きだったお兄さんが欲張りで心のねじれた人だと分かったのです。 

お兄さんは村の立派な家を、弟のステファヌに森の小さな小屋を、自分には雌牛を、ステファヌには雌ヤギを。

百枚の金貨は全て自分に、ステファヌには王さまが父さんに未払いの、給料百枚金貨分の証明書を。

しかし、王さまはけちんぼで、これまで紙を持っていった人に払った事がない事で有名でした。

それを知っていながら兄さんは・・・・

ステファヌが家を出て行こうとしたとき、おんどりのジョウが飛び込んできました。

事もあろうに兄さんは、そのジョウまでも真っ二つにしてしまったのです。

それを自分は煮込み料理にして、その日の内に食べてしまいました。

ステファヌは哀れみ深い優しい若者でしたから、まだ死んでしまっていない半分になったジョウを、手厚く看病してやりました。

その内ジョウはすっかり元気になって、ステファヌのこの上ない友達になり、前にも増して速く走るようになり、前にも増して夜明けの歌を歌うようになりました。

その上、しゃべる事も出来るようになり、頭の働きが一層活発になり、はっきりと自分の意見を言えるようになったのです。

そしてステファヌに、王さまのところに行って、お金を返してもらうと言い出したのですが・・・・

*****

幼い頃からフランスの伝承文学に親しんだジャンヌ・マゾンの創作物語。

昔話の特徴を盛り込んだお話は、おんどりを真っ二つにしちゃう驚くような事から物語が展開します。

王さまのところに行く途中の出来事や、王さまの仕打ちに立ち向かう様、ジョウと王さまのやり取りはテンポ良く、三回のくり返しも
昔話の特徴を存分に盛り込んでいます。

普段はなかなか手に取られることのないお話かもしれません。

酉年の今年は注目されるかな?

*****

他にもこんな「とり」の本

ケイゾウさんは四月がきらいです。 (福音館創作童話シリーズ)

市川 宣子/福音館書店

undefined



コッケモーモー!

ジュリエット ダラス=コンテ/徳間書店

undefined



ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)

パット=ハッチンス/偕成社

undefined



ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)

グリム/福音館書店

undefined



今日から始まった小学校の三学期。

昨日が大会で朝早かった為か?

いやいやこの冬休みは、毎朝ゆっくりだったから(^^;)

今朝は6時40分を過ぎても起きて来ない。

sohtaの目覚ましは5時半に鳴ったきり、taichiの目覚ましは6時半に鳴ったはず。

仕方なしに、寝室の雨戸を開け放ちに行った母です。

こんな時に庭におんどりが居たらなあ。。。。

はたまたメアリースミスが来てくれたらなあ。。。。

メアリー・スミス

アンドレア ユーレン/光村教育図書

undefined





ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-01-10 08:34 | 童話 中学年向け