人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

子どもの気持ちを知る☆「木はえらい」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

木はえらい―イギリス子ども詩集 (岩波少年文庫 (2139))

川崎 洋(編さん),川崎 洋(翻訳),谷川 俊太郎(編さん),谷川 俊太郎(翻訳)/岩波書店

undefined


小学中学年以上向け


「なんで学校に行かなきゃならないの」で大人をからかい、「ぼくは末っ子なので」で末っ子だからって馬鹿にするなと反発し、「ボーイフレンド」で彼女の一言にドキッとし、「オヤジを探す」で自分が怒られていたはずなのに、気付いたら家から居なくなっていた父親を心配し・・・

子どもの心の中、頭の中はぐるぐるぐるぐる忙しい。

まさに詩の中の出てきたフレーズ「考えると頭がこんがらがっちゃうんだよ」だ。

この本に取り上げられているのは、イギリスの子ども達に圧倒的支持を得てきた「悪がきの詩」という、子ども達の本音の世界を、子ども達の日常の言葉でそのままうたった詩の数々。

といっても、子どもが作ったものではありません。

マイケル・ローゼンを始めとした6人の詩人によるものです。

でも、とっても子どもの気持ちを代弁していると言うか、子どもの気持ちそのもの。

それを谷川俊太郎さんと川崎洋さんが訳しています。

6人の詩人の一人、ロジャー・マッガウは「韻の踏み方も知らない詩」は好きではないと言っているそう。

訳詩ではそのまま写す事は難しいので、その辺りは訳者さんのものになってしまいますが、それでも、良いです。

その中で私が・・・(子どもじゃないけど(^^;))・・・この詩いい!って思ったのは、

「ボーイフレンド」マイケル・ロ-ゼン

「弟は頭痛の種」ブライアン・パテン

「オヤジを探す」ブライアン・パテン

大人にとって、親にとって、ああ、耳が痛いと思うものも多くあります。

「子どものいいぶん」スパイク・ミリガン


母として嬉しくなる詩もあります。

「ぎゅっと」 ブライアン・パティン 谷川俊太郎・訳

ぼくらはバナナをぎゅっとつぶすのが好き

うれたプラムをぎゅっとつぶすのも好き

そんで悲しそうなときのかあさんをぎゅっと

つぶれるくらい抱いてあげるのも大好きなのさ


ねっ!素敵でしょ(^^)


ところで、今回紹介した岩波少年文庫の「木はえらい」は1997年発行のもので、新版も出ています。

木はえらい―イギリス子ども詩集 (岩波少年文庫)

谷川 俊太郎(翻訳),川崎 洋(翻訳)/岩波書店

undefined


巻末の「岩波少年文庫発刊に際して」は1950年に書かれたもので、2000年に刷新された新版では「岩波少年文庫創刊50年―― 新版の発足に際して」に変わっています。

この1950年にかかれたものが素晴らしい!震えが来ちゃいます。


「一物も残さず焼きはらわれた街に、草が萌え出し、いためつけられた街路樹からも、若々しい枝が空に向かって伸びていった。戦後、いたるところに見た草木の、あのめざましい姿は、私たちに、いま何を大切にし、何に期待すべきかを教える。未曾有の崩壊を経て、まだ立ちなおらない今日の日本に、少年期を過ごしつつある人々こそ、私たちの社会にとって、正にあのみずみずしい草の葉であり、若々しい枝なのである。

この文庫は、日本のこの新しい萌芽に対する深い期待から生まれた。この萌芽に明るい陽光をさし入れ、豊かな水分を培うことが、この文庫の目的である。幸いに世界文学の宝庫には、少年たちへの温い愛情をモティーフとして生まれ、歳月を経てその価値を減ぜず、国境を越えて人に訴える、すぐれた作品が数多く収められ、また名だたる巨匠の作品で、少年たちにも理解し得る一面を備えたものも、けっして乏しくはない。私たちは、この宝庫をさぐって、かかる名作を逐次、美しい日本語に移して、彼らに贈りたいと思う。

もとより海外児童文学の名作の、わが国における紹介は、グリム、アンデルセンの作品をはじめとして、すでにおびただしい数にのぼっている。しかも、少数の例外的な出版者、翻訳者の良心的な試みを除けば、およそ出版部門のなかで、この部門ほど杜撰な翻訳が看過され、ほしいままの改刪が横行している部門はない。私たちがこの文庫の発足を決心したのも、一つには、多年にわたるこの弊害を除き、名作にふさわしい定訳を、日本に作ることの必要を痛感したからである。翻訳は、あくまで原作の真の姿を伝えることを期すると共に、訳文は平明、どこまでも少年諸君に親しみ深いものとするつもりである。

この試みが成功するためには、粗悪な読書の害が、粗悪な感触の害に劣らないことを知る、世の心ある両親と真摯な教育者との、広範なご支持を得なければならない。私たちは、その要望にそうため、内容にも装釘にもできる限りの努力を注ぐと共に、価格も事情の許す限り低廉にしてゆく方針である。私たちの努力が、多少とも所期の成果をあげ、この文庫が都市はもちろん、農村の隅々にまで普及する日が来るならば、それは、ただ私たちだけの喜びではないであろう。(一九五〇年)」


いかに志高く、熱い熱い思いで、少年文庫を発刊したか、伝わってきますよね(^^)

本当に子どもの為の本を出版しているのは、岩波書店と福音館書店だとある方に伺いました。

大人の目線で読んでいると良いなと思う本でも、それは果たして子どもに向けて書かれているものか、そこを考えると疑問を持たざるを得ない本も少なくありません。

この名文は吉野源三郎さんの作。

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

吉野 源三郎/岩波書店

undefined


自分が子どもの頃、そして若かりし頃、いい本に出会ってこなかった事を、今更ながら反省しています。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-11-06 10:22 | 詩集