人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子どもが良い?大人が良い?・・・「ちいさくなったパパ」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

ちいさくなったパパ (世界の絵本コレクション)

ウルフ スタルク/小峰書店

undefined


読んであげるなら 6歳くらいかな?

でも、子どもの心を忘れてしまった大人のあなたにこそオススメ!


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ある晩、私は息子のトーマスといっしょにプラモデルを作っていた。

子ども部屋の床に腰をおろし、車を組み立てているうちに、外はだんだん暗くなった。

「どうして、おとなは遊べないの?」

突然、トーマスが私きいた。

「なにいっているんだ?いま、いっしょに遊んでるじゃないか」

「ちがうよ。いまはただ、いっしょに車を組み立てているだけだよ」

トーマスはそういうと、タイヤをひとつ、はめた。

私はハンドルをつけた。

そろそろ、トーマスが寝る時間だ。

私はできたばかりの車を、ほかの14台のプラモデルのあいだにそっとおいた。

トーマスは、じきに寝てしまった。

私はひとり窓辺に立ち、考えた。

どうして、おとなは遊べないのか?

遊べなくなったのは、いつごろだったろう?


そのとき、夜空に星が流れた。

願い事をするなら、いまだ。

流れ星に願い事をすれば、なんでもかなうというじゃないか。

「私を子どものときのようにしてください。一日だけでいいですから」

私は流れ星にむかって、急いでつぶやいた。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

次の日曜日、まだ6時前だと言うのに、私は小魚みたいに元気よく目が覚めた。

足がうずうずして、もうじっとしてなんかいられない。

ベッドの上で飛び跳ねてみよう!

目を閉じて飛び跳ねるところを想像し、パッと目を開けると、

わっ、こわい!

となりに巨人が寝ている!

女だ。私の二倍はある。

思うわず叫びそうになって、気がついた。

巨人の女は、私の妻だ。

これは夢か?

顔を洗いに洗面所に行って、鏡をのぞいた。

じっと目を凝らした。

たいへんだ!

まるで7歳になるかならないかの、子どもみたいだ。

子ども?

そうか、私は子どもになったんだ。

こういう時は誰にも見られないうちに出掛けるのが一番。

だけど、合う服がない。

子ども部屋に忍び込み、トーマスの服を借りよう。

台所でコーヒーを・・・あちっ、苦い!

煙草を一服・・・吸ったとたんに咳き込んだ。

咳き込みながら外へ飛び出し、丘を駆け下りる。

丘の下の遊び場の古タイヤのブランコに乗る。

ブランコってこんなに楽しかったっけ?

その時男の子が丘を駆け下りてくるのが見えた。

息子のトーマスだ。

よし、鳥のように飛んでやる!

と思ったら、砂利の上に落っこちた。

両膝を擦りむいて、目からは涙が噴水みたいに溢れ出た。

トーマスは傍に来て、傷をふうふう吹いてくれた。

「飛んでいるところ、かっこよかったよ」

どこかで会った事がある気がするなあ・・・とトーマス。

にかっと微笑む私。


「いっしょに遊ばない?」

「もちろん」


レスリング、滑り台、変な顔ごっこ、小屋作り・・・

暫く遊んだあと、トーマスが帰ると言い出した。

私は、「まだ帰らなくてもいいじゃないか。スーパーの駐車場でまってろ」と言って家に向かって駆け出した。

妻に、「トーマスと出掛けて来る。帰りは遅くなる」と手紙を書き置いて、

財布と車のキーを持ち出し、赤い車を運転して、トーマスが待つスーパーへ向かった。



子どもに戻ったパパと、リアルな子どものトーマスの楽しい一日はまだまだ続く。

*****

このお願いはやっぱり一日だけ有効だったみたいで、大人に戻った私・・・最後はちょっと子どもに読むのは恥ずかしい(^^;)

haneちゃんには「?」だったろうけど・・・

大人には大人の愉しみがあるのだ(^^)



さて、日曜日は父の日でしたが、子どもと一緒に、子どものように遊べましたか?

「遊べなくなったのは、いつごろだったろう?」

6年生のsohtaは過渡期かな?

無邪気に後先考えず、ドロドロぐちゃぐちゃになれるのが子ども。

時計の時間を考えず、身体の時計で動けるのが子ども。

そうそう、ブランコに乗って、もっと遠く、もっと高くって漕げるのも子どもにしか出来ない事。

変な顔ごっこも、延々と出来ちゃって、何がそんなに可笑しいのか?と思う笑い方をするのも子どもだけ。

大人はお酒の力でも借りないと難しい。


もし、星に願いを叶えてもらえて小さくなれたら、子どもと何をしようかな?

日焼けも気にせず自転車をビュンビュン飛ばして、魚釣りかな?

今ならザリつりかな?

子どもの頃、釣ったザリを潰してそのザリでザリを釣って・・・なんて事やってたなあ。

それを子どもと延々やるかも(^^;)

大人から見たら残酷!って思える事を平気でやっちゃうのも子どもらしい。


昨日は幼稚園から飼育ケースにいっぱい、50匹くらいのちっちゃい蛙を捕まえてきたhaneちゃん。

帰りがけ、既に死んでしまっていた二匹を園庭にポイっ。

「えーっ、埋めてあげないのーっ?」という友達のお母さんの目の前で、成仏した蛙を踏み潰したhaneちゃん(><)

いくらなんでも・・・踏まなくたってさ。。。。

とは思うけど、私も子どもの頃色々やってきたしねぇ(^^;)

家に帰って、残りの蛙全てを庭に放し、放し飼いにするそうで・・・

あれだけいたら、庭の害虫を食べてくれるかな(^^;)


大人は大人で楽しいけれど、子ども時代には今しか出来ない素敵な事も、悪い事も、いっぱいいっぱいやって欲しい。

延々と続くと思っていた子ども時代だったなのに、

今や人生も折り返し地点を過ぎ、人生は短い・・・そんな気がしてくる。

戻るならいつ?何歳の時かなぁ?


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-06-22 11:43 | ほのぼの絵本