人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

経費とは?経済学入門「レモンをお金にかえる法」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

新装版 レモンをお金にかえる法

ルイズ・アームストロング/河出書房新社

undefined


読んであげるなら 7、8歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

れいぞうこ より とりいだしたるは・・・・

たねは あるけど しかけは ない tだの レモン。

これをしぼって 水と さとうを くわえると・・・・

はい、レモネードの できあがり!


 * * * * *

(以下、あらすじです)

レモンと砂糖と水を原料として

レモネードという製品をつくることにはじまり、

市場価格初期投資資本貸付から、

さらには労働がわの不満に発する経営のつまずき、

すなわちストライキボイコットから交渉調停へとすすみ、

競争価格競争利益減少にまでいたります。

さいごに、ヒロインの若い企業家は、合併をなしとげ、

資産流動化してから、すてきなバカンスをたのしみます。


子どもが飛びつきそうななビル・バッソの楽しいイラストと、普通に楽しめるルイズ・アームストロングの楽しいお話。

しかし、知らず知らずの内に経済の仕組みというものを学べてしまう。


巻末の解説「経済学のABCを子供に教えよう」は、是非大人に読んでほしいところ。


古来、日本では「お金は汚いもの」、「お金のことを口にするのは卑しいこと」といった通念があまねくゆきわたっている。

そのためもあって、子どもに経済学をおしえることなど、筋違いもはなはだしいと考える人が少なくない。

一方、アメリカという国は、様々な言語・文化・人種の人びとが集まって出来た新しい国であるゆえ、培われてきた伝統やしきたりが存在しない。

それ故、皆が納得するような分かりやすい社会文法(ルール)を作る必要があった。

家計や企業が「合理的」に行動する事が、経済の大前提であり、アメリカ人の行動様式は経済人そのもの。

アメリカの大学生は日本と違い、専攻分野を決めずに入学する。

しかし、殆どの大学生が低学年のときに経済学の初級コースを選択する。

アメリカ社会を長く生きてゆくためには、アメリカの社会文法というべき経済学のABCの知識が必要不可欠であることを心得ているから。

同様に、経済学の仕組みとそのメカニズムを子ども達にキチンと教える事、そして日常的問題を経済学的に考えさせる訓練を、子ども達に施す事が必須だと考えられている。

*****

この本のすばらしい所を、私は、最後に「すてきなバカンス」を楽しむところと思っている。

お金を得る事は最終目的ではない。

何かをするための、方法・手段の一つに過ぎない。


「足るを知る者は富む」

老子は、満足することを知っている者は、心豊かに生きることが出来ると説いている。

昨今、日本に古来よりある通念「お金は汚い」は薄れてきているような気がする。

「足るを知る」の逆、お金お金お金、合理的に!効率的に!という考え方が強くなってきているのではないか?

経済学を教えると同時に、「足るを知る」ということも、しっかり伝えていける大人でありたいと思う。

「経費」問題で世間を賑わせている政治家の皆さんにも、「経費」とはどういうものか?もう一度子どもの経済学入門で学んで欲しいと思う。

それと同時に、

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

バーバラ クーニー/ほるぷ出版

undefined


木を植えた男

ジャン ジオノ/あすなろ書房

undefined


等も読んで、社会奉仕について学んで頂きたいものである。


そう言えば、

アメリカ (世界のともだち)

鈴木 智子/偕成社

undefined


の中で、小学校の行事として、

「水曜日はアイスクリームの日で、学校で六年生がアイスクリームを売る。売上を臨海学校の旅費にあてる。」というのがあったっけ。

以前紹介した記事 → 「世界のともだち」

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-06-04 11:24 | 知る