人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雨の日の本☆「あめふりうります」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

あめふりうります (講談社の創作絵本)

平田 昌広/講談社

undefined


読んであげるなら 6歳くらい~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

<ねこが かおを あらうと あめが ふる>

なんて、むかしからの いいつたえが ありますが、

このねこきちには あまり かんけい ないようです。

なにしろ ねこきちは ねっからの ぐうたらで、

かおを あらうのも ねんどうだって ねこですから。

そんな わけで、ずいぶん ながい あいだ、

この あたりでは あめが ふって おりません。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

ねこきちは、今日も朝から日向ぼっこ。

すると、こんな話声が聞えてきて・・・

「あーあ、 この まま あめが ふらなかったら、はたけも たんぼも ひからびて、おらたちゃ うえじにするしか ねえぞ」

「まったくだ。もしも あめが かねで かえるなら、おら、いくら だしても いいぐらいだ」


それを聞いたねこきちは思いついたのです。

<あめふり うります>の看板を軒先に掛けてニヤリ。

ぐうたらなねこきちでも、顔を洗うだけで金儲けが出来るなら、いくらでも洗うってもの。

そこへ早速お客さん。

先程、ねこきちが会話を盗み聞きしたタヌキです。

タヌキの話を最後まで聞かず、ねこきちはいかにもそれらしく、むにゃむにゃ唱え始めました。

「ひがーしの はたけに あめ ざんざん」と言うと、顔をごしごし。

すると、

ざざざざざざざざ―――

タヌキの畑に雨が降りました。

そんなわけで、ねこきちの商売はあっという間に知れ渡り、すっかり忙しくなったねこきち。

しかし根っからのぐうたらのねこきちに、この商売がいつまでも続くわけが無く・・・

「やめた。やめた、もう やーめた」

看板外して閉じこもってしまったのですが・・・

*****

これで話は終わりません。

オモロイ落ちがあるのです。

「ことわざ」や「慣用句」が出てきて、ちょこっと勉強にもなるこの絵本。

版画のイラストははっきりしていて、大勢の読み語りにも適しています。

*****

さてさて、雨の日の読書にオススメなのが、

真田十勇士 1 参上、猿飛佐助

小前 亮/小峰書店

undefined


児童書です。

豊臣と徳川が最後の対決に突き進む乱世を舞台に、時代の波に翻弄されながらも果敢に立ち向かう真田幸村と、佐助を主人公として、幸村に付き従う十人の家臣の活躍を描く・・・

が、すべて史実ではなく、あくまでフィクション。

真田十勇士というのは、殆どが後付の架空の人物。

中にはモデルも居たそうですが・・・

ただ、読みやすくて面白い!

今日、三巻目を読み終えるのが残念なくらいです。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-05-17 11:28 | ほのぼの絵本