人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

絵本の中のお母さん

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

子どもたちと絵本 (福音館の単行本)

長谷川 摂子/福音館書店

undefined


を読んでいたら、「絵本に登場するお母さん」という項があって、私も~っ!って共感。

私が母にベタベタする子ではなかったからか?うん、きっとそうでしょう!

子どもともベタベタする母ではありません。

ただ絵本を読む時、同じ布団に寝る時(今はhaneちゃん限定ですが)、仕上げ磨きをする時にはぴったり寄り添う、そんなスタイル。

唯一日曜日の夜、家族でTVを見ている時に、私のひざを取り合うtaichiとhaneちゃん。

だからかな?

長谷川摂子さんが仰るように、

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

マーガレット・ワイズ・ブラウン/ほるぷ出版

undefined


みたいに、どこまでも追いかけていくお母さんは理解できない。

そして読んでいて何だか居心地が悪いというか、むずむずしちゃうのです。

こういうお母さんが素敵と言わなくちゃいけないのかなあ・・・それが素敵なお母さん像なのかなあ・・・と自分とのギャップを埋めるのに悩むところではありましたが、

な~んだ、長谷川摂子さんもそう思っていたのか!と気持ちがすっきり(^^)


子どもが子どもの世界を駆け巡って、ふと帰って来る場所、そうそう、私はお腹が空いたら帰って来る場所・・・それでいいかな(^^)

そういう観点からは長谷川摂子さんと同様、

かいじゅうたちのいるところ

モーリス・センダック/冨山房

undefined


のお母さんだったり、

ゆうちゃんとめんどくさいサイ (こどものとも絵本)

西内 ミナミ/福音館書店

undefined


のお母さんが近いのかもしれません。

格好いいなって思うのは、

まゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも絵本)

富安 陽子/福音館書店

undefined


のやまんばだったり、

こんなお母さんだったら素敵かも!って思うのは、

うちのママってすてきなの (児童図書館・絵本の部屋)

アンソニー ブラウン/評論社

undefined


に出て来る、ちょっとおもしろ母さんだったり。

子どもがはじめての買い物という冒険をして、戻って来たときには自然にそこにいる、

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

筒井 頼子/福音館書店

undefined


のお母さん、これはリアルでいい。

でも、こんな素敵な娘がいながら、どうして母はとうの昔に死んでしまっているの!?と、母なし話であることが引っかかるのは、

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

アストリッド・リンドグレーン/岩波書店

undefined



母であること、それはお金を出しても得れない幸せです。

それをつくづく感じるのが、

きつねにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)

長谷川 摂子/福音館書店

undefined


そして、

生まれてバンザイ

俵 万智/童話屋

undefined


春、また一つ学年があがる子どもたち。

母であることの歓びを感じずにはいられない。

どんなに手が掛かろうと、どんなにやんちゃであろうと、やっぱり”自分の子”だもんね。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-03-07 12:54 | 愛のある絵本