人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ヤッター!!!初のV(^^)☆「きょうはこの本読みたいな」

押してくれると、うれしいな(^^V)



にほんブログ村


今日は小学校の持久走大会でした。

昨年の夏から、水泳の為に、上のクラスに上がる為にと、自主的に毎朝走りだしたsohta。

昨年の10月、上のクラスに上げてもらってからも、練習に付いて行く為、持久力を上げる為、そして速くなるためにと、今も続いています。

10歳の誕生日を迎える頃から、グンッと精神的に成長しました。

学校では持久走大会まで、朝・業間休み・昼休みに走る事を勧めているようです。

sohtaは朝家の回りを走っているにも拘らず、学校に着くと校庭も30周(6キロ?)、毎日走っていたようで(^^;)

本人も自信を持って望んだ今日の持久走大会。

1年生では4位。

自信満々で望んだ2年生では、カーブで転び・・・涙の7位。

3年生では持久走大会1ヶ月前に走ることを止めて4位。

そして昨年の4年生では、ゴール前まで競って負けた2位。

そして今年・・・

やっと!

念願の!

1位☆☆☆

毎日走る姿を見ていたのと、学校で朝の会が始まっているのに走ってて、先生に呆れられてるって聞いていたのと、水泳での最近の踏ん張りから、きっと一位だろうと思っていたので、思った以上に安心して見ていられました。

・・・が、かなり「いけーっ!」「ダッシュダッシューっ!」とゴール前で声を掛けていたのは言うまでもない(^^;)

おっと、その前に・・・

taichi2年生は終わっていて、この人はここ1週間だけ、ブーブー言いながら、やっと走っていたので、10位に入れるのか心配でしたが・・・

昨年より1つ順位を上げての5位。

昨年より順位を下げたら、ドラゴンボールのカードを全て取り上げって約束だったので、本人は必死だったかな(^^;)

このまま1年に1つずつ順位を上げれば、6年生で優勝出来る!かもね~(^^;)

さて、sohtaはコーチからも持久走大会優勝を課されていたので、今日は意気揚々と練習に出掛けて行きました。

ちょっと最近良い波に乗ってきたかな(^^)


負けが超すと、負けに慣れてしまいます。

勝つことが全てではないと言う人も多いでしょう。

その裏の頑張りを褒めろと仰る方も多いでしょう。

しかしながら、その裏の頑張りが現れた明白な形が勝ちなわけで、やっぱり勝利を手にした子を思い切り褒めてあげたい。

勝つことだけが全てじゃないと言うのは、最初から逃げ道を用意していませんか?

運動だけではなく、音楽でも、絵でも、勉強でも、ボランティアでも、何でもかんでも一所懸命にやる事の大切さ、その先にある喜びを伝えることって、大切な事ではないでしょうか?

頑張って、頑張って、それでも結果として出なかったら、仕方ない。

それも人生だと、大人である私たちは痛いほど知っています。

だからと言って、頑張らなくっちゃ、何も得る事は出来ません。

頑張らずに得たものは、続かないし、大した価値はありません。

子どもの可能性は無限に広がっています。

子どもの力を信じて、踏ん張る事を身に付けさせると、直接的に何かを得なかったとしても、あの時頑張って良かったって、いつか子ども自身が思う時が来るのではないでしょうか?

私はそう信じています。

だから・・・今、踏ん張れっ!



三振をした日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

現代児童文学研究会(編集)/偕成社

undefined


「きょうはこの本読みたいな」シリーズは、その日の気分の短編を集めたアンソロジーです。

小学4年生くらいから


この本には、

夜のスタジアム(陶山公子)
くつひも(日比茂樹)
マイ・スニーカー・ストーリー(村上春樹)
代筆(竹田まゆみ)など、13編が収められています。

他には、

だれかを好きになった日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

現代児童文学研究会(編集)/偕成社

undefined

どちらも読むのはこっそりと?(^^;)

0点をとった日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

現代児童文学研究会(編集)/偕成社

undefined


タイトルから気になる↓(^^;)一体どんなお話が・・・

これはシリーズで一番人気らしい・・・子どもの気持ちが分かるかも!

おかあさんがいない日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

現代児童文学研究会(編集)/偕成社

undefined


これを読むと良い効果あるのかな?

テストの前の日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

現代児童文学研究会(編集)/偕成社

undefined


誰にも言えないことだってあるよね?

学校に行きたくない日に読む本 (きょうはこの本読みたいな (5))

現代児童文学研究会/偕成社

undefined


14あるタイトル、どれも興味をそそられます。

子どもは藁をもすがる思いで、これらを手にするのかしら?

子どもがどの本を選ぶかで、今の気持ちが分かるかも!

子どもの気持ちを理解する為に、大人が読むのも良いかもしれませんね。

ちなみに今、

けんかをした日に読む本 (きょうはこの本読みたいな (3))

現代児童文学研究会/偕成社

undefined


を読んでいて、

巻末の、解説 「けんかのための傾向と対策」なるものによると・・・

喧嘩は、上手な人と下手な人がいる。

腕っ節の強い・弱いじゃなくて、

けんか上手とは、わりとすぐに喧嘩になるけれど、終わってしまうとサバサバしていて後に残さない人。

けんか下手とは、普段は言いたい事をじっと我慢しているけれど、終に我慢し切れなくてけんかになり、勝ったんだか負けたんだかよく分からないけれど、けんかした後はイヤぁな気持ちが残って、いつまでもウジウジしてしまう人。

どちらのタイプにもそれぞれ思い当たる話が載っていますが、この本を手にするのは、きっと後者のタイプであり、そういう人の為の本かもしれませんね(^^;)

さて、私は・・・う~ん、どっちかな(^^;)

ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-11-25 20:02 | 童話 中学年向け