人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

憧れのお菓子の家☆「ヘンゼルとグレーテル」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

ヘンゼルとグレーテル (大型絵本)

グリム/岩波書店

undefined


読んであげるなら 5、6歳~

(以下、あらすじです)

貧しい木こりの息子ヘンゼルと娘グレーテル。

母親は継母です。

その日の食べ物にも困る暮らしの中、継母は父親に子ども達を森に置いてこようと持ちかけるのです。

拒否した父親ですが、継母の勢いに承諾するしかありません。

その様子を見ていたヘンゼルは、夜中に白く光る小石を拾い集めました。

そして森へ薪を集めに行こうと言う両親の後に付き、後ろを振り返り振り返り、小石を落としたのでした。

こうして翌日、無事家に帰ってこられたヘンゼルとグレーテル。

しかし何日かして継母は、今度こそ!と再び父親に子どもを置いてくる話を持ち出しました。

今回も話を聞いていたヘンゼルとグレーテル。

夜中に小石を拾い集めようとしたのですが、鍵が掛かっていて外に出れません。

仕方なく、ヘンゼルはお昼用にもらっていたパンをちぎりちぎり、来た道に蒔いたのでした。

夜中、月が出たところで家に帰ろうとすると、パンくずは皆鳥についばまれていました。

何日も森をさまよった二人。

やがて二人の目の前に一軒の家が現れました。

それは、なんとお菓子の家だったのです。

二人が家のあちこちを食べていると、中から優しそうな声がして・・・


♪ヘンゼルとグレーテルは迷子です。暗くて寒い森の中。

 クルミのお菓子の小さなお家 どなたかどうぞこんばんは

 おいでよ ぼうやとおじょうちゃん 魔女が手招きのぞいたよ

 ヘンゼル行っちゃだめよ あぶないよ

 グレーテル行っちゃだめよ あぶないよ

 オーブンのドアが開いたとき ヘンゼルとグレーテルは一突きに

 魔女は火の中もう大丈夫 これでおしまい さようなら


幼稚園で歌っている、このヘンゼルとグレーテルの歌をお気に入りのhaneちゃん。

歌はいきなり暗い森から始まるので、そこに至るお話を聞いて、歌の世界がよく分かったようです。

・・・で、この絵本、ちょっと長いのですが、haneちゃんのクラスで「絵本のおかあさん」をした時に読んできました。


読み終えると、子ども達から

「面白かったーっ!」

「長かったけど、面白かったー!」との声が。


この絵本、バーナデット・ワッツの絵がとっても素敵です。

恐ろしい話でありながら、子どもの頃の記憶は、『お菓子の家』への憧れ☆


さあ、もうすぐクリスマス

作ってみるのも楽しそう☆

手づくりが楽しい ときめき お菓子の家

中村佳瑞子/マガジンハウス

undefined

各言う私は・・・きちんと量るお菓子作り、かなり苦手(^^;)

テキトーに!あいまいに!のご飯作りは大好きなんですけどね。

お菓子の家へクセンハウスキット」
憧れのお菓子の家☆「ヘンゼルとグレーテル」_e0160269_15470690.jpg











ただ、白いお砂糖取りすぎは禁物です。

これからの時季、食べすぎにも要注意!

憧れのお菓子の家☆「ヘンゼルとグレーテル」_e0160269_16005522.jpg
 いんやんくらぶ
 梅肉エキス&本葛

 梅肉エキス・・・お腹に負担の掛かるこれからの時季、
 お手元にあると便利ですが、
 そもそもの食事のあり方に注意しないと、
 これを食しても意味はありませんが・・・
 




バーナデット・ワッツのこちら↓も、オススメ

赤ずきん (岩波の子どもの本)

グリム,Bernadette Watts/岩波書店

undefined


絵がとっても美しいです☆☆☆


ブックオフオンライン


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す
お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!  

↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-11-18 16:05 | 昔ばなし