人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

うちの父さんはすごい!☆「えいっ」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

「えいっ」

三木 卓/理論社

undefined


読んであげるなら 3、4歳~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

くまのとうさんと くまの子どもが、まちへ ポップコーンを、かいにいきました。

あるいていると、どうろのしんごうが赤にかわりました。

「あぶいないから、わたっては いけないよ。」

と とうさんが いいました。

「うん。」

くまの子が いいました。

くるまが どんどん とおっていきます。

いくらまっても、赤です。

「とうさん、まだ わたれないよ。」

「よし、よし。」

とうさんが いいました。

「いま、青にしてあげるから、まっていなさい。」

それから、ころあいを みはからって

「えいっ。」

といいました。

しんごうは青になりました。

(ふうん。うちのとうさん、すごいんだ。)

くまの子は、かんしんしました。

(「えいっ。」っていえば、しんごう、かわっちゃうんだものな。)


 * * * * *

(以下、あらすじです)

ポップコーンを買って歩いていると、くまの子がお父さんに聞きました。

「青の信号を赤にすることも出来る?」

「できるとも。」

次の信号は青でした。

父さんはころあいを見計らって、「えいっ。」

すると、信号はくまの子が望んだ赤ではなく、黄色に(^^;)

すかさず父さんはまたまた「えいっ。」

そして信号は赤に変わり、益々父さんを尊敬するくまの子。

ぼくも父さんみたいになりたい。しっかり勉強するよ!と誓ったのであります。

やがて日が沈んで辺りは暗くなり、

調子に乗った父さん、今度は星を出して見せようか?と言いました。

「えいっ。」

父さんが指した方向には、何にも見えません。

もう一度「えいっ」

やはり何にも見えません。

「あ、あそこだ」

父さんが指差した方向は別の場所(^^;)

(父さんなかなかだ)感心するくまの子。

「でも、とうさん、どうしてべつのところに でたの。」

困った父さんの言い訳は・・・

*****

なかなか楽しいお話です。

父と子・・・その関係は微妙であり、母と子の関係とは違うものがあります。

特に男同士の親子関係は、母親の入りにくい世界です。

年齢が上がるにつれ、男の子には父親の存在が大きく、そして必要になってくる気がしています。

私には言わないことも、父親には話していたり・・・まあ、私が口うるさいからだとは思いますが・・・

ふざけた事、悪い事(?)、あまり食べて欲しくないもの(?)は、父親と・・・そんな母親にはないしょの関係?同盟?が成り立っているようです。

この話に出て来るのは、そこまで大きくないくまの男の子ですが、この先の親子のいい関係を予想させます。

なぜなら、父親が出来すぎていないから(^^;)

外で出来るお父さんも、家ではダメなお父さんくらいが丁度イイのかも!


お話は、家に帰るまでにまだ幾つかお父さんの「えいっ」が続くのですが・・それが笑えます(^^)

是非、お父さんがこどもに読んで欲しいお話です。

ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
 
 ↓  ↓  ↓  

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-10-09 09:50 | 愛のある絵本