人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

引き出しの大きさ☆「ひみつのひきだし あけた?」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 5、6歳~、自分で読むなら小学低学年~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

このまえの もくようび。

おいれの すみっこから、さくらいろの けいとだまが ころりと でてきた。

そこで チイばあちゃん、すてきな ベレーぼうを あもうと おもったよ。

「なんて いい いろ。あたしに ぴったり。よく にあう。」

チイばあちゃんは、くふっと わらった。

そして、

「まえから ほしいと おもってた

ベレーぼうが できるのは

きょうと きまった ホウ」

と、うたいながら、かぎばりを さがしはじめた。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

チイばあちゃんが、がたびしがたびし探していると、ふかふか座布団で寝ていたとらねことらたが、うるさいなあと、目を覚ました。

「また さがしものでしょう。いったい なにを さがしているの?」

恥ずかしそうにチイばあちゃん。

「けいとを あむ かぎばり。・・・・とらた、しらない?」

知らないけど、古机の一番下の引出しが怪しいと、とらた。

チイばあちゃんは、何でもかんでも、あそこに押し込める癖があるって。

ちゃんと見たけど、無かったと、チイばあちゃんは威張って答えた。


「おくの おくまで みたの?」

「おくの おく?」

「あたしが みたのは、ただの おく。ふうん。おくの おくが あるのかあ。もう いちど みてみよう」

 

というわけで、チイばあちゃんが引出しを開けると、引出しはするすると出てきて、そこには本当にいろ~んな物が入ってた。

そして、するするするすると引出しは引っ張るだけ開いて・・・・

*****

この引出しは、チイばあちゃんの人生そのもの。

チイばあちゃんの器かな?


どこまでもどこまでも出て来る引出しには、それはそれはたくさんのモノが詰まっていました。

壁をつき抜け、裏木戸を抜け、よもぎのはらまで。

そこまで伸びて、やっとかぎ針が見つかって、

チイばあちゃんが閉めようとしたのだけれど、あれ?閉まらない。

そこへやって来た子どもたち。

引出しの中を覗いてびっくり!

「これ、もらって良い?」と子どもたち

「何でも おとり」とチイばあちゃん。

化石を取れば化石分、千代紙取れば千代紙分、引出しは縮みだして・・・


この絵本は大人向け?

あなたの引き出しは、いっぱいですか?

たくさんの引出しを持っていますか?

それとも、まだ空きがありますか?


私の引出しは・・・どうかなあ?

もともと整理して入れる事が出来るタイプじゃないから(^^;)

そろそろ整理しないとね。


ところで、子どもの引出しには、ほんと色んなものが入ってます。

これ、要るの?ってものばかり(^^;)

木の枝とか、石とか、紙切れとか、ネジとか、何だか分からない部品とか・・・

haneちゃんは、何でもかんでも袋に小分けしておいて置くので、これまた大変(><)



そして、何でもかんでも取っておくパパと、要らないじゃん!と思ったらすぐ処分の私・・・

それが元で喧嘩になる事も・・・多いです(^^;)


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-23 06:29 | ほのぼの絵本