人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子育てと短歌・子どもを育てる喜び☆「子育てをうたう」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



子どもと、そして家族と共に喜び・笑い・泣き・怒り・・・

短歌ほど、子育てをうまく表現出来るものはないのではないか?

生まれてバンザイを初めて手にした時、

涙が止まらなかった事を思い出した。



子を宿した瞬間から、

園児くらいまでの子育て期を詠った短歌を集めたこの本。

「こどものとも」年少版の折り込み付録「絵本のたのしみ」に連載されたもの。



わが体を内よりノックするひとよ白いひかりは梅の花だよ 駒田晶子

胎児がお腹を蹴飛ばして、ポコッと出た小さき足。

人に蹴飛ばされて嬉しいと感じるのは、あの瞬間だけだよね(^^)

大分前の事になるけれど、あの感覚をずーっと死ぬまで忘れないんだろうな。



育児日記に型とられいる足ゆめゆめ軍靴をはくこと勿れ 園田節子

アベノミクス評価!?

経済至上主義じゃない!

この子達の未来を思って選挙に行こう!









産む前の自分でいたかったいつまでもやさしい両手を腹に重ねて 川本千栄

ああいやな声が出ると思いつつ子を叱る夕餉のときにいつも 前田康子


うわあ、同じ、同じ(><)

「子育てはまったなしの重労働だ。
追いつめられて、自分の中から予期せぬ激しいもの、醜いものが顔を出すこともある。
母親は、子どもだけでなく、自らに潜むもろもろの弱さや醜さと向き合わなければならない。
それは、時に随分とつらいことだ。」
と作者。

この本を読むことの意義の一つ。

それは皆、喜びだけじゃない、同じ思いや悩みを抱えている事を知り、

心に掛かったもやもやを少しでも晴らす事。

そして泣いちゃえばいい。


夫が子を叱ればわれも叱られているような気のする日曜日 余志村伸子

ある、ある!

そして、一緒になって叱ってはいけないのだ。

子どもの居場所をなくしてはならない。

分かってはいるんだけど・・・(^^;)




この本には、父親・ひとり親・祖父母の章もある。

親子には、夫婦には色んな形がある。

どれも、大事な命、そして宝物。

ひとりにて育てあげんと知らぬまに気負いたり子は花のごと泣く 石川浩子



揺れながら前へ進まず子育てはおまえがくれた木馬の時間 俵万智

「子育て新支援制度」は、果たして支援なのだろうか?

そこには主役であるはずの子どもが居ない気がしてならぬ。

主婦にも外へ出て働け、働けと政府は言うが、子育てほど大事な仕事が他にあるだろうか?



諍いの理由の多くは子供なり二本目のビールを取りに立ちたり 永田淳

そうそう、子どもを持って夫婦の形は変わる。

うちの喧嘩の原因は大抵子どもの事。

しかしながら、それ以上に笑いも絶えないのだ。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-24 06:33 | 育児