人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

クリスマスのわくわくした気持ち☆「クリスマスのふしぎなはこ」

クリスマスのわくわくした気持ち☆「クリスマスのふしぎなはこ」_e0160269_06224805.jpg

先の日曜日に、
haneちゃんの七五三のお参りをしました。

 

出張写真サービスのainokoさんにお願いして、

 

神社での撮影をしました。

 

自宅に来てくださった美容師さんに、着付けとメークをしてもらったhaneちゃん。

 

始終大人しく、

 

段々とお姫様になっていく自分にウットリ。

 

だったのですが、

 

神社での撮影は、カメラマン泣かせ(>_<

 

「こっち向いて~!」

 

「・・・・・」(向かない)

 

笑わせようとしても、ムスッとして。

 

「パパとも手を繋いで歩こうよ」

 

「やだ!」

 

「パパに高い高いしてもらおうか?」

 

「やだ!」

 

「ボール投げっこしようか?」

 

「やだ!」

 

と、何を要求されても「やだ!やだ!やだ!」

 

傘だけは気に入ったのですが、

 

振り回し、閉じて開いて閉じて開いて・・・・

 

そして兄ちゃん達も、なかなか要求に応えてはくれず・・・

 

カメラマンさんも疲れたでしょうが、

 

パパもママも、かな~り疲れました。

 

ただ、そうたとたいちと戯れる場面では、

 

ニコニコ顔で、ポーズを取っていたhaneちゃんでありました。

 

十分元気に育ってくれておりますが、

 

この先も健やかなる成長を望むパパとママです。

 

 

ヤダヤダ期であったはずの2歳時期・・・

 

あったかなぁ?だったのが、

 

最近になって自己主張の仕方が激しくなり、

 

「やだっ!」

 

「だめっ!」

 

「べ―――だっ!」

 

「あっちいってっ!」

 

「ば―――かっ!」

 

悪態をつくことが増えました。

 

特に今まで自己主張せず、我が道を行く小さな子をじーっと観察していて、

 

何されてもやり返さなかったのが、

 

女の子に対しては特にキツくなり、

 

泣かすこともしばしば(>_<

 

反面、男の子とはとっても楽しそうに遊ぶhaneちゃんです。

 

二人のお兄ちゃんを持つhaneちゃんにとって、

 

男の子と遊ぶ方が心地良いのでしょうか?

 

 

神社のお参りには、草履がイヤになる子が多いので、

 

靴を持っていってくださいと言われていたのですが・・・

 

一年中ビーチサンダルか草履で過ごすhaneちゃんは、

 

きれいな草履を履いても、走り回り、違和感無かったようです。

 

 

そう、haneちゃんはかなり足が速いです。

 

週末、お兄ちゃん達と走る事もあるので、鍛えられているみたい。

 

 

・・・が、そのお兄ちゃん、持久走大会は完敗の7位。

 

走っても週末だけだったので、優勝できるわけがないのに、

 

本人は一位を取るつもりだったようで(^^;)

 

反省したそうたは翌朝から走り始めました。

 

持久走大会を振り返る作文に、悔しい思いと来年への意気込みを書いたそうなんですが、

 

確か、昨年も・・・

 

が、持久走大会から一週間以上経った昨朝は、起きて来ませんでした。

 

今朝は如何に?

 

でも、スイミングの選手コースに居る子達は、一位若しくは二位とかだとか・・・

 

毎晩これだけきつい練習してるから、持久力付くよねぇ、

 

って話が聞こえてきて、思わず小さくなってしまった。

 

 

さて、そうたは選手コースに入り早5ヶ月。

 

後発組の割には、何故か決勝に残る成績を収め、

 

と言っても、ろくに練習してない平泳ぎ。

 

毎晩、競争競争、ダッシュダッシュのクロールでは、

 

伸び悩んでおります(>_<)

 

が、体つきはすっかり逆三角形、立派なスイマーに見える(^^;)

 

 

持久走大会でもそうなんですが、

 

絶対勝ってやる!という勝利への執念が、

 

まだ彼の中では芽生えきれてないらしいのがねぇ。

 

 

しかし、いよいよそうたの尻に火が着くかもしれない事態が起きました。

 

たいちが、今月からスイミングの選手育成コースに呼ばれ、

 

練習を始めたのです。

 

週に4日以上出席しなくてはいけない育成コース。

 

5時までの幼稚園の延長保育を休まざるを得ず(><)

 

園児の内は、思う存分友達と遊びこんで欲しかった。

 

特になかなか自分の考えを人に言えないたいちにとって、

 

友達ととことん関われる延長の時間は大事だったのですが・・・

 

そうたの練習や大会を見に行って、自分も選手になりたいと言っていたたいち。

 

「やっとオレのねがいがかなった!」

 

「ぜったいやりたい!」

 

 

そうたは全部の泳ぎをマスターしていた事と、既に3年生だったので、

 

いきなり選手コースで、

 

そりゃあもう、7・8月は泣きながら、

 

そしてダッシュの後は過呼吸でパニック状態。

 

と、かなり苦しい時期を乗り越えて来ました。

 

 

たいちはそうたの弟という事もあって、

 

相当早い時期に呼ばれたかもしれません。

 

が、抜群の運動神経と飲み込みの早さはピカイチ。

 

この夏市民プールで、そうたの隣で見様見真似で覚えたらしい背泳ぎ。

 

まだスイミングでは習っていなかったのに、泳げていたらしく、

 

次の平泳ぎまで進んでしまった。

 

そして育成コースでの練習一日目にして、

 

早くも飛び込みで競争!

 

コーチ1人に対し、選手は3人。

 

手取り足取り、付きっ切りの丁寧な指導。

 

この時期から競争心を煽ります。

 

今更ながら、そうたは育成コースを飛び越して、よくここまで頑張ったものだと思いました。

 

 

でも、二人ともまだ始まったばかり。

 

それぞれの目標目指してとことんやり抜いて欲しいです。

 

でもまあ、たいちはまだ園児。

 

ほどほどにね。

 

 

そして二人を見ているhaneちゃん。

 

「はやくスイミングやりたいっ!せんしゅになりたいっ」と闘志を燃やしております。

 

 

親としては、子どもが健康で、やりたい事に挑戦できる状況は嬉しい限り。

 

でも・・・・

 

三人共選手コースに入ったら、お金が大変です(><)

  

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

長谷川 摂子/福音館書店

スコア:

あれっ、なんだろう、このはこ。あけてみよう。

 

あっ、サンタさんが いる。

 

ぼくは サンタさんの はこを うちに もってかえって、

 

ベッドのしたに かくしちゃった。

 

「ねえ、おかあさん。サンタさん。もう しゅっぱつしたかなぁ」

 

「そうねえ、サンタさん、おねぼうしてないと いいけどねえ」

 

ぼくは こっそり サンタさんの はこを みにいった。

 

そっと あけてみたら・・・・

 

*****

 

子どもの頃のクリスマスイブ。

 

TVでやっていたクリスマスのアニメ番組を見ながら、

 

その夜やってくるはずのサンタさん?いやプレゼントを、

 

わくわくした気持ちで待っていました。

 

この絵本を読むたび、

 

その時の感覚が蘇ってきます。

 

小学6年生までサンタさんの存在を信じていた、ピュアだった私(^^)

 

欲しい物リストを1~10まで書いて、

 

クリスマスイブまでの10日間位、毎晩書き直していましたが、

 

その中の一つも届いた事がありませんでした。

 

きっと父も母もあのリストに全く目を通してくれていなかったのでしょう。

 

でも、おもちゃはクリスマス位にしか買って貰う事がなかったので、

 

何を貰っても嬉しかったのを覚えています。

 

それに比べたら、今のうちの子達の周りには玩具がたくさん。

 

私は買い与え過ぎだと思っているのですが・・・

 

パパは普通だと言います。

 

その話になると意見が合わず(>_<)

 

クリスマスプレゼントはサンタさんから、にしたいのですが、

 

そこでもまた意見が合わず(>_<

 

子どもの頃、本当にクリスマスが待ち遠しかったあの気持ち。

 

あんなにワクワクした事は無かった。

 

子ども達にも味あわせたいのですが・・・

 

 

人に聞くと、

 

サンタさんの形跡を残したり、

 

サンタさんが入って来れるようにと、窓の鍵を開けておいたりするようです。

 

 

でも、そうたの誕生日が明後日土曜日12月7日。

 

誕生日プレゼント?か、クリスマスプレゼントか?

 

勿論一緒の一つです。

 

サンタさんからのプレゼント・・・パパの主張通り、やっぱり難しいかな(><

 

 

昨年まで、クリスマス=プレゼントという方程式が、頭の中に無かったhaneちゃん。

 

今年は覚えてしまったようで、

 

トイざらすの広告ブックを見ては、

 

あれがほしい、これがほしいと言う毎日。


by yomuyomuehon | 2013-12-05 06:30 | クリスマスの本