人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

泣く子・泣かない子、どっちも良いじゃない☆「もう、おおきからなかないよ」



読んであげるなら 5 歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

うさぎくんは、もうすぐ 5さいに なります。

そこで、ママに きっぱりと いいました。

「ぼく、もう おおきくなったから、なくのは やめる。

そんなの あかちゃんの することだもの。

ぼくは もう あかちゃんじゃ ないからさ」

「ええ、そのとおりね」と、ママは いいました。

うさぎくんは、ママと そうだんして、おおきくなった

おいわいに、おたんじょうかいを ひらくことにしました。



 * * * * *


(以下、あらすじです)

そこでうさぎくんは、友だちのりす、ねこ、馬を誘いました。

「おたんじょうかいを するから きてね。

よぶのは、もう おおきくて、なかないこ ばっかりなの。

ぼくみたいにね」


ところが、

「あら、それなら、わたしは いかれないわ」

と、皆に断られてしまいました。

皆、泣くことがあると言うのです。


しょんぼり家に帰って来たうさぎくん。

誕生会はお母さんとぼくの二人だけみたい。

と言ううさぎくんに、お母さんは・・・

*****

そうたに比べ、相当我慢強いたいち5歳。

苦しい心の内を明かすことは無く、グッと飲み込んでしまうので、それが夜中の寝言に出ます。

もっとも、最近は園生活がとっても充実しているようで、

寝相は相当悪いものの、夜中の発狂はピタッと止まりました。

もっと心を開いて、楽になって欲しいと思うのですが、

その我慢強さも、彼の特徴であり、全てに於いてそうなのですから、

美点として現れる時もあるわけで・・・

朝起きてきた子ども達の中で、

たいちだけは私の所に来て、しばらくの間ハグします。

そして外ではまた踏ん張る!

全て丸ごと、それがたいちだから、良い。

パパにもそう言われて、

最近私もそう思えて、楽になりました。

子どもは全て、こうやって育って、次はこうなって行く・・・

そんな一通りの育ち方はあり得ない。

良い所も、そうじゃない所も、全部丸ごとその子自身なのであって、

それを認めてあげればいいだけ。


大人同士の関係においても、そう考えられたら、トラブルは減るかもしれませんね(^^)


さて、この絵本を読んだ後、

「大きくなってもさぁ、泣いたって良いんだって。ママだって泣く事あるもん。」

とたいちに言うと、

「オレ、なかないし!なくのは、あかちゃんだよ!ママもまだあかちゃんなんじゃないの!?」

だそうで(^^;)


今は強い気持ちで、弱気な涙を見せないたいちも、

心動かされて泣く事だって、いつかは出て来るかもしれません。


小さな頃、相当気が強かった私も、人前で泣く事が無かったかも!

隠れて泣いた記憶はありますけど。

私もたいちと同じか。


しかし、この年になると涙腺が弱くなってしまって・・・(^^;)

最近泣いたのはこの本。

懸命な人の姿や話に感動して泣く事が、最近本当によくあります。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2013-06-28 07:14 | 愛のある絵本