人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

誕生日に思うこと☆ルピナスさん

Haneちゃんの誕生日に続き、今日17日は私の、もう嬉しくもない(^^;)誕生日。

しかしながら、この世に生を与えてくれた父と母には感謝です。

ありがとう!

おそらく人生の半分以上を過ぎました。

まだhaneちゃんが入園するまでに、やっと2年を欠いた所ですが、これからの自分の生き方を模索しなければ!と・・・確か昨年も思ったはず(^^;)

・・・なのに、何故か何もしてないのに!?忙しい毎日。

志だけはあっても何もしなかったこの一年。

一年経つと、一年前にやりたい!と思った事に、然程情熱が持てなくなっていたりして(^^;)

ああ、この先私はどう生きていくべきか?

考えなくちゃなりません。

しかしながら、授乳しながらでも4時起きだったのが、最近は出来ない(泣)

体調を崩す事が増え、治りにくくもなった。

年のせい!?・・・かしら

次男の通う幼稚園では、「ねえさん」と呼ばれています。

確かに!他のお母さんたちよりはるかに年上で、一回りどころか、20歳も違うお母さんだって居る!

Haneちゃんが通う2年後はきっと・・・「ばあさん」って呼ばれるに違いない(^^;)

*****

バーバラ クーニー
ほるぷ出版
発売日:1987-10-15



読んであげるなら 7歳位~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ルピナスさんは、海をみおろすおかのうえにある、小さないえにすんでいます。

いえのまわりには、あおやむらさきやピンクの花が、さきみだれています。

ルピナスさんは小さなおばあさんですが、むかしからおばあさんだったわけではありません。

うそじゃありません。

ルピナスさんから、ちょくせつきいたのです。

そう。ルピナスさんは、わたしのおおおばさんなのです。

ルピナスさんは、こどものころ、アリスというなまえで、海辺の町にすんでいました。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


アリスのおじいさんは、ずっと前大きな船でアメリカに渡って来ました。

彫刻家でもあり絵描きでもあるおじいさん。

夜になると、かつておじいさんが行った、遠い国々の話をしてくれました。

そしてルピナスさんはおじいさんと約束をします。

「大きくなったら、わたしも遠い国に行く。そしておばあさんになったら、海のそばの町に住むことにする。」

そんなアリスに、おじいさんはもう一つしなくてはならない事があると言いました。

「世の中を、もっと美しくするために、何かしてもらいたいのだよ。」

大人になったルピナスさんは、図書館で働きながら遠い国々のことを学びます。

公園にある温室を訪れたルピナスさんは、むっとするほど暖かな空気に包まれ、ジャスミンの甘い香りにむせかえりました。

それはまるで南の島に居るようでした。

ルピナスさんは南の島に行くことを決めました。


そればかりか、ルピナスさんは雪山やジャングルや砂漠までも旅しました。

そして、行く先々でいつまでも忘れられない人達に大勢出会います。

ところがある時、ラクダから降りる拍子に背中を傷めてしまったルピナスさん。

こうして、二つ目の約束どおり、海の近くに家を見つける事にしました。

海を見渡せる家の周りは岩だらけでした。

ルピナスさんはそこには花の種をまきました。

傷めた背中が悪くなり、ほとんど寝て過ごさなければならない時、窓から見えるそれらの花が慰めになりました。

「ルピナス。 わたしの一番好きな花」

春になり、散歩に出たルピナスさんは、家から遠い丘の向こうで、美しく咲いたルピナスの花を見つけました。

風が運んでくれたんだわ。鳥たちも種を運ぶのを手伝ってくれたのでしょう。

その時、すばらしい考えが浮かびました。

家に帰ったルピナスさんは、さっそくルピナスの花の種をたくさん注文しました。

そして、夏の間中、村のあちこちにまいて歩きました。

次の年の春が来ると、村中がルピナスの花であふれていました。

野原や丘や細い脇道までも、青や紫やピンクの花で埋め尽くされました。

「ルピナスさん」と呼ばれるようになったのは、こういうわけがあったからです。

ルピナスさんは、おじいさんとの約束をすべて果たしました。

遊びにやってくる子ども達に、旅して廻った国々の話をする一方、

「世の中を、もっと美しくするために、何かしなくては」とかつてのおじいさんの立場になったルピナスさん。

かつてルピナスさんがそうだったように、子ども達も今は何をすれば良いかわからなくても、きっといつかわかる日が来ると信じています。

*****

それにしてもバーバラクーニーのイラストは美しい。

見たものしか描けないと言っていたらしいバーバラクーニー。

確かにその絵は写実的で、信頼の置ける絵と言う感じ。

それでもどこかおとぎ話の中にいるような印象を受けるのは、色合いのせいでしょうか?

ルピナスさんの、シャンとした立ち振る舞いとまっすぐな眼差し。

心の強さを感じます。

憧れの女性です。


さて、私は何をしましょうか?

子供の頃からの夢で実現したものはあるのかなあ?

もはや、どんな夢を持っていたかも忘れてしまった感じ!?

でも一つだけ、その頃の夢に近いものがあります。

それが実現するように、頑張らねば!





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
Commented by キュートなうさぎ at 2012-04-18 11:58 x
♪お誕生日 おめでとう♪
約束の美顔器は、買ってもらったかな?

そうたくんの時は、ねえさんがたくさんいましたよね。
それが今や、yomuさんがねえさんに・・・。
20歳も年下のママさんもいるなんて、ショックだわ~(笑)

ルピナスさん、素敵なお話ですね。大人向きかな?
子どもの頃の夢はひとつ叶えたけど、今はただ生活しているだけだなぁ。
yomuさんの夢、実現出来るといいですね。
体調が悪い時期って、あるかもしれません。
それを超えたら、またグンと進めるんじゃないかな?
人生、まだ半分以上もたっぷりあります。
あせらずに・・・(^_-)
Commented by brownbear at 2012-04-18 22:50 x
絵本のおかあさん
お誕生日おめでとうございます!!

昨年の5月にお会いしたときのことを思い出しています。
お若くて美しく溌剌としていらっしゃる印象は
ブログの文面のそもの。
「この本大好きの会」や「食」の学習
そして ご主人と手を取り合って子育て・・・
十分になさりたいことを実現されているように思いますが
きっと別の何かを求めていらっしゃるのでしょうね!
それが何なのか 私にもわかる時が来るかな?

その時を楽しみ待っています(*^。^*)

私はやっとやりたいことを始めて8年
仕事は仕事なので あ~あ ってこともしょっちゅうですが
あと10年は頑張りたいと思っています。
専業主婦はたっぷり経験済みですから。
Commented by yomuyomuehon at 2012-04-20 06:20
うさぎちゃん、いつもありがとう!!!

そうよ~、20歳近く違うんだよ~(^^;)
驚き!?・・・当たり前なんだけどね、幼稚園のお母さんだからさ。
あと5年もあるのかと思うと・・・キツイです(泣)

美顔器届いたよ。これで少しはマシになれば!良いですが(ハハハッ)

焦らずにね(^^;)
・・・って、まあ焦ってもいないんだけど・・・月日が経つのは早いのよね。また何もせずに一年過ぎちゃった!なんて事がないようにしないとなあ・・・志だけはあるんだ(^^)
Commented by yomuyomuehon at 2012-04-21 10:31
brownbearさん、ありがとうございます。

さて高楼さんの講演会に行かれますか?抽選が、私は行く予定です。またお会いできたら嬉しいです。
何だかとっても褒めて頂いちゃって、お友達が読んだら大笑いされてしまいそうです。私の方こそ本当に驚いたんですよ。brownbearさんがとっても美しい方なんですもの!そしてブログを読んで、教わっている子供達を羨ましく思います。
子育てを一段落された方々が新たな道を見つけ、生き生きと暮らしているのを見ると、色々な思いが廻ります。寝る間も惜しんでやらないと何も身に付かないなあと。日頃息子に努力し続ける事を説いている親として、自分自身はどうなんだ?と反省する事仕切りです。いつかbrownbearさんにも、自信を持って進もうかと思っている道をお話出来るようになりたいです。
私も今年は存分に桜を愛でる事が出来ました。何てったって、朝のhaneちゃんの散歩に3時間ですから。桜の絨毯、綺麗でしたね。もっと白いと思っていた桜の花びら、今年は一段とピンクに見えました。気分の違いでしょうか。brownbearさん一家にとって今年の桜は、例年になく美しく咲いているように映ったのでしょうね。色々とおめでとうございました。
by yomuyomuehon | 2012-04-17 22:51 | 愛のある絵本 | Comments(4)