人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

にぐるまひいて

ドナルド・ホール
ほるぷ出版
発売日:1980-10-15



読んであげるなら 5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

10月 とうさんは にぐるまに うしを つないだ。

それから うちじゅう みんなで

この いちねんかんに みんなが つくり そだてたものを

なにもかも にぐるまに つみこんだ。



 * * * * *

(以下、あらすじです)

羊の毛を紡いで織ったショール、手袋。

ろうそく、リンネル、しらかばのほうき。

じゃがいも、りんご、はちみつとはちのす、かぶとキャベツ。

樹液を煮詰めてとった楓砂糖の木箱づめ。

子供が集めたガチョウの羽。


父さんは牛を引き、10日掛かりでポーツマスの市場へ着いた。

荷車に載せて来た物全てを売って、最後に荷車も牛も売った。

父さんはポケットをお金でいっぱいにして、

市場を歩き回り、家族の為に買い物をした。

暖炉に下げる鉄の鍋。

娘に刺繍針。

息子にバーロウナイフ。

家族みんなに、はっかキャンディ。


そして、息子と娘と母さんが待つ家に帰った。

* * * * *

「そもそも、このお話は、近所に住んでいたいとこから聞いたものです。そしてそのいとこは、幼い頃、ある老人から聞き、またその老人は、子どもの頃に、大変なお年寄りから聞いたのだそうです。語り継がれたこの伝統のすばらしさ!」とあります。

つまり、そう古くはないけれど昔話ですよね。

アメリカの開拓時代に殖民した、ある家族の一年間の営み。

それは、今のように便利ではなく、物質的に満ち足りたものではなかったかもしれません。

そもそも『豊か』とは、『幸せ』とはどんなものか?

子どもを持って、そして子どもを入園させてから、それまでの私の概念とは180度変わったかもしれません。

ブランド物を身に纏い、頻繁に外食をし、欲しいと思ったら即買いだった、結婚前の暮らし。

物質的に恵まれている事、便利な暮らしをしている事が、果たして幸せなのだろうか?

・・・そうとは思えなくなりました。

このお話には、私が『幸せ』とか『豊か』とか思える暮らしが詰まっています。

それは愛に溢れた、心豊かな暮らしぶりです。

感情を表す表現は一切なく、状況説明だけで進むお話。

でも、家族の温かな会話や笑い声が聞こえてきそうです。

* * * * *

10月もいよいよ終盤、収穫の時期を迎えています。

今日は農大の収穫祭に行って、美味しい物をたくさん頂いてきました。

にぐるまひいて_e0160269_23421731.jpg
にぐるまひいて_e0160269_23422718.jpg


午前中公園で、持久走大会に向けて練習をしてきたそうたと、くっ付いて行ったたいちはお腹がぺこぺこ。

ずらーっと並んだ出店に目移りしながらも、とりあえず何でも良いから食べたい!と、空いていたドーナツを購入。

一口サイズの丸ドーナツ。

揚げたてで旨い!

あっという間に完食。

パパはお隣のワッフルに並び、・・・と言っても、お餅を揚げたような食感ので、これまた旨かった!

パパが並んでいる間に、私は子どもと先へ進み、腸詰かブラジルのBBQか迷い、BBQの列へ。

ここがなかなか進まず、その間に戻って来たパパは大学芋を買って来てくれて、揚げたて熱々のそれを食べながら並び・・・

側の神輿広場と行ったり来たり、神輿を見て廻って遊んでいた子供たち。

その内、「一人で買い物に行きたい!」と言い出したたいち!でしたが、あまりに混んでいるし、初めて来た場所でもあるし、却下。

列に並ぶのをパパと交代して、私とたいちで美味しい物探しに出掛けました。

そして、キャラメルポップコーンと沖縄のお好み焼きとアメリカンドックを購入して戻って来たところが、まだBBQの列に並んでいるパパ。

それらを全て一つずつ食べたそうたとたいちでしたが、『からあげ』の文字を見つけて「かってくる!」とそうた。

BBQを待つ間に、それも一袋ずつ食べたそうたとたいち。

一週間分以上の肉を食べたね、きっと。う~ん、2週間分かっ(^^;)

すっごく並んだから4本買ったと、30cmもある串を4本も買って来たパパ。
にぐるまひいて_e0160269_2342592.jpg

子供たちはから揚げに夢中で、見向きもせず(^^;)

でも、そのBBQが美味かった!!!

結局、パパと私が2本ずつ食べてしまいました(^^;)

「もうお腹いっぱいだね~」と言いながら、模擬店の案内板を見ていると、「りんごあめ、食べたい!」とそうた。

「え~っ、まだ、食べるの!?りんご飴ってさあ、飽きちゃって、最後まで食べれないんだよね~」

模擬店の案内板には、何店かに今年の優良店というマークが付いています。

それらはほとんど完売。

そして向かったりんご飴のお店。
にぐるまひいて_e0160269_23431933.jpg

姫りんごと大きなりんごの2種類があって、姫を注文したのですが、数人前で売り切れ。

大きな、本当に大きなりんご飴を購入したのでした。
にぐるまひいて_e0160269_23435878.jpg

「なめた~い!」というたいちに、ケチなそうたはなっかなか舐めさせず・・・

「だったら、最後までちゃんと食べなさいよっ!」

駐車場まで帰り道、しば~らくして、やっと一口舐めさせたのですが、飽きる事無く食べ続けるそうた。

帰りの車の中で、りんご半分まで食べたところで、「残りは帰ってからにする」

家について、夕食後、「そう言えばりんご飴!?」とパパが出してきて一口がぶりっ!

「うっ、旨い!!!」

私もがぶりっ!

「ほんとだ、めっちゃくちゃ美味しいーっ!!!」

「おいしいでしょ!だから、だれにもあげたくなかったんだよ~っ」とそうた。

こんな美味しいりんご飴初めて♪

頂いたもの全てが美味しくて、さすが農大!と感心したのですが、このりんご飴はほんと旨い!

「一番おいしかったものはな~に?」

「りんご飴!」

パパも私も、声をそろえて答えたのでした。

ちなみにそうたとたいちは『からあげ』でした。

いやいや、農大の収穫祭はと~っても美味しいです(^^)

どこのお店も丁寧に作ってるんですよ。材料も無農薬だったりして・・・

母校の学祭の出店のイメージとは全く違うので、驚きです。

私が学生の時は凄かった!というか、酷かったもの~っ


明日もやってます。

お近くの方は是非どうぞ!



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-10-29 23:55 | ほのぼの絵本