人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

どーんちーんかーん

先週すっかり忘れていて見に行けなかった、小学校の校内絵画展。

「まだはってあるから、みにいって!そうたきんしょうじゃないけど、すっごくうまくかけたんだ」

というそうた。

一昨日の夕方たいちとベビーちゃんを連れて、観に行きました。

そうたはお友達と約束したとかで、帰って来るなり公園へ行ってしまいましたが・・・

「ぼくととり」です。

どーんちーんかーん_e0160269_6241199.jpg


園児の頃の絵に比べて、すっごく上手くなったなあと感心(^^)

・・・って、親ばかでしょうか?

幼稚園ではクレヨンを使いませんでした。

年小・年中では一色のカラーのサインペンを使って、更紙に描きます。

年長では黒のサインペンを使います。

3学期に入って、素敵なうす~い色のケント紙に黒で描いた上に、水彩で色を着けます。

うす~く、うす~く。

だから、こんなにはっきりくっきり力強く、原色で描いた事は初めての事。

こう描きましょう!って指導は無く、子供たちの思うままに描いていたので、その時の子供の心が見て取れるのでした。

「鳥は鳥らしく、人間は人間らしく」そんな感じの絵が受賞していたのですが、特選の子の絵は素晴らしい出来で、郡を抜いていました。

西巻茅子さんの絵を彷彿させるような・・・

何故皆、鳥の絵!?

描く前に先生が、こんなのは?こうしたら?と指導されたそうで・・・

だから皆、同じ方向を向いて、それも似ている絵・・・(^^;)

夜、パパにも取って来た写真を見せて、上手いじゃない!と褒めると、気を良くしたそうたは製作活動に取り掛かり、作ったのがこれ↓

あひる
どーんちーんかーん_e0160269_6233914.jpg

ダックスフンド
どーんちーんかーん_e0160269_6235258.jpg


絵を評価するのって、難しいですよね?

我が家の本棚に並ぶ絵本の中で、どれを上手いと思うか?ヘタだと思うのはどれか?とそうたに聞いた所、ヘタだと思う中には、大好きな西村繁男さんや、田島征三さんがいました。

彼らは子供のころ、評価されたのでしょうか?(^^;)

そしてもう一人、この人も!

武田美穂さんの手に掛かると、昔話もこんなんなるわけね(^^;)

子供の頃、夏になると遊びに行った徳島のおじいちゃんの家。

夜になると怖い話を聞くのが楽しみだったそうで、「どーん ちーん かーん」はおじいちゃんの、そのまたおじいちゃんから、ずっと語り継がれたお話だそうです。

滅茶苦茶怖いお話なんですが、子どもが震え上がる程にならないのが、武田マジック!

でも、そうたはかなりビビッてました。

一方たいちは、ぎゃはぎゃは大喜び(^^)



読んであげるなら 4、5 歳~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ある ところに ひとりの やまぶしさんが いたの。

つらい しゅぎょうより いたずらが だいすきな やまぶしさん。

ある はれた ひ、やまぶしさんは のはらを てくてく あるいていた。

なにか たのしい いたずらが したいな と かんがえながら、ね。

そしたら うひゃひゃ。

これまた うってつけの おあつらえむき!

みちばたで きつねが うとうとしているじゃない・

そろおりそろり やまぶしさんは きつねに ちかづいてった。

それからね、なんにもしらずに きもちよさそうに ねてる きつねの みみもとに ほらがいを よせると・・・

いきなり!

ぶわお~ん!!



 * * * * *


(以下、あらすじです)

きつねはびっくして逃げてった。

やまぶしさんはお腹を抱えて大笑い。

暫く行くうちに辺りは暗くなっていったの。

おかしいな、今日は日が暮れるのがやけに早いな。

やまぶしさんは太い木の上に寝ぐらをみつけ、登っていったの。

こっくりこっくりしていると・・・

どーん ちーん かーん

なむなむなむなむなむ・・・・


鐘と太鼓の音に、お経を読む声が聞こえてきたの。

それはお葬式の行列だったの。

鐘や太鼓を鳴らす人、棺おけを担いだ人に、お坊さん。

一行は木の下で止まって、大きな穴が掘られ、棺おけが下ろされて、お葬式が始まったの。

どーん ちーん かーん

なむなむなむなむなむ・・・・


やまぶしさんは、罰が悪くて下りていけず、枝の影に隠れていたんだけど・・・

暫くしてお経が終わり、皆帰って行ったの。

やまぶしさんが体を伸ばし、下を見ると!

* * * * *

キャー!

ここからは怖くて怖くて書けません。

お話の続きは是非、読んでくださいな。

武田さんの創作!?かと思いきや、昔話だったとは(^^;)

今時の言葉で昔話を語ると、こんな感じになるんですね(^^)

独特の世界を持つ武田ワールド。

漫画っぽい作風が好きではなかったのですが、この本以来好きになりました。

こちらもオススメです。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-10-14 06:30 | 昔ばなし