人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

すてきな三にんぐみ

トミー=アンゲラー
偕成社
発売日:1977-12



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

あらわれでたのは、

くろいマントに、くろい ぼうしの さんにんぐみ。

それはそれは こわーい、どろぼうさまの おでかけだ。


 * * * * *


(以下、あらすじです)

脅し道具は三つ。

ラッパ銃に、胡椒吹きつけ、そしてまっ赤な大まさかり。

夜になったら山を下り、獲物を探す。

そして溜め込んだ、金銀宝石、指輪にお金に首飾り・・・

すてきな三にんぐみ_e0160269_5515176.gif


この三人組みに出会ったら皆怖がるはずなのに・・・

あれれ?

今宵の獲物の、馬車に乗った孤児のティファニーちゃん。

意地悪なおばさんの所へ行くより、このおじさんたちの方が面白そう!

三人組はティファニーちゃんを大事に抱え、隠れ家へ。


翌朝目を覚ましたティファニーちゃんは、宝の山に気が付いて、

「まぁぁ、これ、どうするの?」

三人組は顔を見合わせ相談した。

これまでどうするつもりもなかったものだから。


そこで三人組みは集めた集めた〇〇を!?


* * * * *


お話の始まりは、何とも不気味な様子のイラストで、ぶるぶるゾクゾクしちゃうかも!?

でも意外と、このこわ~い感じが子どもに受けます(^^)

脅しの道具も、大まさかり以外はちょっと笑える。(^^;)

こんな三人組に夜道で遭ったら、気絶しちゃうかも!

でも、この三人組は「すてきな三にんぐみ」なんですよ。

何故かって?

それは、ただの泥棒じゃないからです。

・・・いやいや、ただの泥棒じゃなくなったからです。

それは可愛いティファニーちゃんのお・か・げ

どんな悪党も、子どもには弱いんですね(^^)

実はこの三人組、この後可哀想な孤児を集め、お城をプレゼントしちゃうんです。

孤児救済です。

そしてその子達はやがて結婚し、家を建て、子どもが出来て、村を作った、と言う素敵なお話。

何とも風刺の効いたアンゲラーらしいお話です。


ビクビクしながら聞いていた子供たちの顔が、笑顔になるのが分かるでしょ?


* * * * *


さて、今度は笑えない泥棒のお話。

30日の金曜日の事。

園での用事を済ませ、ベビーちゃんと車で帰宅。

家の前に車を止めるや否や、お隣さんの庭から出てきた、黒いTシャツに黒いズボン、メガネを掛けた長身の男。

手には携帯だけ。

えっ、誰!?

見たことも無い男が庭から出てきた!!!

お隣さんは留守の様子。

この日は、うちのパパも不在。

駅前とは言え、昼間はあまり人気のない場所なんです。

最近、小学校から頻繁に届く不審者情報のメール。

もうじき子供たちも帰ってくる時間なので、警察に通報。

付近の見回りをお願いしました。


そして昨日、廻ってきた回覧板に載っていたのは、

なんとこの30日、付近で3件も空き巣に入られた家があったとの情報!

えーっ!!!!!

あいつはやっぱり、空き巣犯!?

金品を盗られた家は無いようなのですが、二階の窓ガラスを音が出ないように割って侵入。

一階にいたご主人も気が付かなかったとの事。

こわっ!

うちの近所に住んでいるのは、既に引退したおじさん・おばさんたちで、普段は在宅なのですが、居ても気が付かれないように侵入するなんて、油断禁物です。


パパからは、そんな時は「こんにちは(^^)」って言うように!

そうしたら、ビックリして逃げていくはずだから。

くれぐれも「何か御用?」なんて聞いて格闘するなよ!って言われました。

いくら私でも、怖くて怖くて、そんな・・・聞けませ~ん。

格闘なんて!するわけないだろっ!!!


う~ん、モンタージュ写真作れる程は覚えてないなあ・・・



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-10-03 06:03 | 愛のある絵本