人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ケンケンとムンムン



読んであげるなら 6、7 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

その1 ケンケンとムンムン

海をずっと南へいったところに、それも頭のずぐうえに太陽がてるほどの南の海に、小さな島がありました。

その島は、人間がほんのちょっぴりすんでいる、とてもしずかな島なのですが、よく目をこらしてみると葉っぱのような小さな妖精たちが、あっちこっちにとびまわっているのがみえることでしょう。

ケンケンとムンムンは、この島にすむ双子の妖精です。

お父さんのなまえは、ケンムンといいます。

ケンムンは、まいにち太陽を東の海からひっぱりだして、夕方には西の海にしずめます。太陽は、島の草や木にたっぷりと光をそそぐので、島は緑でいっぱいになって海のなかにうかびあがるのです。

お母さんのなまえは、ミンミンです。



 * * * * *


(以下、あらすじです)

ミンミンの仕事は、月を呼ぶこと。

泉の水をわきださせるものや、風をおこして雲をはこぶもの、皆何かしらの仕事をしているのです。

でも、まだ子どもの妖精のケンケンとムンムンに、仕事はありません。

お父さんのように太陽を動かしたい!

それが出来たらお父さんも驚いて、仕事をくれるかもしれない!

そう考えたケンケンとムンムンは、ある朝ケンムンが起きる前に、島の東の海岸へやって来ました。

ケンケンが太陽をひっぱり出そうと両手を伸ばし、太陽を掴み、持ち上げようとしましたが、思ったよりも重くてびくともしません。

ムンムンも手伝って、もう少しという所で、太陽の熱さに手を離してしまい、太陽は海深く潜ってしまいました。

「おまえたち、なにをしているのだ」

振り向くと、そこにはケンムンが立っていました。

ケンムンに怒られたケンケンとムンムン。

仕事をしたいと言う気持ちが、益々強くなったのでした。


(その2)ケンケンとムンムンの仕事

年をとった妖精の磯じいの計らいで、仕事を与えられたケンケンとムンムン。

それは年老いた磯じいに代わって、海を呼んだり押し戻したりする仕事です。

磯じいはケンムンとの約束により、ケンムンの力でカニに姿を変えてしまいました。

いつの日か、磯じいの仕事を継ぐ者が現れた時に、以前よりなりたいと思っていたカニに姿を変える事、それがケンムンを磯じいの約束だったのです。


(その3)ケンケンとムンムンの失敗

晴れて、海をあやつる仕事を手にしたケンケンとムンムンでしたが、まだ子ども。

遊びたい盛りです。

ある日、森でチョウチョを追いかけ、すっかり仕事を忘れてしまった二人。

海は砂浜を覆い、森の木々にまで波がかかる程になっていました。

海は大喜びでジャブジャブし、森の中の小さな生き物達は大騒ぎで逃げ惑い、妖精たちも慌てて飛び回り、島中大騒ぎ。

「海よ、もどれもどれ」

ムンムンは慌てて言いますが、すっかり調子に乗った海は聞きません。

そこへカニになった磯じいがやってきました。

「弱音をはいてはいかん。いまいちど、心のそこからさけび、かたるのじゃ。海と心をひとつにせよ」

暫くして海は落ち着き、沖へ戻っていきました。

島には静けさが戻ってきました。

この事件はケンケンとムンムンを成長させたのでした。

島の妖精たちに説明に廻ったケンムンは、その後も心配で二人こっそり見張っていました。

ある日、ぎりぎりまで遊んで磯へ戻ろうとしていたケンケンとムンムン。

既に磯に隠れてみていたケンムンは心配でなりません。

とうとうケンムンは磯に立って、海に「沖にもどれ」と叫びましたが、まだ引き潮の時間でなかったので、不満な海は言う事を聞きません。

もっと強く言ったケンムンに、海はふくれて波を掛けました。

その様子を見ていた磯じいは、

「おまん、ふたりのことが心配できおったな。なあに、心配せんでもちゃんとくる」

「そうはいっても磯じいよ、仕事はじかんどおりにやらねばいかんのだ」

「ケンムン、いそぐな。まだそのじかんではないのだ、ほらふたりがもどってきたぞ」


ケンケンとムンムンは磯じいとケンムンに気付き、不思議そうな顔をしました。

ムンムンが海にもどれと言うと、したがった海。

その様子をじっと見ていたケンムンは、二人の頭を黙って撫でたのでした。

「お父さん、お母さんが月をだしたよ。太陽はしまわないでいいの」

「おおいかん、太陽をしずめるじかんがきていた」


ケンムンは慌てて西へ飛んでいったのでした。


(その4)ケンケンとムンムンの妹

ミユミユという名の妹が生まれました。

ミユミユは、手に触れるもの全てに、花を咲かしてしまうという、不思議な妖精です。

ある日、ミユミユのお守りを頼まれたケンケンとムンムン。

・・・ですが、お昼寝をしている間に、ユミユミが行方不明になってしまい・・・


(その5)ケンケンとムンムンの雪だるま

いつもは暑い島に、ひんやりとした風が吹いてきて、北へ行っていた兄さんのケンミンが帰ってきました。

雪を降らせること、それがケンミンの仕事です。

雪を見たいというケンケンとムンムン。

ですがここは南の島。

雪が降っては困ります。

そこでケンミンは・・・

* * * * *


ケンムンとは、奄美地方に伝わる妖精のことのようです。

田島さんが奄美を取材して、あらかた出来上がったお話を、甥の南部さんが素敵なお話に仕上げてくださったのだそうです。

ちょっと悪戯好きで、ガジュマルの木に住む、子供の妖精ケンムン。

沖縄地方のキジムナーに似ている感じでしょうか?

その、伝えられるケンムンとはちょっと違う感じもしますが、こちらは素敵なファンタジーです。

童話になるので、未就学児では長いかもしれませんね。

でも、そうたに読み聞かせていた側で、聞いていたのかいないのか、落ち着きなかったたいち(3歳)ですが、昨晩も「これよんで~!」と持って来たのは、そのたいちの方でした。

全てのページに、田島さんのイメージする妖精の、カラーイラスト。

だから字が多くて140ページにもなるのですが、飽きさせないのかも!?

勿論お話も魅力的で、あったかです♪

そして、あれやりたい!これやりたい!と、大人の仕事に興味を持ち始め、台所で手伝ってくれる!?(荒らしてくれる!?)年齢のたいちには、ぐっと来るものがあるのかもしれません。

 * * * * *

子どもに任せたら、ある程度の失敗には目を瞑り、言いたい気持ちもぐっと堪え・・・

ああ、そうしなくちゃね~!って、読んでいるこちらにも訴えるものがあります。

そうそう、大人だって子どもだって失敗から学ぶのよね!

どこか教育的内容ではありますが・・・そんな事は感じさせないファンタジー。

田島さんのほんわかした絵が良いのかな?


触れるもの全てに花を咲かしてしまう、素敵な妹ミユミユ。

どんな怖い虫も動物も、ミユミユの手に掛かれば、み~んなお友達♪

ミユミユと手を繋ぐと、とっても楽しい気分になるんですって!


大きな存在であるお父さんのケンムン。

静かで、包み込むような優しさのお母さんのミンミン。

外の世界へ出て、大きくなって帰って来た、お兄さんのケンミン。

素敵な家族の物語です♪



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-10-02 06:52 | 幼年童話