人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ふしぎなたけのこ



読んであげるなら 5、6 歳~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

やまの おくの おくの むらの、むかし むかしの おはなし。


「たろや、たけのこを ほってきておくれ。

こんやは、ごちそうにしよう。おまえの たんじょうびだ」

かあさんに いわれて、たろは うらの たけやぶに いった。

「うーん、いいぞ。こんやは、ごちそうだ」



 * * * * *

(以下、あらすじです)


山奥の村には魚も昆布もない。

筍はごちそうだ。

「これにするか」と筍を掘り始めた。


暑くなって、上着を脱いで、すぐ側の筍にひょいとかけた。

と、その途端――

筍はぐぐっと伸びて、

慌てたたろは上着を取ろうとしたが、

筍はまた、ぐぐぐっと伸びて・・・


たろが登る。

筍が伸びる。

また、たろが登る。

また、筍が伸びる。

いつの間にか、たろはとてつもなく高い所に来てしまった。


いつまでも戻らないたろを、母さんは探しに行った。

が、あちこち探しても見つからず。

その内、たろの草履を鍬を見つけ、

力いっぱい叫んでみると、

「ん・・・・・・ん」かすかな声が、上の方から聞こえる。

母さんがひょいと見ると、目の前の筍がぐぐっ、ぐぐっと伸びている。


ふしぎなたけのこ_e0160269_114341.gif
びっくりした母さんは、父さんを呼んだ。

その内、村中の皆がやって来て、

「たろ、やあーい」と口々に呼ぶと、

かすかな声が返ってくる。

その間にも、筍はぐんぐん伸びた。


「き、きるより しかたない」

父さんが言った。

皆、手に手に斧やなたを持って、筍を伐り始めた。

その間にも、筍は空へ向かってぐんぐん伸びた。

やがて、筍は伸びるのに飽きた。

そして、竹になる事を決めた。

葉っぱを出す前に一休み。

動きが止まった所で、筍を伐った。


「たろ、やあーい。たけのこを きるぞーっ。しっかり つかまっていろーっ」

音を立てて倒れていく筍。

竹やぶの竹、椚林の椚、松林の松、檜林の檜・・・

幾つも幾つもの山の木を押し分けて、倒れていく。


たろは必死でつかまって、目をつぶっていた。

昼間は暖かかったが、夜になると鼻や耳が冷たい。

それでもたろは、しっかり目をつぶって、筍にしがみ付いていた。


やがて、どうん―――という響きがして、たろは気を失った。


一方、筍の倒れる音をあっけに取られて聞いていた、父さん母さん達。

夜になり、また朝になり・・・

倒れた筍に沿って、走り出した。

竹やぶの竹、椚林の椚、松林の松、檜林の檜を過ぎ、

幾つも幾つもの山を越え・・・

とうとう、広い砂浜に出た。

大きな池の側で倒れているたろを見つけ、

池の水を頭や顔にかけた。


やがて息を吹き返したたろは、

「うっ、ぷっ。しおっからい。かあさんのなみだが たれてきて、しおっからい」

???


* * * * *


昔話のようですが、実は創作昔話。

物凄い誕生日プレゼントを手に入れたたろです。

さあ、それは何でしょう?


物語の初めの部分に、大きなヒントがあったのです。

私は、海のものも山のものも、どちらも大好き☆

あっ、分かっちゃった!?


* * * * *


子ども達の大好きな筍ご飯。

今年は二度しか作りませんでした。

いつの間にか、こんなに暑くなってしまって。

もう夏ですね(^^;)


小学校の国語の教科書の音読の宿題は、毎日。

△・○・◎と各項目に沿って採点するのですが、

△だと不満なような息子は、◎にするまで読むので、

17回読んだ日もありました。

でも、嫌ではない様子。

今、「なぞなぞあそび」というのを読んでいます。

さんかくぼうしの

おうちの なかは、

だあれも いない

おへやが たくさん。

こたえは、なあんだ。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
Commented by キュートなうさぎ at 2011-05-23 09:52 x
このお話、面白いですよね~。
空まで伸びていく様子が、ツボにハマったようです。

音読を17回もするなんて、粘り強いですね。
息子はは3回くらい読むと、△でも止めてしまいます。
そうたくんの頑張りを見習ってほしいわ。
うちの学校は、『はなのみち』が始まったばかりです。
Commented by yomuyomuehon at 2011-05-24 09:05
うさぎちゃん、いつもありがとう!!!

ほんと、どこまで行くんだい!って突っ込みたくなるよね(^^)
「わごむはどのくらいのびるのかしら?」に共通する、どきどき感があるね!

音読・・・17回はあの日一回こっきりよ(^^;)

昨日は相当お疲れで、顔色悪く、夕食食べずに寝ちゃって・・・

今朝、宿題やって行ったから、音読は一回だけ!?でした(^^;)
それも、音読じゃなくて、暗唱だったんだけどね~
Commented by かじか at 2014-08-07 00:38 x
はじめまして。
実はこの話、今年46歳になる私が小1のとき教科書で読んだ話なんです!
学習塾講師をしてるのですが、教材で再会して嬉しくって検索したらここにたどり着きました。
子ども心に、どうなるんだろう?ってわくわくしながら読んだ記憶があります。(たろにはちょっと申し訳ないのですが。)
Commented by yomuyomuehon at 2014-08-07 18:31
かじかさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

年齢的にはほぼ同世代ですね(^^)
教科書に載っていたんですね!
教科書が違うかもしれませんね(^^)
絵本を子どもに読みながら、頭のどこかにちょこっと覗く懐かしさを覚えることがあります。このお話も然り。
私もどこかで出あっていたみたいです(^^)

3年前のブログを久し振りに読む機会となりました。
ありがとうございます。
最近は、色々深く面倒に考えちゃって、記事が長くなりがちで(><)、書くのに時間も掛かってしまい・・・反省、反省。

またコメント頂けると嬉しいです。
by yomuyomuehon | 2011-05-22 11:05 | 春の本 | Comments(4)