人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

きつねにょうぼう



読んであげるなら 6、7 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


むかし あるところに、

びんぼうな ひとりもんの男が あった。

シッポ シッポと あめのふる ばんがた

山の田んぼから かえってくると、

うしろから ついてくるものが ある。

ふりかえってみると、

それは いとしげな わかい女だった。

「どこへ いくがんだ」

と 男が こえをかけると、女は いった。

「おらは たびのもんだが、もう くらくなったすけ、

こんやは おまえさんのいえに とめてもらおうと おもうて

ついてきた」

「そうか。おらどこは おらひとりで ごっつぉも ないが、

それで いいけや とまるがええ」

「なじょうも とめてくだされや」



 * * * * *


(以下、あらすじです)


こうして、女は男の家に泊まったのだが、

一晩、二晩・・・いっこうに出て行く様子が無い。

家の中をくるくると毎日よく働いた。

男が、どういうつもりかと問うと、

「おらを おまえの かかにしてくれや」

と女は言った。


二人は夫婦になり、二人の間には男の子が生まれて、

ててっこうじと名を付けた。


ててっこうじが三つになった、ある春の日の事、

「昼飯を持って、ててっこうじを連れ、後から田んぼに来てくれ」

と言って、出掛けたとっつぁ。

家に残ったかかは、昼までに一仕事と、機織り台に座った。

ふと手を休め、目を上げると、

外は椿の花盛り。

それがあんまり見事だったから、かかはついうっとり。

きつねにょうぼう_e0160269_1735289.gif

そこへててっこうじが駆けて来て、

「かかの しっぺたから でっこい しっぽが ぶらさがっとる」

慌てたかか。

でも、もう遅かった。

椿に見惚れ、うっかりきつねの正体を現してしまったのだ。


「もう このいえには おられん」

泣く泣くててっこうじを抱き上げ、こんな歌を歌った。


「ほんに かわいや ててっこうじ

かかは お山に かえるぞな

とんぼや ちょうちょを とってくうな

きつねのこ だてて いわれるな

きょうから かかは おらねども

とと と おまえが まめなよに

かかが まもってやるすけに

いっぺ まんまくって おおきくなれや

いっぺ あそんで おおきくなれや

ほんに かわいや ててっこうじ」



そしてきつねの姿になって、飛ぶように山へ帰って行った。


やがて腹が減って仕方なく、家に戻って来たとっつぁ。

帰ってみると、ててっこうじが一人っきりで、おんおん泣いているではないか。

わけを聞いて、えらいたまげたとっつぁであったが、

「そうか、そうか、かかは きつねであったか」

と繰り返し言っては、涙に暮れた。

かかが居なくなって、いよいよ明日は田植えという日、

山の田んぼの方から、一筋に澄んだ歌声が聞こえてきて・・・


 * * * * *


こんなにも、母の心をキュンとさせるお話はないのではないか!

と思えます。

最後の方は、声が震えて読めない事も!


以前紹介した「つるにょうぼう」と同じなのは、

貧しくて自分の田畑も持てず、ましてや嫁など持てまい農家の次男三男坊の、

嫁欲しや物語!?



でも、私が一番ウルッと、キュンときたのは、

上に紹介したお話の続きにある、

とっつぁが田植えをしに山の田んぼへ行くと、既にかかが元の(女の)姿で、

田植えをしていて、その後、

他の畦に座って、ててっこうじに乳を飲ませるところ。

「なじょうも いえに もどってくれよのう」

と言うとっつぁに、首を横に振り、

乳を飲ませ終えると、きつねの姿に変わり、山へ飛んでいってしまったのです。

ううっ、何度読んでも切ない(泣き)


だからこれは、男の「嫁欲しや物語」というより、母の「我が子恋しや物語」


それにしても、かかが思わず気を緩め、シッポを出してしまったという椿。

このページは実に見事です。

私も思わず!?

って、出すものないか(^^)

そのページだけじゃなく、全てのページが素敵なのです。


それぞれが一人ものだったとっつぁとかかの辺りは、暗く重い色使い。

二人になり、やがて家族が出来た辺りからは、この世の春?と云わんばかりの美しさ。

同じ景色を見ても、一人っきりじゃないって思うと、美しく見えるもの。

そういう幸せな感じがよく出ているんです。



生まれてバンザイ」に涙したあなた、そうあなた!!!

絶対に読んでくださいね。



先の月曜日、「この本だいすきの会」の例会と小松崎先生とのランチの予定でしたが、

ベビーちゃんの発熱で参加出来ず。

今回読み当番だった私は、これを読もうと練習していました。

残念!

うちの子達にはあまり受けないので(^^:)、家では読ませてもらえず。

パパは大好きなお話だそうですが・・・

是非とも次回、読ませても~らおうっと!


さて、今日、母が来ました。

語りをやっている母は、以前これをやった事があると言って、読んでくれたのですが、

私より、はるかに上手い!

母曰く、新潟方面の方言だそうで、

「ててっこうじの てての田は

一ぽん うえれば 千ぼん

ふかずとも・・・」


という行も歌ってくれたのですが、

ははあ、そう歌うのね~!

次回の「この本だいすきの会」で、代わりに読んで!と頼んだくらい(^^)


誰かのに似てる!と思ったら、宮川ヒロさんの語りの時の声でした。

語り向きみたいです。

ボケ防止にもなりそうな語り(へへっ)

長~く続けて、また聞かせてちょーだいね、お母さん♪


* * * * *


さて、皆様にご心配いただきましたベビーちゃん。

熱は火曜日夜から下がり、昨日からは平熱に戻りました。

そして、顔はおサルのお尻のようにまっかっか。

お腹と背中に、無数の赤い発疹。

少し笑うようになり、少し動くようになり、一口二口食べる事もあり・・・・

しかし、ご機嫌はすこぶる悪く、

置くと泣くので、ずーっとおんぶです。

発疹でたので、もう少しかな


ご心配頂き、ありがとうございました。







最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-02-24 17:51 | 昔ばなし | Comments(0)