人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

しょうとのおにたいじ


読んであげるなら 5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


とんとん、むかしのことじゃげな。

むかし、けものや ことりが まだ ものをいうとったころのこと、

しょうとという かわいい ことりが おったそうな。

(しょうと とは、中国地方の方言で、ほおじろの事)

しょうとは、なかよしの おじぞうさんの みみに すを つくらせてもらって、たまごを

みっつ うんだそうな。

そうして、「かわいや。かわいや」と、まいにち だいておったが、

あるひ、はたらきに でにゃあ ならんことになったんで、

おじぞうさんに るすもりを たのんだそうな。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


その留守に、赤鬼・青鬼・黒鬼と、次々と鬼がやって来て、

おじぞうさんを騙し、しょうとの大事な子を、三つとも食べてしまった。


やがて戻って来て、事態を知ったしょうとは、

歌も歌わず、飛ぶ事もせず、泣きの涙で暮らすようになってしまった。


ある日、どんぐりがしょうとの所にやって来て、泣いている理由を知って励ました。

そして、一緒に鬼退治に行く事が決まった。


「おにの やかたは どこかいの」と訪ねて歩くしょうと達に、

「おにの やかたは このおくのおく」と答えるやまびこ。


山道をぐんぐん行くと、蟹が出てきて、

「しょうとどん、しょうとどん、どんぐりつれて どこへいく」

「おにの やかたへ あだうちに」

「そりゃまた どうして」

「かわいい こどもを みっつも おにに のまれたけえ」

「それじゃあ わしも ついていこう」


そう言って、蟹もがしゃがしゃと着いてきた。


その後、くまんばち、牛、臼、縄も加わった。

オニの館へ着いてみたら、運よく鬼は出掛けている。


そこで、皆は隠れて待つ事に。

どんぐりは、囲炉裏の熱い灰の中。

蟹は水瓶、蜂は奥の座敷、牛は家の入り口に糞をべったりこ。

臼は縄にくくって貰い、戸口の上にぶら下がり・・・

しょうとのおにたいじ_e0160269_11123663.jpg


* * * * *


仇討ちに向かう辺りからは、「かにむかし」にそっくり!?

これは、広島地方の方言で語られる昔話。

3度繰り返される、人の良すぎるお地蔵さんの失敗。

他人の子を預かっといて、そりゃないよ(嘆)

一度だけなら未だしも(?)二度・三度と重なる事で、読んでるこちらも、鬼に対する怒りが増してきます。


ところで、赤・青・黒と三人登場する鬼ですが、退治されるのは赤鬼だけ。

一体、どうして?

それは、絵をよ~く見て、からくりを当ててみて!

文字だけを追ってる親は、気付きません。勿論、わたしも(泣)

最後まで読んで、ん?と思った子供が、ページを戻って気付くかな~?

ですから、あまり小さいと、このからくりが見抜けないでしょう。

せいぜい年長さん位からでしょうか?


稲田和子さんの、ことらもオススメです。
 ↓ ↓ ↓
稲田 浩二,稲田 和子
三省堂
発売日:2003-06


* * * * *


非常に気が強く、かなりやんちゃなたいち。


・・・ですが、鬼が、おばけがとっても怖い!?


「そんな事してると、鬼がくるよっ!お化けがくるよ」って脅かしすぎた?

暗くなると、トイレに一人で行けません。

二階に一人で上がれません。

怒る時に、「鬼が・・・お化けが・・・」って、子供への常套句、使っていませんか?

年長のそうたには、既に通用しません。

それどころか、そうたがたいちに使ってます (あはは・・・) 

安易な叱り方は良くないなあ・・・と思いながらも、つい。

言った後は、すぐ反省するんだけれど・・・

反省しても、学習しない・・・ああ、ダメな母(嘆)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-08-22 11:17 | 昔ばなし