絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

なんだかうれしい

谷川 俊太郎
福音館書店
発売日:2002-11



読んであげるなら 5 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


目がさめた。
いいにおいがしてくる・・・・・・
ごはんのたけるにおい。
e0160269_10435712.jpg


この木、
300年もいきてるんだって。


クモの巣ってきれいだなあ。


プフー! ねたきりのおじいちゃんのおなら。


ぼくのまいたたね、
めをだした。


なんだかうれしい。



 * * * * *


説明できないけど、何だかうれしい、そんな事ありませんか?

そんなうれしい瞬間を集めた絵本。


ポタッと落ちる寸前の線香花火、お父さん私の並んだ影法師、雨上がりの匂い、通りを歩いて聞こえたピアノの音色・・・

どれも、気付かず過ごしてしまいそうな日常。

でも、どれも生きる喜びに溢れた、素敵な瞬間。

そういう事に幸せを感じられるのって、良いですよね♪

心に余裕が無いと、出来ないかも~

そんな事に幸せを感じられる、余裕のある人になりたいねえ。

そして子供達にも、そんな小さな幸せを、幸せって思える子になって欲しいわあ。


この絵本を「そう、そう!」って共感しながら読んでいく内、必ず「なんだかうれしく」なってきますよ~!!


ところで挿絵や写真を担当した、「だれかとだれか」とは?

太田大八さん、井上洋介さん、片山健さん、梶山俊夫さん、スズキコージさん、瀬川康男さん、スズキコージさん、元永定正さん・・・等々、有名どころが並びます。

絵を見れば、あっ、この絵は○○さんだっ!って、わかるはず。


 * * * * *


GW中、姪達と私の妹のところへ2連泊したそうた。

たいちは一日目の夜、寝る前に帰されました。

姪達と会うと、いつも「なんだかうれしい」そうたです。

そして小3と小6の姪達は、また一人加わった妹みたいな天使ちゃんに、「なんだかうれしい」みたいで、

ず~っと抱っこ、ひたすら抱っこ。

ちょっと泣くと、すぐ抱っこ。

主役の座を取って代わられたたいちですが・・・でも、「なんだかうれしい」みたいでした。


この妹とは、姪達の母親ではなく、独身貴族(?)の、近くに住む私の実妹。

2日目のお昼に、育児に疲れたと、子供たちをうちに置いて、逃げて行きました。


そこで、主人が4人を春日部の内牧公園のアスレチックに連れて行きました。

e0160269_1142495.jpg
e0160269_1143539.jpg
e0160269_1144664.jpg


うちで夕食を食べてから、その夜再び妹の家へお泊りに出掛けた3人です。


皆3つ違いで、干支を一回りした5人。

e0160269_11142497.jpg

4人を連れて歩いていると、姉弟に思われるようで、じろじろ見られたり、声を掛けられたりするパパ。

e0160269_1132595.jpg


長女のうららはとても面倒見が良く、たいちをず~っとおんぶしてくれたり、面倒をみてくれたり。

園児の時は、出かけるとすぐ疲れた~と言って座り込み、よくパパがおんぶしていたのに・・・

月日の流れるのは早いもので、もう来年は中学生。

都会育ちの、お洒落に興味津々なうららは、格好が突飛で、パパは目がてん!!


そして、次女のみづきとたいちは性格が似ているのか、いつも衝突。

・・・と言っても、たいちがちょっかい出すのですが(^^)

見かねて、「やり返していいよ、懲りないから!」と言うと、「年下には手を出さないの」と言うみづき。

こちらもお姉ちゃんになりました(^^)


ところで、うちに来ると、嫌いな物も最後まで食べさせられます。

だから最近来なくなったのか~っ?

今回嫌がっていたのは、数あるおかずの中で唯一「納豆とおからのハンバーグ」

納豆が嫌いだったらしい姪達。(知らなかったのですが・・・)

そうたに「すききらいがあると、りっぱなおとなになれないよ!」な~んて言われ、

お姉ちゃん達の面子丸つぶれ。

そうたもたいちも食べ終わり、一時間近くじーっとハンバーグと睨めっこ。

でも私が妥協をしない事を知ってる姪達は、お茶をガボガボ飲み、ソースをたっぷりかけて、結局完食したのでした。

これで、また暫く我が家で食事をしないでしょう(^^)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12622759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-05-11 23:35 x
なんだかうれしくなってしまうこと、ありますよね。
それは、自分にしかわからない楽しさだったり、幸せだったり。
絵本作家さん大集合のこの絵本、見てみたいです。

優しくて、素敵な姪御さんですね。
女の子って、本当にしっかりしてるなぁ~と感心しました。
おんぶをされているたいちくんの幸せそうな顔が、目に浮かびます。
yomu家の天使ちゃんも、何年か後にはおしゃまでしっかり者の
女の子に成長していることでしょう。
楽しみですね♪
Commented by yomuyomuehon at 2010-05-13 14:47
うさぎちゃん、ありがとう!!是非、読んでみてねっ(^^) 優しくて良い子達よ~・・・お勉強は嫌いだけどねっ、ある意味心配。毎日怒られてるお兄ちゃん達の事聞いてて、どんな風に成長するのかしらね~?
by yomuyomuehon | 2010-05-11 11:14 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(2)