人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

せなかをとんとん



読んであげるなら 5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


そのひ しんぺいは、はじめて さかあがりが できるように なりました。

たつやは まだ できません。

「こう やるんだよ」

しんぺいは、もういちど まわってみせました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


しんぺいが鉄棒から下りた時、たつやが、お父さんを見つけ、

「おとうさあん。」

たつやのお父さんは振り向いて、笑いながら手を上げました。


その時、しんぺいのお父さんが、たつやのお父さんの前を歩いているのが見えました。

逆上がりが出来るようになったのを見せたい!

しんぺいは一生懸命走って、お父さんの背中をとんとん叩きました。

しんぺいのお父さんは耳が聞こえないのです。

お父さんと話をする時は、両手で言葉を作って話します。

しんぺいは、それを変だとも不便だとも思ったことはありませんでした。

公園に戻り、逆上がりを見せると、お父さんはとても喜んでくれました。


しんぺいはお父さんに話し掛ける時には、せなかをとんとんします。

お父さんの心のとびらをノックしているようで、しんぺいは嬉しくなります。

そして、お父さんは必ず笑って振り向いてくれます。

でも・・・


* * * * *


耳の聞こえないお父さんと一緒に歩いている時、起こった出来事。

それはしんぺいにとても悔しい思いをさせたのでした。

道を尋ねて来たおばさんは、「あらっ、耳が聞こえないのね」と、立ち去ろうとするのですが、その態度がしんぺいの心に、深い傷を付けたのでした。

きっとお父さんにとっては、初めてではない事。

でも、今まで不自由を感じた事の無いしんぺいにとっては、かなりショッキングだったはず。


私がおばさんの立場だったら、どうするかしら・・・

「ごめんないさい」と言って、立ち去ってしまうかもなあ


障害を持つ者と持たない者が、一緒に暮らす社会

障害を持つ人が、決して特別じゃないって思える社会。

それが本来あるべき姿だと思うのですが・・・


でも、私自身どうなのかな?

子供達の手本になっているのかな?



そして叶わない事と知りながら、一度で良いから、遠くにいるおとうさんに大声で呼びかけてみたい、

そして「しんぺい」と呼んでもらいたいとも思っています。

障害を持つお父さんと息子の関係が、さわやかに描かれたお話。

決して悲しいお話ではないのですが、深く考えさせられます。


* * * * *


高齢出産の為、どうか無事で生まれて来て!って事ばかり考えていた妊娠後期。

何があっても、それを受け止めて行くしかないねと主人と話した事もありました。

幸い、五体満足で生を受け、今のところ良く飲み、良く寝る、いい子ちゃんです。


ところで、上の二人が生まれたのは、世田谷の生育医療センター。

そこには、重度の障害を持つ子供達がたくさん入院、または通院していました。

私を担当してくれたのは、日本に数人しかいない、胎児治療の出来るH先生。

そんな子供達を見かける通院の度、心配になる私でしたが、超音波検査で何も問題ないですねって言われる度、ホッとしたものでした。


しんぺいのお父さんは、子供の頃の病気が原因で、耳が聞こえなくなりました。

五体満足で生まれてきた後も、子供が成長するまで心配は尽きませんね。


一人目のそうたは、今思えば神経質に育てていたのでしょうが、たいちに対しては、何でも、やってみたら!って感じで育てている事もあり、かなりのやんちゃ者。

道路の縁石を、手を繋がなくても一人で走れる程の、運動神経の良い2歳6ヶ月。

今のところ、怪我一つせず育っていますが・・・

出産直前まで、一日3キロ~4キロ歩かせていたので、今は体力を持て余している様子です。


今日は年長さんの遠足に、一緒についていく予定が・・・雨で中止。

いかない!やだ!と言いながらも、今朝も母に連れられて出掛けて行きました。


出産後、毎日たいちの面倒を見てくれる母も、昨日は予定があって、家に居たたいち。

昨日の陽気で、一日中家の中は可哀想と思い、車でいつもの公園に連れて行き、しばし水遊び。

ほんの2時間弱のお出掛けでしたが、やはり私にはキツかった。

お昼寝せずにはいられなかった私です。

しかし、夜中の愚図り方を見ると、十分に外遊びさせてやりたいのですが・・・

う~ん、難しいところですね。


それにしても朝9時から1時間かけてオッパイ飲んで、仕事中の主人の手を煩わす事無く、3時間ぐっすり寝ていてくれた天使ちゃん。

あなたは本当に偉い!!

オムツはビショビショでしたけど・・・

まだ生後一週間ちょっとなのに、夜中もまとめて寝てくれるので、上の二人の時よりかなり楽です♪


* * * * *


出産時から、コメントくれた皆々様。

そしてブログを覗いてくれてる皆々様。

本当にありがとうございます。

まとめてで申し訳ありませんが、心よりお礼申し上げます。


暫くは、更新頻度の低い状態が続きますが、たま~に覗いてくれたら嬉しいです。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-04-22 11:43 | 愛のある絵本