絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

月へミルクをとりにいったねこ

アルフレッド スメードベルイ
福音館書店
発売日:1996-02-01



読んであげるなら 5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

あるところに、かあさんねこと 4ひきのこねこが くらしていました。

かあさんねこは こねこたちを りっぱなねこにしようと、とてもたいせつに そだてていました。

ねずみのとりかたや のどのならしかた、うなりごえのだしかたや・・・・をみっちり おしえ、

えいようたっぷりの うしのミルクを まいにち たくさん のませました。

ところが、あるひ、たいへんなことになりました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


猫たちの住んでいる農家の、牝牛の乳が出なくなってしまったのです。

困った母さん猫は、犬小屋の上で、どうしたものかと考えました。

すると犬が出てきて教えてくれました。


「ねこさん、月のなかに なにがみえる?」

「おじいさんと おばあさんが おけをはこんでいるわ」

「あのおけに なにが はいっているとおもう?」

「もしかして・・・・・ミルクなの?」

「そうさ。ミルクがほしいなら、月へいけばいいんだ」



月に向かって、一目散に走りだした母さん猫。

その後を、ブタ・雄鶏・子牛が着いて来ました。
e0160269_6443860.jpg

ところが、途中でブタが、雄鶏が、続いて子牛までも脱落。


残された猫は、月を追いかけ、諦めず走り続け、森を抜け、沼を渡り、野原や丘を通り過ぎ・・・

やがて広々とした原っぱへ。

辺りは既に白み始め、月は見えません。

ところが、原っぱの向こうの農家に目をやったとたん、牛小屋の後ろが、かっと明るくなりました。

「月ったら、あのうしごやに かくれたのね。」

ねこは まっしぐらに かけていき、いきおいよく うしごやに とびこみました。

そこには・・・・


* * * * *



猫の母さんが、牛のミルクを子猫にあげるなんて・・・何だかおかしい!?

でも、最後まで諦めずに月を追いかける姿には、とっても深い母の愛を感じますよね(^^)


昨今、幼児虐待の記事が目立つ新聞記事。


自分の子供を身篭った時の喜び、そして産声を聞いた時の感動、

初めて抱っこした時の温かさと命の重み・・・

どれを思い出しても涙せずにはいられないはず・・・じゃ、ないのかなぁ?


そんな私も、

公園から帰り道、抱っこ!抱っこ!と言うたいちを、泣かせながらスタスタ歩いている姿は、周りから見たら虐待に映るのかしら?


* * * * *


さて27日土曜日の妊婦検診で、お腹の赤ちゃんは2857gになっていました。

段々と、激しくは動かなくなって来た赤ちゃん。

超音波検査では、殆ど隙間がなくいっぱいいっぱいです。

上の二人は、3000gを切って生まれてきました。

なので、私のお腹もこれ以上大きくなる事を覚えていないのです。

もう、お腹はパンパン。

先生は、子宮口も柔らかくなって来ているし、いつ生まれてもおかしくないと仰います。

確か先週も、そう言ってたよなあ・・・


でも、赤ちゃんはまだ下がりきってない感じ。

胸も大分張ってきたし、そんな先の事ではないのでしょうが、このまま予定日まで行っちゃうかもねぇ。


今日から大潮。

前回の大潮の時は、地震による津波等も重なって、かなりの出産ラッシュだったようです。

統計に拠ると、大潮の期間は、日本では出産が1割増しになるそうですね。

赤道に近い地域は、この影響を受けやすいとか・・・


でも、そうたもたいちも生まれたのは小潮の時。

たいちは計画出産だったので、当てにはなりませんが・・・

決してメジャーな道を歩んで来てない私には、大多数というのはあまり関係ないかも?(^^)





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12387395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-03-30 17:14 x
反省・反省・反省です。
この数日ときたら、それはもう・・・・・。
この絵本を読んで、もう一度息子が赤ちゃんだった頃の気持ちを
思い出さないといけませんね。

『大潮の時に出産かも』なんて言っていましたが、まだまだ
お母さんのお腹の中が、居心地がいいようですね。
生まれてきたら戻れないし、羊水ライフを楽しんでいるのかも♪
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-31 09:47
うさぎちゃん、ありがとう~!!引越しで忙しいから仕方ないよ(^^)早く休みが明けると良いね。やはり一人で片付ける方がはかどるもんね~。昨日は生まれた?ってメールが複数届きました。今朝もまだ変わり無しで~す。
by yomuyomuehon | 2010-03-29 06:48 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(2)