絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ろくべえまってろよ



読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


きょゆーん わんわん

きょゆーん わんわん

ろくべえが、あなに おちているのを、さいしょに みつけたのは、えいじくんです。

「まぬけ」と、かんちゃんが いいました。


e0160269_17422521.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


深くて真っ暗な穴に落ちてしまった犬のろくべえ。

「がんばれ」と励ます事は出来ても、どう救出したらいいかわかりません。

みんな一年生なんです。

ここは大人の力を、ということでお母さんたちを呼んできましたが、全く役に立たず。

近くにいた、ゴルフの素振りをしていたおじさんも、

「人間じゃなくてよかったなあ」と言って、行ってしまいました。

大人は当てに出来ません。

かんちゃんの提案で、みすずちゃんのところの、犬のクッキーを籠に入れて下ろす事に。

クッキーはろくべいえのガールフレンドです。

クッキーの入った籠に、ろくべえも乗るんじゃないかと考えたのです。

やっとの事で籠にロープを結び(一年生には難しい?)、そろりそろりと籠を下ろします。

穴の底に下ろされたクッキーは・・・

果たして、ろくべえを助け出す事が出来るのでしょうか?


* * * * *


穴に落ちてしまったろくべえを励ます子供達。

”ドングリころころ”や”おもちゃのチャチャチャ”を歌ったり、シャボン玉を吹いてあげたり・・・

その発想が、何とも子供らしくて可愛いい。

聞いてる子供は、同じ一年生になったつもりで、手に汗握る感じなのでは?


それに比べ、大人たちの頼り甲斐のない事と言ったら・・・情けないですね~


* * * * *


最近、幼稚園の遊び友達を「なかま」と言うそうた。

グループ分けした飼育当番や、二手に分かれて奪い合い、または仲間を助ける○○鬼を通して、仲間意識が芽生えてくるようなんですが・・・

それにしても、「おともだちが・・・」とは言わず、「なかまが・・・」なんて言うなんて・・・

男の子として成長している感があり、微笑ましい限り。

年中さんで、「なかまが・・・」なんて、言わないでしょ~!?


木曜日も、夕方から始まった前駆陣痛。

治まった所でお迎えに行ったのですが、車内で再びやって来た痛み。

深呼吸して、深呼吸して、深呼吸して・・・・

どうにか収まり、園に入りそうたを探すと、何やらとっても楽しそうな顔で「なかま」と遊んでいます。

呼んでも呼んでも、知らん振り?・・・聞こえてないのか?

やっと私に気付き、お帰りの支度を始めるのかと思いきや、またまた「なかま」の所に行ってしまいました。

それが今までに無い位、本当に楽しそうな表情だったので、早く~っ!とも言えず・・・

いつまた襲ってくるかも知れぬ痛みに怯えながら、嬉しくも、イライラするも・・・複雑な時間でした。


* * * * *


さて、今日13日土曜日の検診からNST検査が加わり、週一回の検診になりました。

お腹は大分下がってきたようです。

でも子宮口はまだ1cmしか開いていないし、赤ちゃんはまだ頻繁に動いているので、

出てくるのは、ま~だまだ先ですね。

前駆陣痛も、痛みに慣れるための予行練習ってところでしょうか?

一人目だったら、パニックになっていたかもしれませんが、まだまだだなあ・・・って感じがあり、

ああ、また前駆陣痛だわ、はっはっはっ!(実際は笑えないくらい痛い時もありますが)ってな具合です。

最近は、以前のように朝4時過ぎに起きれなくて、ヨガをサボっていましたが、反省、反省。

今後は、ブログ更新よりそちらを優先しま~す。

なので、更新が遅れますが、たま~に覗いてみてくださいね~!!


ところで、そうたの「なかま」意識ではありませんが、この所ママ友たちに大変お世話になっています。

本当に感謝です!!

持つべきは友達ですね~。

息子を素敵な園に入れたことで、私も素敵なお友達を、沢山手に入れる事が出来ました。


そしてviveちゃんのブログにも登場するゆうこりんを通して広がった、マクロビや精進料理の世界。

昨日、帰農志塾の方ともお話したのですが、

帰農志の、生命力の強いお野菜たちを食べてるお陰で、家族が皆健康です。

そうたの皆勤賞まで、あと一週間。

順調に妊婦生活を過ごせたのも、そのお陰。


そして赤ちゃんは2690グラムに成長。

しかし私の体重は、3週間前より600グラム減っていました (凄い!?) 

うちは菜食主義ではありませんが、生命力溢れる野菜の力・・・恐るべし!です。


明日は、飯能の山奥まで、お墓掃除に行って来ま~す。

階段がかなりキツイ山の斜面の霊園です。

霊園で生まれないよう、やり過ぎないよう気をつけます  (ふふふっ)  




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12302067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-03-14 12:56 x
子ども達のドキドキ感が、伝わるような絵本ですよね。
当てにならない大人・・・私もかもしれません。

臨月で体重が減るなんて、素晴らしい妊婦さん☆
帰農士の力、健康な野菜の力ってすごいな~とあらためて感じます。
子宮口が開いているのにその余裕?
本当に気をつけて~~~~~。
Commented by kangaroo-books at 2010-03-14 18:38
そういえば、以前に依頼された絵本の件、すっかり返事が遅くなってごめんなさい。
もう少し探してみようと粘ってみたのですが、やっぱり見つかりません。
他の図書館の児童書担当にも聞いてみたのですが・・・
もしかしたら、月刊絵本や雑誌の類なのかなぁとも思います。
こどものとも、キンダーブックは調べてみたのですが、それ以外のおはなしがいくつか載っているような雑誌だと調べるのも難しいのです。

子どもの頃に読んだ本に再会することって、本当に嬉しいことだから、お力になれるとよかったのですが、ごめんなさい。
これに懲りずにまた何かあったら声をかけてくださいね。
Commented by 708 at 2010-03-14 22:56 x
こんにちは。そうた、いい顔してるよね。かわいくて、ちゅーしたくなる。kangarooさんの12日のコメント、すごく素敵でした。なんだかとてもあたたかくて・・・。私も今、こうして当たり前の顔してお母さんしてる自分がとっても不思議なんですよ。
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-15 06:46
うさぎちゃん、いつもありがとう!大人不振にならないかって、心配なお話よね!それにしても、痛みに弱かった私がこんな余裕が持てるなんて・・・不思議です。母になるとふてぶてしく?イヤ・・逞しくなるものね~(^^) でも、気をつけます。ありがとう!!
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-15 06:51
708さん、いつもありがとう!ほんとにいつもお世話になってます。そうたはまだまだ赤ちゃんで・・・親が居ない所では?いい顔して存分に遊んでいるようです(^^) 私もこうして母になっている事・・・恐らく親姉妹、友達み~んな不思議に思っている事でしょう(^^) でも、それらしくなるものよね!・・・な~んて、母として、人間としてまだまだですが(とほほ) 親が無くとも子は育つ?まあ、家と園とのリンクは大事だけど、園で友達と成長している方が幅の方が遥かに大きいかもね~
by yomuyomuehon | 2010-03-13 17:56 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(5)