人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちいさいおしろ

ちいさいおしろ_e0160269_14053100.jpg


サムイル・マルシャーク
学習研究社
発売日:1968-01



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

「やあ、ひょっとこの じいさん。あんた、どうして こんなところに いるんだね。」

「おや、あほうの じいさん。おまえさんこそ、どうして こんなところに いるのかね。」

「どうしてだって?わしは、な、こどもたちに こわーい はなしを してやろうと おもってさ。」

「すると おまえさんは、こどもたちを かわいそうだと おもいなさらんのかね。

こどもたちは ちいさいのですぞ。びっくりして なきだしてしまいますぞ。」


ちいさいおしろ_e0160269_1495640.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


意地悪なじいさんと優しいおじいさんの会話から始まる、マルシャークの戯曲。

仲直り?した二人が始めたお話はこ~んな感じです。


ひろい のはらに 一けんの

ちいさい おしろが ありました。

ひくくもなければ たかくもない。

とっても すてきな おしろです。

ぬまから かえるが やってきて

のぞくと もんが しまってる。


「これこれ、おしろよ、もん あけろ!

ちいさい おしろよ、もん あけろ!

おしろに いるのは だれですか、だれですか。

ここに いるのは だれですか、だれですか。」




何の返事も無いお城の中に入ったカエル。

そこへ、ネズミにオンドリ、ハリネズミが次々やって来て、皆で暮らすことになりました。
ちいさいおしろ_e0160269_14101265.jpg


そしてある日突然やってきた、腹の減ったオオカミ。

勿論、皆門を開けるはずは無く・・・・


オオカミは、森へキツネを探しに出掛けました。

キツネの知恵を借りようとしたのです。

腹ペコのキツネは、オンドリを食べたいけれど、お腹が空いて力が出ない。

キツネが馬鹿力のクマさんが居たらなあって思っていると、運のいい事にクマさんがやって来ました。

そして3匹は小さいおしろに向かいました。


お城の門の前にオオカミ、そしてその後ろにクマのくまきちが並び、えっさえっさと押しますと・・・

(キツネは狡賢いので、脇で掛け声ばかりです。)
ちいさいおしろ_e0160269_14102917.jpg

「みろ、きつねくん、いたが めりめり いってるぜ!」

「そいつは ちがう。いたじゃない。ほねが みしみし おれたんだ・・・

とんまの くまめ、おれを つぶしてしまいやがった!・・・・」


森のねぐらに、ひょろひょろ帰って行ったオオカミ。

そして、今度は門の下から片足突っ込んだくまきちは・・・


さて、ちいさいおしろの門は破られてしまうのでしょうか?

小さな動物たちの運命や如何に!


 * * * * *


最後は、またまた意地悪じいさんと優しいおじいさんの会話で締めくくられます。

90ページ程の長いお話なんですが、7・5調のテンポの良い展開で、スラスラ読めてしまいます。

この所、そうたが続けて毎晩もって来るこの絵本?  (いや、幼年童話ですね)

読むのがこれ一冊でも、結構疲れるのに、二冊目に持ってきたりするので・・・ほんと、疲れます。

特に今週から臨月に入るので、息が上がってしまいそうです(泣)


2月の初めにNママと行った、逓信博物館での「滝平二郎 遺作展」で、この原画を見ました。

ん、ん?サムエル・マルシャーク作?

そうです!あの「森はいきている」の、サムエル・マルシャークです。

サムイル マルシャーク
岩波書店
発売日:2000-11



二人が係わった作品なんて~!という事で、早速借りてきました。


この「ちいさいおしろ」は、同名のロシア民話を元に、

「きつねとおんどり」(別名「ねことおんどり」)の民話の場面を取り入れて、再創造されたもの。



語り手の二人のおじいさんは、戯曲上演の歴史の中で、新たに作者によって付け加えられたものだそうです。

そして戯曲というだけあって、ペープサードで楽しみましょう!と、そのやり方も巻末に載っています。


1968年初版のこのお話。

古い本にありがちな、7・5調の語り口が、なんだか良いでしょ?

今、こういうお話にあたると、逆に新鮮ですよねっ!

是非、歌うように読んでみてくださいね~♪

ちなみにこの本、今は買えませ~ん。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-03-08 14:13 | 幼年童話