絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スーホの白い馬



読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

中国の北のほう、モンゴルには、ひろい草原がひろがり、

そこに住む人たちは、むかしから、ひつじや、牛や、馬などをかっていました。

このモンゴルに、馬頭琴という、がっきがあります。

がっきのいちばん上が、馬の頭のかたちをしているので、ばとうきんというのです。

けれど、どうしてこういう、がっきいができたのでしょう?

それには、こんな話があるのです。

e0160269_623925.gif



 * * * * *


(以下、あらすじです)


昔モンゴルの草原に、スーホという貧しい羊飼いの少年が、おばあさんと二人きりで住んでいました。

ある日、スーホは地面に倒れていた生まれたばかりの白馬を見つけ、家に連れてきます。

白馬は、スーホの心を込めた世話のお陰で、立派な馬に成長しました。


ある年の春、町で競馬大会が開かれ、勝者には殿様の娘と結婚させるという知らせが伝わって来ました。

皆に勧められたスーホは白馬にまたがり、草原を越え、競馬の開かれている町へ向かいました。


けいばが、はじまりました。
e0160269_6232538.gif



馬は、とぶようにかけます。でも、先頭をはしっていくのは・・・・・

白馬です。

スーホの乗った、白馬です。



一等になったスーホの白馬。


ところが殿様は貧しい羊飼いであるスーホを見て、約束を破り、こう言いました。

「おまえには、ぎんかを三まいくれてやる。その白い馬をここにおいて、さっさと帰れ!」

それをきっぱり断ったスーホは、白馬を取り上げられ、散々打ちのめされます。

友達に助けられ、やっと家まで帰って来たスーホ。

何日か経ち、傷はやっと治りましたが、白馬を取られた悲しみは消える事がありませんでした。


一方、殿様に取り上げられた白馬は・・・

沢山のお客を呼んで白馬を見せびらかそうと、酒盛りの最中、白馬に跨った殿様。

白馬はその殿様を振り落とし、スーホの元へ逃げました。

それも沢山の弓矢を背に受け、傷だらけの状態で、走りに走り、大好きなスーホの元へ。


その晩、やっとの思いでスーホの家へたどり着いた白馬でしたが・・・

「白馬、ぼくの白馬。死なないでくれ!」

でも、弱り果てていた白馬は・・・


 * * * * *


モンゴルの楽器、馬頭琴にまつわる民話。

モンゴルに何度も足を運び完成させた赤羽(あかば)末吉さんの画。

モンゴルの空気や匂い、温度まで伝わってきそうです。

涙無くしては読めないお話。

競馬で一等になる下りの高揚感が特に高いためか、その後のスーホや白馬が可哀想で可哀想で・・・

しかし、決して悲しみで終わるお話ではありませんよ。


 * * * * *


幼稚園で26日金曜日に行われた、「スーホの白い馬」の読み語りと歌の鑑賞会。

対象園児は、年中さんと年長さんです。

親も一緒に鑑賞出来るのですが、静かな雰囲気の中聴かせたいという意図の下、小さい子供の入場は禁止です。

昨年はたいちを母に預け、観に行ったのですが、今年は今週の歌の会に、再びいらして頂けるので、そちらを鑑賞します。

語り、オペラ歌謡、ピアノ、そして打楽器を担当されるお父さん・お母さん。

4方とも、卒園時のお母さんであり、在園児のお父さんです。

本当に素敵な幼稚園でしょ!

そして帰って来たそうたの感想は・・・「おもしろかった~!」・・・!?

年中の息子は、まだ涙を流すまではいかないようですね。


まるでモンゴルの草原にいるかのように引き込まれる素晴らしい語り。

そして麗しい歌声。

素敵なピアノの旋律と、目の前に馬が走っているかのように聞こえる太鼓の音。

あまりの感動に、昨年は涙が止まりませんでした。


そんな素晴らしい環境でこのお話を聞けたら、勿論最高ですが、

この絵本を読むだけでも、十分な感動をいただけるでしょう。

なんたって赤羽末吉さんの絵が素晴らしいですからね(^^)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12231672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by melmo-44 at 2010-03-01 09:03
先日息子に読みました。読み終わってから馬頭琴のCDをかけたの。
そしたらすごく興味を持ったみたいでね、毎晩「今日も馬頭琴が聴きたい」って。
生演奏はいいですよね。もっぱらCDばかりだけど、一度 馬頭琴の生演奏を
聴いてみたいな~!
Commented by ピヨピヨっち at 2010-03-01 17:06 x
こんにちは♪

スーホ。
懐かしい!
教科書で勉強しました。
小学生の私には、まずこの絵がインパクトがあったのを覚えています。
モンゴルという国は、どういう国なんだろう。
まわりいっぱいに馬がたくさんいるのかな…。
と、いろいろな思いを巡らせたことも印象的です。

大人になって読みなおすと、童心のころに落し物をとりに帰るような感覚になります。
実感の本棚にまだあるので、今度、読んでみようかな、と思います。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-03-01 23:37 x
スーホとの出会いは教科書。
躍動感あふれる文章と赤羽さんの絵がとても素敵ですよね。
白馬が広大な大地を駆け抜ける映像が浮かびました。

スーホの鑑賞会は、昨年参加しました。
感情豊かな読み語り、音楽、歌声に本当に感動しました。
自分で読むのとは全く違いますよね。
ご想像のとおり、涙・涙でした。
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-02 07:18
うさぎちゃん、ありがとう!子供の頃の感動と大人になって子供を持ってからの感動は、また違うよね~!特に涙もろくなったこの年代になるとね。鑑賞会の印象が強すぎて、つい大げさな読み方になっちゃうのが難点!
Commented by あいあいさー at 2010-03-09 03:54 x
ゆりさきママです☆
さっそく遊びに来たよ(^-^)♪

スーホの白い馬。
先週の図書貸し出しで借りてきたんです!

昨年の鑑賞会は参加したのですが、読み聞かせるのは初めて…
(小学校で読んだ記憶はあったけどね)
yomuyomuehonさんと同じで
いつのまにやら感情豊かな読み方に(笑)

読み聞かせる母子の後ろで
ソファにくつろぎながら小説を読んでいたダンナから
鼻をすする音が・・・

も、もしかして!
ワタシの読み聞かせがすばらしくて(?)感情移入しちゃった???

さきも滲んだ涙をぬぐっているのか、目をこすりつつ、聞いていました。

そうたも鑑賞会では涙しないまでも胸をぎゅ~っとつかまれる感じは
あったんだと思うよ・・・
きっと太鼓のコラボとかが印象的だったんじゃないかな?
さきも楽しそうに鑑賞会のこと話してくれたから

馬頭琴の演奏CDあるんですね!!
わたしも聞いてみたいですわ♪

Commented by yomuyomuehon at 2010-03-10 09:49
あいあいちゃん、待ってたわ~♪コメントありがとう!そうか、パパも涙したのねっ、きっと貴女の読み方が良かったのよ。ほんと、あれを聞いた後は大げさに読んじゃうよね(^^) 馬頭琴のCD、一人でゆったり聴きたいね!走りながら・・・じゃ、無理か!?つい、ゆったり歩いちゃいそうよね。また、来てね~!!
by yomuyomuehon | 2010-03-01 06:28 | 昔ばなし | Trackback | Comments(6)