絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ももたろう



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


むかし、あるところに、おじいさんと おばあさんが すんでいました。

おじいさんは やまへ しばかりに、おばあさんは かわへ せんたくに ゆきました。


あるひ、おばあさんが かわで せんたくをしていると、

かわかみから、ももが つんぶく かんぶく つんぶく かんぶくと ながれてきました。

おばあさんが ひろって たべてみると、なんともかとも おいしい ももでした。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


そしてまた流れてきた、大きい美味そうな桃を持ち帰りました。

柴刈りから帰ってきたおじいさんに食べさせようと、桃を割ろうとすると、

桃がじゃくっと割れて、中から可愛い男の子が生まれました。

男の子は桃から生まれたので、桃太郎と名付けられました。


二人に大切に育てられた桃太郎は、力持ちで、その上とても賢い子になりました。


ある日の事、一羽のカラスがやって来て、

「おにがしまの おにがきて、あっちゃむらで こめとった。があー があー

こっちゃむらで しおとった。があー があー

ひめを さろうて おにがしま。があー があー」


と鳴きました。


それを聞いた桃太郎は、おじいさんとおばあさんの許しを請い、鬼が島に鬼退治に出掛けました。

桃太郎は途中出合った、犬・猿・雉をお供に、おばあさんが作ってくれた黍団子を食べ食べ、山越え谷越え、海越え、鬼が島へ。

(この犬・猿・雉の登場順序は大切です!間違えないようにね!)

日本一の黍団子食べた桃太郎たちは、鬼どもを片っ端からやっつけました。

おわびに宝物を差し出す鬼に「たからものは いらん。おひめさまを かえせ」とお姫様を取り返し、

それ以降村には鬼は来なくなり、桃太郎はお姫様をお嫁に貰って、いつまでも幸せに暮らしました。


 * * * * *


誰もが知ってる日本昔話ですが、この本に勝る『ももたろう』は無いのでは・・・

赤羽末吉さんの、日本画を想起させる水彩画が味わい深く、格調高いですね~!


そして、独特の擬態語と言葉のリズムも、とっても心地良いんです。

桃の流れてくる「つんぶく、かんぶく」 、桃の割れる「じゃくっ」 、赤ちゃん桃太郎の泣く声が「ほおげあ、ほおげあ」

「鬼が島の鬼が来て、あっちゃ村で米とった。こっちゃ村で塩とった。姫をさろうて鬼が島」など。


そしてハッピーエンド!

小さな子供にピッタリの絵本です。

 
鬼が島を目指し大荒れの海を越えていくシーン。

桃太郎の眼はとても力強く勇ましい。
e0160269_6515714.gif



鬼を退治して姫様を取り返し、穏やかな明るい海を帰るシーン。

皆、とっても温和な表情です。
e0160269_6521595.gif


その辺りの絵も、よ~く見てみてね!

さすが赤羽さん!

ところで、恥ずかしながら、『あかばね』さんじゃなく、『あかば』さんだって事、この絵本で知った私です。



この絵本の中でただ一つ、桃太郎が宝物を持ち帰らなかった事だけは解せないのですが・・・


 * * * * *


「ももたろう」については、たくさんの絵本が出ています。

是非、読み比べてみてください。

私は小澤俊夫さんと赤羽末吉さんのを読んでみたいと思ってます。

こちらのは赤羽さんの最晩年の作品のようです。

どんな風に違うのか・・・




その際は、お供の犬・猿・雉の順序が正しいものを選んでね。

3匹には、村から山へ行く道すがら会うので、この順序は大切ですよ~!


 * * * * *


昨日は節分。

幼稚園でもやったらしい豆まき。

年中さんが作った4体の鬼の後ろに隠れて、年少さんを驚かすように飛び出す年長さん扮する鬼。

それを年少さんが退治するらしいのですが・・・

果たして泣き出した子は、どれ位いたのかしら?

そしてそうたたち年中さんは、ひろ~い園庭で、M先生扮する鬼をやっつけたようなんですが・・・

家に帰って来てから、いつもと違い何だか大人びた様子のそうた。

食事の様子も話す内容も、たいちへの接し方もお兄ちゃんになっていました。

一つ一つの行事を超えて、段々成長していく様子、これからも楽しみです。


しかし今朝方、久しぶりに大量のオネショをしちゃいました。



そして園では、今日から新入園児の一日入園が始まります。

いよいよ、春です!



こちらは家での豆まきの様子

e0160269_754325.jpg






続きはこちら
 ↓ ↓ ↓





先日、雪が降った前の日の夕方、お迎えの時に会った音楽療養士のYママ。

そうたの作った歌に曲を付けてくれたと、冷たい雨の降る中、美しい歌声で歌ってくれました。

その楽譜を、昨日頂きました。
e0160269_6575738.jpg


ベルまで貸してくれて、これで歌ってみて~!って事なんですが、私音符は読めますが・・・

折角作ってくれた曲が違うものになりそうです~っ。

兎に角、頑張ってみます!



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12087420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 708 at 2010-02-04 13:52 x
私にとっての桃太郎は、まさにこれです。懐かしいなあ。
いっぱい食べればいっぱいだけ、っていうくだり(セリフが違ってたらごめんなさい。)も好き。いま読むと赤ん坊の桃太郎のふくふくしてかわいいこと!おうちでの豆まきも楽しかったのね!良い一年でありますように。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-02-04 15:04 x
昔からある絵本は、言葉のリズムが本当にいいですよね。
この絵本を持っていますが、絵も画集のようです。
小澤さんの書いた物と、読み比べがしてみたくなりました。

パパさん、またもや大活躍ですね~。
実は一番楽しんでいたのでは?(笑)
今年の豆まき、息子は泣かなかったようです。
少し成長したのかしら・・・。
Commented by yomuyomuehon at 2010-02-04 16:00 x
708さん、うさぎちゃんありがとう!「いっぱいたべれば・・・」の台詞、間違っていませんよ~。小澤俊夫さんのは童話でした。赤羽さんの挿絵も入っていますが、幼稚園生にはこちらの方が良いですね(^^) 豆まきも、子供が居ると恥ずかしさも忘れ、大きな声を出せますが、二人の時はやってたかな?
Commented by vivera at 2010-02-05 04:57
yomuちゃん♪

人生を味わいつくした晩年の作品、ぜひ読んでみたいな。

パパさん鬼、どこか控えめで可愛い感じがいいね~♪

素敵なYママに作曲してもらって良かったね!
一生の宝物だわ~♪
by yomuyomuehon | 2010-02-04 07:06 | 昔ばなし | Trackback | Comments(4)