絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ねずみじょうど



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

むかし、あるところに、びんぼうな じいさんと ばあさんが おりました。

あるひ、じいさんは やまへ しばかりに いくので、

「ばあさん なにか、たべるものを こしらえて くれねえかい」

と、たのむと、ばあさんは、そばこを こねて そばもちを ひとつ、こしらえました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


山で柴を刈る内にお昼になったので、包みを出して広げると、蕎麦餅がころころ転がって、小さな穴の中に入ってしまいました。

おじいさんが仕方ねえなあとこぼしていると、

「じいさん じいさん、ただいまは、けっこうな ごちそうを ありがとさん。

なにも ないけど、ちょっくら うちへ よって くだされや。

それ、まなこを つむって、この しっぽに しっかり つかまって、な」


と、ねずみが顔を出して言いました。


ねずみの尻尾に摑まって、じいさんは穴の中へ。

e0160269_9301485.gif
立派なお屋敷の、座敷に通されたじいさんに、姉さんねずみたちが歌います

「ねずみのじょうど。ねこさえ いなけりゃ このよは ごくらく とんとん」

「まご ひこ やさご すえの すえまで ねこの こえ きくめえ とんとん」


座敷の一方では、兄さんねずみたちが、もちつきをはじめました。

「ねずみと こびき どしどし ひかねば けんぞく くわんね しちょはっちょ」
e0160269_9303983.gif


また、片方では、こがねとぎをはじめました。

「ねずみじょうど ねこさえ いなけりゃ  ねずみのほうねん しゃきしゃき」


お土産に、つきたての餅と黄金がどっさり入った袋を貰ったじいさん。

気がつくと、始めの穴の外に出ていました。


帰ってばあさんに袋の中身を見せていると、黄金の音を聞きつけて、隣の目腐れじいさんがやってきました。

じいさんの話を聞いて、翌朝欲深い目腐れじいさんは、同じ事を試みました。

蕎麦餅を無理やり穴の中へ押し込むと、ねずみが出てきて・・・



さて、この目腐れ爺さんの行く末は如何に!


 * * * * *


「おむすびころりん」って題名の方が有名なのかしら?

読んでいて心地よい、瀬田貞二さんの見事な再話と、丸木位里さんのやわらかく美しい墨絵が素敵です。

それにしても、『目腐れじいさん』って、ひどい言われ方ですね!



何度も出てくるねずみたちの歌。

恥ずかしがらずに、是非節を付けて歌ってみてくださいね。

難しい事考えなくても、自然に歌えちゃうと思いますが・・・




ねずみ・・・かな~り苦手です。

実家はふる~い家だったので、天井をタッタッタッターと追いかけっこしているかのような、ねずみの足音が頻繁に聞こえました。

それにビクビクした幼少期。

そして、学生時代にレジ打ちのバイトをしていた、新宿の某デパートの厨房に、頻繁に出没していたねずみ。

事務机の引き出しを開けた時、子供を産んでいたのを見た時は、卒倒しそうになりました。

あの尻尾が、ほんとに嫌いです。

でも、絵本なら読めます。

図鑑は嫌だけどね。


 * * * * *


さて、昨日玄米餅を買いに行ってきました。

アグリパークに置いてあるのは、年末年始のみという事だったので、直にヤマザキライスさんに行ってきました。

アグリパークの目と鼻の先にある、ヤマザキライスさん。

とっても感じの良い美しいおばあちゃん(お孫さんがいるので、あえておばあちゃんと呼ばせていただきます)が、お米の作り方、餅の作り方等々、事細かに説明してくださいました。

保冷装置を兼ね備えた、大きな白い屋根の倉庫には、たくさんの玄米が詰まれていました。

農耕機も、北海道かアメリカにでも行かなくちゃ見れないような、かなりでっかいもので、子供達は大興奮!

そして、その玄米は特別栽培米です。


この玄米餅を甚く気に入っているそうたは、お父さんになっても、中学生になっても食べ続けるんだとか・・・

順番がかなり逆だと思うのですが・・・


というわけで、まだ暫く我が家の朝食は、玄米餅が主食になる模様です。


しかし、授乳期には禁物です。

授乳の為に餅を食べろってのは、栄養の取れなかった時代の話。

玄米だから良いかなあと思っても、お餅はかなりオッパイに負担が掛かります。

最近張って来たなあ・・・と思うのは今週9ヶ月に入るからかもしれませんが、この餅のせいかも!

私は控えめに!!



続きはこちら
↓ ↓ ↓




入浴準備のため、階上に着替えを取りに行って降りてきた、私の耳飛び込んで来た悲鳴とけたたましい音!

「キャー、キャー」

「こわいよー、やめてー、やめてー、え~ん、うわ~ん」


ピピピ ピピピ ピピピピ ピピピピピー

「爆発するぞ!大変だ!爆発するぞーっ!」

何事かと、リビングの扉を開けてみると、目覚まし時計を、まるで爆弾を扱うかのように手にした夫の姿。

そして逃げ回る子供達。

そうたは喜んで叫んでいましたが、たいちは大泣き。

ずーっといたずらを繰り返していたたいちが最後にやった、目覚まし時計いじり。

アラームが、大音量で作動した模様です。

初めて耳にした、そのけたたましい音に、パニックになったたいち。

「悪い事ばかりしてるから、時計が怒って爆発しちゃうぞ~!もう、やらないかっ?」

「やらな~い、やめて~、え~ん、うわ~ん」






事の顛末を、私は知らないと思ったそうたが、お風呂の中で説明してくれました。

「まま、さっき、すごかったんだよ」

「何が?」

「たいちがいたずらして・・・とけいがばくはつしそうになって・・・パパがまほうでとめたんだよ~っ」

「そうた、ほんとうにばくはつするっておもって・・・こわくにげたんだ~」



怖かったと言いながら、何だか楽しそうに話すそうた。

こんな事が通用するのは、何歳までなんでしょう?





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12069129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-02-01 17:10 x
おむすびころりんのお話の原型?なのでしょうか。
いいお爺さんと悪いお爺さんの、典型的なお話ですよね。

玄米餅、と~~~ってもおいしいですね。
そうたくんが「おとなになっても」という気持ちがわかります。
ママさんはほどほどにしないと(笑)
それにしてもパパさん、色んなことを考えるなぁ~。
Commented by yomuyomuehon at 2010-02-02 07:03
うさぎちゃん、いつもありがとう!!『おむすびころりん』って題名のお話は自分が子供の頃読んだかもしれないけど、子供に読んだことはありません。松谷みよ子さんの『おむすびころりん』ってのがあるみたいだけど、読んだ事ないの。すみませ~ん。でも『ねずみじょうど』の方が格調高そうでしょ?さて、たいちは全く懲りてない様子です。夕べもやりたい放題で、散々怒られてましたが、どこ吹く風だよ~。
by yomuyomuehon | 2010-02-01 09:44 | 昔ばなし | Trackback | Comments(2)