絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

したきりすずめ



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


むかし あるところに

じいさと ばあさが すんでいました。


ふたりには 子どもが ありませんでしたので、じいさは

1わの すずめをかって、とてもとても だいじに そだてていました。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


ある日、じいさは山へ芝刈りに、ばあさは庭で洗濯をしていました。

するとすずめが、ばあさの煮て置いた洗濯のりを食べてしまい、それに激怒したばあさは、

すずめの舌を切ってしまったのです。

すずめは鳴きながら、山へ逃げて行きました。


山から戻ったじいさはそれを聞くと、とても悲しんで、すずめの元へ謝りに出掛けました。
e0160269_946516.gif

途中、牛洗いどんと馬洗いどんに会い、すずめのお宿を訊ねると、牛を洗うのを、馬を洗うのを手伝えば教えてやると言われます。

じいさは丁寧に洗い、無事すずめのお宿に到着。


喜んだすずめは、じいさをご馳走や踊りでもてなし、宝の入ったつづらを持たせてくれました。
e0160269_94738.gif


それでは、と出掛けた意地悪ばあさ。

同じ様に辿った道なんですが、牛馬の洗い方は雑で、すずめも丁寧にもてなしてはくれず・・・

そして欲張って持ち帰った、大きなつづらの中から出てきた物とは・・・


 * * * * *


最近昔ばなしを気に入って、毎日のように読むようになったそうた。

この「したきりすずめ」もその一つ。

こちらは、石井桃子再話・赤羽末吉画の福音館のもの。



そしてもう一冊読み比べているのが、松谷みよ子作・村上幸一絵のポプラ社のもの。

微妙に内容が異なります。

こちらは「山仕事に行ったじいが、お弁当を食べたすずめを家に連れて帰る」と言う始まり。

山に入ったじいが、馬洗いと牛洗いに、すずめのお宿を教える代わりに言われた事は、馬の洗い汁を、牛の洗い汁を、それぞれ七桶飲めと言われた事。

洗うより、これはかなりキツイ!!



文体は、石井桃子再話の方が優しい印象。

舌を切られたすずめが本当に痛そうなのは、村上幸一さんの絵。

しかし、じいさの優しい顔とばあさの意地悪な表情がよく現れているのは、やはり赤羽末吉さんの方かな?

是非、読み比べてみてくださいね!


 * * * * *

季刊誌「この本読んで!」で連載中の小澤俊夫さんが書かれた、「こんにちは、昔ばなしです」



少し前にこの雑誌で知って、購入しようと思っていたのですが、昨日小松崎先生がお持ちで、勧められて早速購入。



まだチラッとしか読んでいないのですが、その中にあった「昔話はなぜ大切なのか」の章から

テレビやラジオの無かった昔、家庭での団欒といえば、歌や手遊びや、年寄りの語る昔話。

父母は仕事に忙しく、昔ばなしの語り手と言えば、主にお年寄り。

しかし、何事につけてもゆっくりな年寄りが語り手だった事は、子どもをせかす事も無く、時間の許す限り、何度も繰り返して語るという上で、好都合だった。

またそれが、昔話には老人が登場するものが多い事に繋がっている。


果たして現代のお年寄りはいかがなものでしょう?

そしてお話を聞くときは、祖父母や父母の膝の上や布団の中、またはお風呂とか、大人の体温を感じる密接な環境だった。

それが自分は愛されている・信頼されている・価値が認められているという、三つの思いを育て、子どもは自分の力で伸びていく。

昔話が伝えてきたのは、「お話」と「愛情」である。



この、子どもの三つの思いを育てるのは、昔話に限りません。

子どもに読みきかせをする時には、是非体を密着させてくださいね~!!!



ただ、「お話から日本語を学ぶ」という所を読むと、やはりいい語り口の話を選ぶ必要がありそうです。

子どもには無駄の無い、余計な装飾の無い、単純明快な日本語を聞かせてやる事が大切で、そこから日本語を学ぶ。

それには昔話(誰が書いたものでも良いってわけではないですが・・・)は最適ですよね。

日本語の美しい本を読んでいると、本当に気持ちのいいものです。

最近、それが昔話に多いなあって事に気付きました。

是非、皆さんもたくさんの昔話を読んであげてくださいね!!!



ところで小澤俊夫さんの「したきりすずめ」もありますよ。



まだこちらを読んでいないので、近々読み比べてみようかと思います。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/12001859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-01-21 20:03 x
同じ昔話でも、書き手や絵が違うと印象が変わりますよね。
読み比べると面白いな~と思います。
馬や牛の洗い汁は・・・想像するだけでもキツイです(笑)

小澤俊夫さんの舌切り雀、ぜひ読んでみたいです。
Commented by vivera at 2010-01-22 05:32
yomuちゃん♪

いろんなお話の読み比べ、是非してみたいわ。

そういえば『森は生きている』もキャラクターをどう設定するかで
演じ方がガラリと変わるから、こちらもいろいろ楽しめます^^

~~
日にち、2月の教室が決まってからでもいいかな?
『森生き』が終わったら今度はお別れ会の練習が入るの><
Uさんによろしくです♡
by yomuyomuehon | 2010-01-21 09:52 | 昔ばなし | Trackback | Comments(2)