絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チムとゆうかんなせんちょうさん



読んであげるなら 5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


チムぼうやは、かいがんのいえに すんでいました。

チムは、ふなのりに なりたくてたまりませんでした。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


チムは、ボートのおじさんやマクフェ船長と仲良し。

帆綱の結び方を習ったり、航海の話を聞いたり・・・


しかし、チムがお父さんとお母さんに、船乗りになりたいと話しても、

「まだ小さ過ぎるよ。もっと大きくなって、大人にならなくちゃだめ」



ある日、沖合いに停泊している汽船の船長に、別れのあいさつに行くと言うボートのおじさん。

チムを一緒にモーターボートに乗せてくれる事に。


汽船に着くと、おじさんは船長さんのところへ。

チムは隠れてしまい、おじさんはチムの事を忘れて、帰ってしまいました。


汽船が大分走った頃、チムは見つかって船長に怒られました。

そしてただ乗りの分の、仕事をさせられました。


チムは船の暮らしになれ、喜んで仕事を手伝いました。


ある朝風がひどくなって海が荒れ出し、船は岩場にぶつかって横倒しになりました。

船員たちはボートに乗り移り、荒れ狂う海へ漕ぎ出しました。

ところが、皆はすっかりチムの事を忘れていました。
e0160269_7261324.jpg


チムは一人残っていた船長と、甲板の上で、やがて海の藻屑となる覚悟をしました。

いよいよ波に飲まれようとした時・・・


 * * * * *


船乗りになりたくてたまらないチムの夢が現実になった時、そこに有ったのは楽しいことばかりじゃなくて・・・

死ぬかもしれない!という厳しい現実。



甲板に取り残されたチムと船長。

これを最後と覚悟した時に、船長が言った言葉。

「やあ、ぼうず、こっちへ こい。なくんじゃない。……なみだなんかは やくにたたんぞ」 

チムを子ども扱いするのではなく、一人の人間として見た、眩しいほどの船長の格好良い大人の姿。


作者35才の時、心をこめて5才の息子に語った作品です。



男の子ならきっと嵌る冒険物語。

少し背伸びし始めた男の子に、打って付けのお話です。


 * * * * *


さて、昨日の幼稚園の親子登園日。

焼き芋を焼いて頂いていいる間に、ひろ~い園庭で『しっぽ取り』大会です。


まずは子供たちだけで、じゃんけんで二手に分かれて「開戦、どん!」

ズボンに挟んだ、手編みの紐を奪い合います。


年少の頃と違うのは、タックルして奪い合っている男の子達の姿。

そうたは、夕食後に取っている、主人との相撲が役に立っているようで・・・

あちこちでタックルして、倒した相手のしっぽを取っていました。

いくら女の子が強いクラスとは言え、昨日は女の子にタックルしてなかったけど・・・

男の子対女の子の時は、やってるのかなあ?

ひょっとして、やられてるのかも!?



その後は大人対子供。

大分足の速くなった子供たちとは言え、大人には敵わない様子。


そして最後は大人も子供も入り混じり、二手に分かれます。

私は一応妊婦なので観戦です。 (立ってるだけって、ほんと寒い!!)

主人曰く、

「女の人のお尻触っちゃいそうで、取れないよ~、ママたちは平気で取りに来るけどさ」



尻尾を取られたらお終い!じゃなくて、味方が奪い返して来てくれた尻尾を付けて、また参戦できると言う、延々と続く戦い。

大人はバテバテです。


毎日これをやってる子供たち・・・そりゃあ、足も速くなるわね(ふふっ)


そして、負けたチームの子ども達は悔し泣き。

体も心も成長した子供たちの姿を見る事が出来て、嬉しい一日でした。

年中時代も残り2ヶ月です。



ところで、焼き芋目的で行った私でしたが・・・

お腹を空かせた息子たちに、あっという間に食べられてしまいました。

残念!

そうたと野鳥観察会に参加してからの親子登園だったので、私も大分お腹空いていたんだけどなあ。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/11976806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yomuyomuehon | 2010-01-17 07:34 | 冒険の本 | Trackback | Comments(0)