人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まゆとおに




読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)



きたの おやまの てっぺんの さんぼんすぎのしたに、

ちいさな いえがありました。

そのいえには、のっぽの やまんばと

やまんばの むすめの まゆが すんでいました。


あるひ まゆは、おうきばやしのおくで、

とんでもなく おおきな ひとに あいました。

まゆとおに_e0160269_723964.gif



 * * * * *


(以下、あらすじです)


まゆが会ったこの大きな人・・・実は鬼

まゆは、「鹿でもないのに角を生やしているなんて、変わってるな」と思いました。

鬼だと分からなかったのです。


お腹のすいていた鬼は、まゆを食べようと思い、岩屋へ誘いました。


鍋にお湯を沸かそうと、薪を集めてくれ!火を囲む石ころを集めてくれ!とまゆに頼んだ鬼。

しかし、まゆの馬鹿力にビックリ!
まゆとおに_e0160269_7145353.jpg


さて、お湯はぐらぐらと沸きかえり、寒いからお風呂に入れと進める鬼。

それに対し、まゆはいつもお母さんに言われている言葉を思い出しました。

「しんせつな ひとには、いつも、れいぎただしくしなさい」

そこで思いっきり礼儀正しく言いました。

「おさきに どうぞ」

そして鬼を抱え揚げ・・・


* * * * *


富安さんが「やまんばのにしき」を読んで、「子どもを産んだ山姥は、どんなお母さんになったんだろう」と思った事がきっかけで生まれた“山姥とその娘”の物語。

そして出来上がったのが、富安さんの単行本第一作となった『やまんば山のモッコたち』

同じ<やまんばとまゆ>を主人公にした絵本の第一作がこの「まゆとおに」です。


痛快愉快、そして豪快なやまんば親子のお話は、スカッとしますね(ふふっ)



ところで、やまんばとは・・・

日本各地の山の中に住む老婆

かなり背が高く、髪を振り乱し、口は裂け、それはそれは恐ろしい顔をしているのが一般的。

昔から山に住みつく化け物とも・・・こういう怖いやまんばは、昔話によく出てきますね。

はたまた山に住む豊作や、商売繁盛の神様とも言われるとか・・・

一方、出産などで気が狂い山に入った女性という説もあって、特にか弱い女性や子供、また働き者の貧乏人などには優しい面をみせることもあるそうで・・・



礼儀正しく、力持ちのやまんば親子。
まゆ親子は、この辺りの優しさをいっぱいに押し出したイメージの、やまんばのようですね。


ところで、お尻に大火傷を負った鬼は、まゆに抱えられ、やまんば母さんの元へ。

実はこの鬼、やまんば母さんとは知り合いでした。

やまんばの娘と知っていたら、食べようなんて絶対思わなかったのにね。

お尻に薬効を塗ってもらい、山菜おにぎりを頂き、すっかりまゆのお守り役になったのでした。



お話には出てこないのですが、絵に登場しているきつね。

見ている子供たちの気持ちを、代弁しているかのような動きと表情。

是非こちらにも注目してみてね!




春にかけて、こちらもオススメ
 ↓ ↓ ↓
「まゆとりゅう」






* * * * *


さて一昨日、 長谷園の土鍋『かまどさん』が届きました。

おかゆを炊く土鍋の下準備が必要だったので、夕べから『かまどさん』で炊いたご飯を頂きました。


「食べすぎちゃうから、出産後にした方が良かったのに~」なんて言われましたが・・・

確かに旨い!!

夕べは勢いよく蒸気が出てから2分で止めるって時に、ちょっと台所を離れてしまい、おこげを作ってしまって・・・

しかし、そのおこげ部分にお醤油塗って、焼きおにぎり風にしたところ、子供達は大絶賛!

炊飯器で炊いたご飯とは、全く違います。


今日は失敗しないで出来そうです。

吹きこぼれる事も無いし、途中火加減調節も要らないし、簡単です。


うちは5分付き米を食べているので、火を入れてから、蒸らし終えて食べるまでに50分要します。

・・・となると、出来立てを食べるには、パパの協力が必要というか、これはパパの仕事になるのかな?

夕方はお迎えがあるし、お昼はたいちと外遊びして、帰ってきたらすぐご飯だし・・・

う~ん、どうしよう・・・


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

by yomuyomuehon | 2010-01-15 07:18 | 冬の本