人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

とんでけ とんでけ おお いたい!



読んであげるなら 1歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


えーん えーん、いたいよー。

おお よしよし、

みえちゃんの いたい いたいのー



おにいちゃんへ とんでいけー、ほいっ!

とんでけ とんでけ おお いたい!_e0160269_653959.jpg



 * * * * *


(以下、あらすじです)


お兄ちゃんへ飛んでいったみえちゃんの”いたい いたい”

お兄ちゃんから犬のブルへ、そしてネコのフーコヘ、それから・・・


果たして”いたい いたい”はどこまで飛んでいくのやら?

延々と廻り続ける?それとも?



 * * * * *


この絵本を読んだ時、ああ同じ事やってる!って、なんだか嬉しくなりました。

うちの”いたい いたい”は、最後は決まってパパの所。


でも、パパが居ない時・・・ああ、こうやって終わらせるのね!と納得。

今度からこの手を使おう!


「まま~、いたい!いたい!」とやってくるたいちに、

「痛いの痛いの飛んで行けーっ!」をすると、すぐ治ってしまうのが不思議。

そうたもそうでした。

あんなに泣いていたのに・・・


この「いたいの いたいの とんでいけ」って言葉には、とっても不思議な力がありますよね。

勿論、痛いところを触ってあげて、受け入れてあげる事が前提ですけどね。



この絵本のように「おにいちゃんのところへ・・・・」なんて、そうたに向かってたいちの”いたい いたい”を飛ばすと、すご~く怒るんです。

半べそかいたりする事もあったりして・・・

もう、5歳なんだから、うまくどこかに飛ばしてくれないかしらねぇ(ふふっ)


そして「パ~パのお尻に飛んでいけーっ」なんて言った後には必ず、

「パパ、おしりいたい?いたい?」って確認に行く二人です。


こんな事が通用する内が、一番可愛いのかもね~





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

by yomuyomuehon | 2010-01-13 06:10 | 愛のある絵本