絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パトカーのピーすけ




読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


ピーすけは、ゆっくんの いちばんのさいしょの おもちゃです。

ゆっくんが あかちゃんのときから、いっしょに います。

でも、ゆくっくんは、ようちえんに はいってから、あたらしい おもちゃと あそんでばかり。

ピーすけを ちっとも かまってくれません。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


ある日公園に出掛けたゆっくんは、突然の雨に大急ぎで玩具を片付けたのですが、ピーすけを忘れてしまい・・・

砂場に取り残されたピーすけ。

「あら、ピーすけじゃないの」

振り返ると、そこにはゆりちゃんのぬいぐるみの、うさこがいました。


ピーすけとうさこは、二人で家に帰ることにしたのですが・・・

なにせ玩具です。

風に飛ばされるうさこ。

上り坂に苦戦するピーすけ。

野良犬にも襲われて・・・


そこに現れピーすけたちを助けてくれたのは、なんと本物の!?
e0160269_7431223.jpg


 * * * * *


ハラハラ、どきどき・・・玩具の冒険ものがたり。


柳生さんの、躍動的な絵も魅力的!

ピーすけが、坂道を滑るように転がるところなんて、読んでるこちらもほんとにドキドキ!

「あーっ、ぶつかる~っ、誰か止めてあげて~」と、つい応援したくなっちゃう。



読み終えて、「だからね、玩具を大切にしないと・・・」なんて訓示、不要ですよ~

小松崎進先生がいつも仰る事。

読み終えたら、余韻に浸らせる。

何も言わなくとも、子供は自分で考え、気付き、感動する。

こういう内容の絵本を読むと、ついつい余計な事、言ってしまうんですけどね(えへへっ)


 * * * * *


クリスマス・お正月と、玩具が増えた子も多いのでは?

それまで夢中だった玩具に、見向きもしなくなっちゃった・・・な~んて事も!


玩具がいっぱいあり過ぎる事は、良くない事って分かっていながら、家にも玩具が溢れています。

これは良い!と思って買った玩具の他に、

そうたが、大分前に半年程やっていた、しまじろうの玩具・・・

姪達のお古が、次々やってきて・・・

歯医者さんに行く度に、スーパーボールを貰い・・・・

外で食事をすれば、すぐ壊れるプラスチックの玩具を貰ってきて・・・


捨てたり、押入れにしまったりするのですが、それを何かの拍子に思い出して、引っ張り出してくる息子たち。

もう、飽きたのかな~と思っていても、そんな具合でまた使うんですよね。

使い方は進化しているみたいですが・・・


ちなみにちょっと長めのお話ですが、パトカー大好きのたいちは、『パトカーの』って聞こえたら、すっ飛んできて、最後までじっと聞いておりました。

こういった玩具には、あまり興味を示さなくなったそうたより、たいちの方が夢中です。

2歳児に読むには、長いのですが・・・


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *



ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/11934597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yomuyomuehon | 2010-01-10 07:51 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(0)