人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ともだちや

内田 麟太郎
偕成社
発売日:1998-01



読んであげるなら  4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


「いや、はや。よるも ひるも ききみみを たてていると いうのは・・・・」

ミミズクの じいさんは、つかれた くびを まわしました。

もうすぐ、よが あけていきます。



「えー、ともだちやです。

ともだちは いりませんか。さびしいひとは いませんか。

ともだち いちじかん ひゃくえん。にじかん にひゃくえん。」

キツネが やってきます。

のぼりを ふりふり。

ともだちや_e0160269_825283.gif



 * * * * *


(以下、あらすじです)


“ともだちやさん”を始めたキツネ。

“ともだちや”・・・つまり“友達”を売るわけですが、果たして売れるのでしょうか?

買うとしたら、一体誰が?

そして、お代を頂けるのかしらねぇ?


 * * * * *


昨日行ってきました、「この本だいすきの会―暮れの集会in市川」

内田麟太郎さんの「『ともだちや』」でござる」の講演を聞いてきました。
ともだちや_e0160269_82151.jpg

しかし、壇上に掛かった看板は「『ともだちや』」でこざる」

むむっ、“こざる”

あれっ?“ござる” じゃなかったっけ?と思っていたら、書き間違い。

しかし、変なもの大好きな内田麟太郎さんは、そのままで良いと仰ったとか・・・


そうそう、「ともだちや」についての講演のはずでしたが、話は面白い方向へずんずんと・・・

ちょっと北野武風の、本当に変な内田麟太郎さんです。

でもね、こういう人が芸術家なんだなあって納得!


売れない作家時代、家計を支えてくれた奥さんと、小学生の子供が登校した後の至福の時間。

テレビばっかり見てたと仰ってましたが、それも肥やしとなっているようで・・・

シリーズ化するに当たってのパターンの繰り返し、話の前と後に登場するミミズクは、そんなところからヒントを得たとの事。

挿絵を、降谷ななさんに自由に描いてもらったそうで、この絵だからこそ成功したと自ら分析。

そんな話を、ダジャレ大好き・変なもの大好きの、実に変な内田さんは、面白おかしく語ってくれました。

数百人いた場内は、始終大爆笑。




しかし最後は泣ける話。

「まねっこでいいから」を読んでくださいました。

内田 麟太郎
瑞雲舎
発売日:2009-12-01


場内はしーんと静まり返り、私は涙が止まらなくなりました。

このお話についてはまた次回・・・と言いたい所ですが、あまりに重い。

DVの現実を知らない私には書けません。

ただただ涙が止まらなくなりました。

この本を書くことになった背景を、講演会で語ってくださいました。

その内容を見つけましたので、そちらを参考にして下さい。
  ↓ ↓ ↓
「まねっこいでいいから」




内田さんの絵本の絵を担当する方は、やはり内田さんの目にかなった変な方々らしく、絵本のあちこちに遊びが見られます。

それを、とっても楽しんでらっしゃる内田さんです。

その辺のお話も伺ってきましたので、また別の機会に紹介しますね。


 * * * * *


私が一人お出掛けの間、主人が「大豆の脱穀&そば打ち」に子供たちを連れて行ってくれました。
ともだちや_e0160269_8212524.jpg


大豆の脱穀は出来なかったようで、楽しみにしていた無農薬大豆のお土産はなく・・・


しかし主人は初めてそば打ちを体験し、楽しかった様子。
ともだちや_e0160269_823945.jpg

そしてそば好き、天ぷら好きのそうたは、たらふく食べてきたもよう。
ともだちや_e0160269_8211259.jpg

主人は鴨汁がすごく旨かった!と言ってましたが、まさか公園の・・・じゃないよね(ふふっ)






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみません
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

 ↓  ↓  ↓

by yomuyomuehon | 2009-12-27 08:25 | おもしろ絵本