絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ぼうし

ジャン ブレット
ほるぷ出版
発売日:2005-12



読んであげるなら 3、4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


ふゆが きます。

リサは ふゆものを だしてきて

そとに はこびました。

e0160269_7175369.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


物干しに吊るして、風に当てると、靴下が片方飛ばされてしまいました。

知りたがり屋のはりねずみのハリーが見つけ、鼻を突っ込むと、針が刺さって取れません。

仲良しの鶏やガチョウやネコが、それを見て笑いますが、ハリーは負け惜しみを言って、気丈に振舞います。
e0160269_718746.jpg


しかしあまりに馬鹿にされたハリーは、とうとう切れて、

「ぼうしに きまってる。さむけりゃ みーんな ぼうしを かぶる。しらないのっ?」


 * * * * *


毛糸の靴下がハリネズミの針に引っかかったら、そりゃあ取れないよね~。

お気の毒(ふふっ)

先日の野鳥観察会の日、草むらに入って行ったたいちが、もこもこのコートにお土産いっぱい付けて来たのを思い出しました。

まあ、たいちは負け惜しみなんて言えなくて、「まま~、とって~」でしたけど・・・


その後ハリーを見つけたリサは、靴下を外してあげるのですが、考えただけで痛いっ!

仲良しの動物たちは、皆ハリーを馬鹿にしていたのに、実は帽子が羨ましかったようで(うふふっ)


絵が細かくてきれいで、寒い冬の景色なのに、あったかそうなんです。

作者が、デンマークを訪れた時にスケッチしたものが、素材になっているようですよ。

なるほど、セーターや靴下マフラーは北欧カラー

靴下は、サンタさんからのプレゼントが入りそうな感じよ。


 * * * * *


勿論、うちの常夏ボーイは靴下を履きません・・・入園してから買ってもいないので、持ってません。

だって、昨冬は草履で通し、この冬はビーチサンダルなんですもの。

今年は草履を履かないそうた。

濡れると気持ち悪いとか、砂利が目に詰まってイヤだとか・・・


ビーチサンダルも大分磨り減ってきたので、新調するか!と思ったら売ってないのね。

そりゃあ、そうよね。

ここは沖縄でもハワイでもない、木枯らし吹き荒れる関東平野。

巷では、子供たちも皆ブーツを履いてるわ。


なので、ネットで注文したのです。

あかぎれで痛い!痛い!と言いながら、絶対靴も靴下も履きたくないんだそうです。


 * * * * *


「ママ~、サンタさんきたーっ!」

と大声を上げて息子達が、今寝室から下りて来ました。

プレゼントが入るような大きな靴下が、家にはありません。

なのでプレゼントは枕元に。

そのプレゼントとは・・・また次回紹介しますね。








最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


3つもあってすみませ~ん。帰る前にポチッとよろしくね!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

                          ↓  ↓  ↓

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/11839666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yomuyomuehon | 2009-12-25 07:18 | 冬の本 | Trackback | Comments(0)