絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そりにのって

e0160269_6504795.jpg





読んであげるなら 4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


ふみちゃんは、やまの こどもです。

ふゆやまは ゆきで きらきら、

やまは、そりすべりの こどもたちで いっぱい。

e0160269_650253.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


まだ小さいふみちゃんに、お兄ちゃんはそりを貸してくれません。

家へ帰ったふみちゃんは、おじいちゃんに頼みました。


「おじいちゃん。わたしにも、そり つくって。」


「かるくて ちいさな いい そりを つくってやろうな。

ぴゅう ぴゅう とんで、ちきゅうの そとまで とんでくぞ、ふみぼう こわくて なきだすぞ。」



出来上がったそりで、ふみちゃんは滑ります。

原っぱを抜け、村を抜け、そして鹿と駆けっこ
e0160269_651595.jpg


さて、どこまで 行くかな、ふみちゃんのそり。

本当に、地球の外まで飛んで行っちゃうかも・・・


 * * * * *


神沢利子さん・平山栄三さんコンビによる、「くまのえほん2」。

このコンビの作品は、温かくて優しくて、そしてどこか懐かしい感じ。


そんな二人だから、実際あったら恐ろしい結末も(?)、優しいお話になってしまうのね~!

その気になる結末は、是非読んで確認してみてね。


墨で描かれた中、ほっぺと鼻の頭だけが朱色。

雪国の寒さを上手く表現しているし、描かれていない雪の白さが、かえって際立ちますね。


「くまのえほん1-いちごつみ」も春になったら読みたいお話です。

神沢 利子
童心社
発売日:2004-05




 * * * * *


来週の月曜日は、大寒です。

もう山の方では雪が降っているのかしら?


ソリ遊び、楽しいですよね。

この冬は子供たちを連れて行けそうにないので、雪が積もったら、側の公園の築山でやろうかな?

いやいや、やろうかな?じゃなかった・・・やらせたいな!でした。

ついつい、妊婦である事を忘れて、自分がやる気になっちゃって(へへっ)


 * * * * *


さて12月も残すところ、4週間。

大掃除に取り掛からなければ・・・という事で、恒例の実家の大掃除。

今年は、昨日から始めました。

延べ1週間程かかる実家の掃除。

今年はお腹が大きくて、動きが鈍いので、早めに取り掛かります。

しかし、昨日は3時間程で終了することに・・・


なぜって?


お昼に食べたさばの味噌煮。

たいちの大好物です。

調子良く与えていた所、「いたっ、いたっ、いたい~」と泣き出しました。

口を開けさせて、懐中電灯を当てると、あらあら、太い骨が刺さっているではありませんか!

取ろうとしても無理だったので、急いで病院へ。


泣き疲れたのか、車の中で眠ってしまったたいち。

しかし、病院へ着くとおめめパッチリ、元気に傘を振り回しています。

取れちゃったのかなあ?と思って聞いてみると、

「いたい。ほね、さしゃってる」と言うので、念のため診てもらう事に。

すると、骨はどこにも見当たらず、いつの間にか取れていたようでした。


そうたには骨を丁寧に取って与えていた事を反省して、たいちには、

「骨があったら、だしてね!」と言って自分で出させていたのですが、やはりまだ無理だった?


てな訳で、全く進まなかった大掃除一日目でした。







最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/11710008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2009-12-05 23:35 x
色が少ない絵本ですが、それが逆に印象的。
恐ろしい結末って、どうなってしまうのかしら??

たいちゃん、災難でしたね。
骨が刺さる痛さは身にしみてわかっております。
抜けた後も傷がズキズキするんですよね。
どうぞお大事に。
by yomuyomuehon | 2009-12-04 06:58 | 冬の本 | Trackback | Comments(1)