人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

はたけのともだち




読んであげるなら  3歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

おじいさんは きれいずき。

だから、はたけの やさいたちは

きちんと ならんでいます。

はたけのともだち_e0160269_17514692.jpg





 * * * * *


(以下、あらすじです)


毎日、丁寧に野菜の世話をしているおじいさん。

あんまり働いたので、疲れてちょっと一休み。


すると、畑の中から愉快な音が聞こえてきましたよ。

きょうり・なす・とうもろこし・かぼちゃ・・・野菜たちが歌い、踊りだしました。

大根も人参も土の中から飛び出して、牛蒡も一生懸命「うーん うーん うーん」
はたけのともだち_e0160269_17522480.jpg


すぽん!


ノリノリの野菜たち。


やがて、蔓はからまっちゃうし、キャッチボールを始めた野菜もいて・・・

畑の中はごっちゃごっちゃ
はたけのともだち_e0160269_17524467.jpg


あっ、ぴーまんがおじいさんの頭に・・・・


 * * * * *


田島征三さんが自給自足の生活を目指して、東京都下日の出村に移住したのは、29歳の1969年。

そして40代半ば、畑の野菜たちとの付き合いを絵本にしたのが、この作品。

田島さんは、
『畑の野菜たちが夜中にコッソリ他所の畑へ遊びにいっているのも、種類の違う野菜同士ふざけあったり、喧嘩したりしているのも知っていた。』
ですって!


同じ題材の「はたけうた」は、翌年1985年に出版されたものですが、画風が違います。




「はたけのともだち」は後の「とべ バッタ」へ続くものだと、作者は言っています。



確かに、そんな勢いのある画風です。


 * * * * *


毎週金曜日、塾生の届けてくれる帰農志塾のお野菜たち。

あまりの活きの良さに、田島さんが言っていた事は本当かも!って思ったりして。

そして昨日、母が届けてくれた自家栽培の大根・白菜・ブロッコリーに里芋の親芋たち。

またまた我が家の冷蔵庫に入りきれないお野菜たちがいっぱいです。



同じ食材が続くこの時期、頭を悩ますのは献立です。

そんな時役立つレシピ本はこちら
 ↓  ↓  ↓ 


「秋~冬の筑前煮」作りました。

お肉無し、重ね煮しただけなのに、こんなに美味しいの~!びっくりです。

それも調味料は醤油だけ!




そして今夜はおでん。

我が家のおでんには、野菜がいっぱい入ります。

・大根・人参・里芋(じゃが芋が無かったので)
・キャベツ巻き
・えのきと葱は、しゃぶしゃぶ用お肉巻き
・水菜のお揚げ巻き
はたけのともだち_e0160269_1861729.jpg


そのレシピはこの本に載っています。
 ↓  ↓  ↓ 








最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-11-23 06:30 | たべものの絵本