人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ロッタちゃんとじてんしゃ

アストリッド=リンドグレーン
偕成社
発売日:1976-01





読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


「あたいだって、きっとじてんしゃに のれますよ。」と、ロッタはさけびました。

ロッタが うちの おもてもんの てっぺんに こしかけていると、ヨナスにいちゃんと マリヤねえちゃんが、さかのうえから かぜを きって、じてんしゃを とばしてきたのです。

ロッタは やっと これから 五さいです。

だから ほんとうのところは まだ じてんしゃに のれなかったのです。―ひみつじゃなしに!

ロッタちゃんとじてんしゃ_e0160269_4826100.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


5歳の誕生日に自転車を欲しいと思っていたロッタ。

でも貰ったのは、おもちゃの自動車・絵本・縄跳びの縄・ぶらんこ・かばん。

「おまえは まだ しばらく 三りんしゃで がまんするんだね。」とパパは言いました。

プレゼントが気に入ったロッタは、暫く自転車の事を忘れ、新しいおもちゃでとても楽しく遊びました。

でも、もんくや通りを散歩して帰ってきたロッタの目に、赤い三輪車が写ったとき、ロッタは三輪車を蹴飛ばして、「おまえなんかにゃ、もう ぜったい のってやらないんだから。」と悪態をつくロッタ。

「それに あたい、どこで かっぱらったら いいか、ちゃんと しってるんだ。」

(なんて恐ろしい子かしら・・・)

ベルイおばさんちの物置に、そのお目当ての自転車はあります。

でも、大きく扱いにいのです。

その自転車を、ベルイおばさんがお昼寝している間に盗みだしたロッタ。

もんくや通りの急な坂を、バムセを荷台に乗せた自転車を押して上りました。
(バムセとは、ロッタのお気に入りのぬいぐるみ)

「さあ、バムセ、ビューンと とばすよ!」

しかし想定外のスピードで、ロッタの乗った自転車は坂を下っていきました。

「とまれ!とまれ!」

「たすけて!」

ベルイおばさんちの垣根に突っ込み、ロッタは頭からバラの茂みに投げ飛ばされたのです。

驚いて出てきたベルイおばさんに、わめき散らすロッタ。

自転車を盗んだ事も気にはなっていましたけど、相変わらず悪態ついちゃうロッタちゃんです。

ママには怒られるし、怪我はするし・・なんて最悪な誕生日

こうしてロッタはバムセを抱き、いつものようにヨナスとマリヤが自転車で坂を上ったり下ったりするのを、ただただ眺めていることに・・・

すると、パパが何かを引っ張って、向こうからやってきました。

パパの手には・・・


 * * * * *


5歳位の女の子って、こんな感じ?確かに、口は達者ですよね!

うちは息子二人なのでわかりませんが(かつて自分がそうだったかもしれないけどね)、女の子って大変ね(ふふっ)。

口も悪けりゃ、やる事も凄いロッタちゃんですが、感情のままに行動出来る時期って素敵(?)

上の二人に揉まれて、3番目ってところが、こんなに逞しく育った要因かしら?

親からしたら、毎日こんなんじゃ大変ですけどね。


色彩豊かで、描写がとっても細かいんです。

文章は長いけど、その絵を見てたら、飽きずに最後まで聞けるかな?



背景を見ると、季節的には、春から初夏の絵本でしょうか。



そう言えば、映画にもなってますね。
ロッタちゃんと赤いじてんしゃ [DVD]

ロッタちゃんとじてんしゃ_e0160269_481051.jpg


ミニシアター系で、こちらも大変な人気だったようですが・・・

でも、まずは絵本を読んでからね~


 * * * * *


日曜日、そうたは自転車の補助輪を外して、自由に走り回れるようになりました。



運動会を前後して、同じクラスの男の子達が、補助輪を外した事を聞いても、

「ねんちょうさんになってからでいい」と、なかなか奮起しなかった息子。


そうたが練習をしている所に、自転車に乗って颯爽とやって来た、同じ幼稚園の年長さんNとY。

Yはそうたが憧れる年長さんで、運動神経抜群なんです。

一体、それは何インチ?

小学校の高学年で乗るような、大きな自転車を乗り回しています。

聞く所によると、手放しもしちゃうとか・・・あっぱれ!

その姿に刺激され、乗れる様になったんです。


幼稚園から帰ると、外は真っ暗、5時半を過ぎています。

平日は乗る間がありませんが、週末一緒に公園に行く時など、暫くはヒヤヒヤもんです。

そうたは、家の近くの公園の築山から、ロッタのように自転車で下りたいようですが・・・

それは、まだ暫く先ですかね。

ロッタちゃんと違い、楽しいだろうな!よりも怖さが勝る息子、来月5歳です。








最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-11-10 04:16 | ほのぼの絵本