人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ぼく、お月さまとはなしたよ




読んであげるなら 4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


ある夜のこと、クマくんは お月さまを見上げて、考えた。

お月さまに、たんじょう日のおくりものをあげたいな。



* * * * *


(以下、あらすじです)


誕生日も分からないし、何をあげたら良いかも分からない。

クマくんは、川を渡り、森を抜け、山の頂上に登って、話しかけた。

「こんばんは!」

すると、クマ君の声が山々に撥ね返ってきた。

「こんばんは!」

わあい!ぼく、お月さまとおはなししてる。

「たんじょう日、いつですか。おしえてください。」とクマくん。

「たんじょう日、いつですか。おしえてください。」とお月さま。


「えぇとね、ぼくのたんじょう日は あしたです。」とクマくん。

「えぇとね、ぼくのたんじょう日は あしたです。」とお月さま。


「たんじょう日に なにがほしいですか。」とクマくん。

「たんじょう日に なにがほしいですか。」とお月さま。


「ぼく、ぼうしがいいな。」とクマくん。

「ぼく、ぼうしがいいな。」とお月さま。


何をあげればいいか分かったクマくんは、町に出てお月さまにきれいな帽子を買った。

その夜、クマくんは、お月さまによく見えるように、帽子を木の枝にかけて、お月さまを待った。

ゆっくり登ってきたお月さまは帽子を被った。
ぼく、お月さまとはなしたよ_e0160269_6302078.jpg
「ばんざい!ぴったりだ。」

夜の間に帽子は落ちて、クマくんの家の前に転がっていった。

朝になって帽子を見つけたクマくんは、それをお月さまからの誕生日プレゼントだと思い、大喜び。


ぼく、お月さまとはなしたよ_e0160269_6292325.jpg

その時、風が吹いて、帽子を吹き飛ばした。

クマくんは追いかけたけど・・・・・

その夜、また川を渡り、、森を抜け、お月さまと話にきた。

「ぼく、あなたがくれたぼうしをなくしちゃったんです。」

「いいんですよ、そんなこと。だって、あなたがすきだもの!」



* * * * *


毎月参加している「この本だいすきの会」の例会で、以前紹介されて大好きになった絵本です。

「いいんですよ、そんなこと。だって、あなたがすきだもの!」の名台詞を、子供に使う事があると仰っていたF上さん。

絵本の中の素敵な台詞を実践出来たら、なんて素敵なんでしょう!

・・・と思いながらもまだ使った事がありません。

息子が何かやっちゃった時、ぐっと怒りを堪えて、

「いいんですよ、そんなこと。だって、あなたがすきだもの!」と言ってみたいもの。

まだまだ修行の足りない母です。



この絵本はとても落ち着いたトーンで描かれていて、秋の夜、寝る前に読んであげるに最適です。

クマくんの純真無垢な勘違いも可愛らしく、川を渡り森を抜け、山の頂上まで行った健気さも、抱きしめたくなっちゃう程。

ずーっと手元に置いておきたい大切な絵本です。

さて、クマくんが失くしてしまった帽子、またまた素敵な贈り物になってました。

答えは裏表紙にありますよ。


* * * * *


さて、今日はたいちの2歳の誕生日。

最近色々やらかしてくれるやんちゃな息子。

今日だけは息子が何をやっても、
「いいんですよ、そんなこと。だって、あなたがすきだもの!」と言えるかな・・・


昨日主人が買って来てくれた、大好きなマルメゾンのケーキで、一足お先にケーキだけのバースデーイヴ。
ぼく、お月さまとはなしたよ_e0160269_6232911.jpg


今夜の誕生会は、腕を振るいますよ~!




 


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-10-23 12:30 | 愛のある絵本