人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ペトロニーユと120ぴきのこどもたち




読んであげるなら 5、6 歳~


 * * * * *


(以下、あらすじです)


子供たちを家に残し、お使いに出た母さんねずみのペトロニーユ。

お店屋さんでのお買い物の中身は、実に奇妙です。(まあ、読んでみてください)

おいしげりの森を通って帰るペトロニーユに待ち受けていたのは、トンチンカンチン・めだあぐり

(出てくる名前も奇妙です)

わらべ歌に出てくる緑色のねずみだと思い、ペトロニーユを捕まえました。

(このわらべ歌は巻頭に出ています)

わらべ歌の世界そのままに、食べられる所だったペトロニーユは危機一髪!逃げ出しました。


着いた所は、三つ石ドルメン
ペトロニーユと120ぴきのこどもたち_e0160269_15294435.gif

泣いているこの巨石墓に、トランプを教える優しいペトロニーユ。

笑顔になった三つ石ドルメンとさよならして、家に帰るとしましょう。


通る人をわざと迷わせる、まやかしの道なんて所を通ります。

ここでの身の危険もさらりとかわし・・・


しかし、完璧に迷ってしまったペトロニーユ。


今度は、泣き続けるお菓子のマドレーヌに出会います。

マドレーヌは泣き続けたので、あたりはその涙で海になりました。

そこで、ペトロニーユはかなしみぶっとばしキスを試します。

するとマドレーヌはパーンと割れて、なんと中から我が子タルタラン」出てきました。


ペトロニーユには何が何だかわかりません。

(私にも、何が何だかわかりませ~ん)


タルタラン曰く、怪物が来て皆をさらって行ったと。

さあ、どうする!ペトロニーユかあさん。

子供たちを怪物から助ける事が出来るでしょうか?


 * * * * *


ペトロニーユは、天下無敵の母さんねずみ。


持ち前の根性と運の良さで、自分の身の危険も然る事ながら、120匹の子供達をピンチから救い出します。

この120匹の名前が、全て載っているんですよ。


買い物に出たペトロニーユは、不可解なわらべ歌に導かれて奇妙な世界に引き込まれてしまいます。

それが本当に奇妙なんです。不思議なんです。

「不思議の国のアリス」を連想させます。

アリスらしき女の子が泳いでいる場面もあるので、影響受けてるのかなぁ。


あらゆる生物・・・生物だけじゃなく石とか食べ物とか鍋とかにも、顔があって生きています。


描写も細かくて、面白いので、こんな世界が好きな子には大受けでしょうね。

食べ物もた~くさん出てきます。

チーズ紅茶なんて奇妙なものも!


そうたは、むむーっ?って顔してました。


私が子供の頃に出会っていたら、ものすごーく好きな本になっていたでしょうね。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-09-16 15:30 | おもしろ絵本