絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

せんねん まんねん


まど みちお
Amazonランキング:203703位
Amazonおすすめ度:



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


あらゆる いのちと   あらゆる ことは

めぐり めぐり   からまりあい   ささえあい   つながりながら

つづいている・・・・



  *  *  *  *  *


いつか のっぽの ヤシの木に なるために

その ヤシのみが 地べたに 落ちる

その 地ひびきで ミミズが とびだす

その ミミズを ヘビが のむ

その ヘビを ワニが のむ

その ワニを 川が のむ・・・・・・・・・・




 * * * * *

時のめぐり、命のめぐりを静かに詠った まどみちおさんの絵本。

静かで力強くて、心の奥深くにしっかりと残る詞は、流石まどさんです。



ヤシの木と違って、静かに命を繋いでいくのは、人間にとって難しいもの。



先の2日は父の命日でした。

18年前の残暑厳しい折、急逝した父。

私は大学を卒業し、就職したばかり。
下の妹達は、大学生と高校生。

余りに早い突然の死に、家族が長く深い悲しみに暮れたのは言うまでもありません。



でも人間って強いもので、しっかり命を繋ぎ、父を写真でしか見たことの無い子供たちが4人。

そしてまた一人、生まれようとしています。

私は三人姉妹でしたので、男の子2人の孫に、父は天国で喜んでいることでしょう。




命を繋ぐ事・・・動物の本来の有るべき姿が、ないがしろにされつつある昨今。

その大切さ尊さを、教育現場でも重要視される教育を、次期政権に期待したいものです。


 * * * * *


そして健康な体を作るための大切な食物

帰農志塾有機無農薬野菜


埼玉県には金曜日に、塾生が朝取りした新鮮野菜を運んできてくれています。

荷分け場所を増やしたいという塾の意向です。

鷲宮町近くにお住まいの方で、興味のある方、是非ご連絡ください。










最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


   *  *  *  *  *

本棚つくりました。
まだ開発中ですけど
覗いてみてね

ブクログ/絵本のおかあさん

   *  *  *  *  *

ランキングに参加しています
お手間取らせて申し訳ございませ~ん040.gif

このお話読んでみたいわ~と思って頂けましたら、
ちょこっと下のバナーを押してくださ~い
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/11045558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kangaroo-books at 2009-09-04 10:28
「せんねんまんねん」好きです。読むたびに、ほぅーっとなります。
まどさんは、すばらしい詩人ですよね。短い詩の中に、千年万年の時の流れをつめこんでしまうのですから。
近々小学校で、ボランティアをされている方に読み聞かせで使えそうな絵本をブックトークする機会があるのですが、その際に紹介しようと思っています。
でも、この詩に込められた意味を理解するのは何年生からだろう?と、悩んでいる最中です。
もしかしたら、ほんの小さな子でもちゃんとわかるのかもしれませんね。
Commented by キュートなうさぎ at 2009-09-04 11:25 x
まどみちおさんの言葉は、短いけれど奥が深いですよね。
だから作詞した童謡も、長くみんなに愛されているんのかも。
この絵本、読んでみたいなぁ~。

お体の調子はどうですか?
亡くなった方の話をする時って、その方がそばにいるそうですよ。
お父様も、にぎやかなyomu家を微笑みながら見つめている
のかもしれませんね。
Commented by vivera at 2009-09-04 21:08
大人も子供も楽しめる絵本って素敵☆

yomuちゃん、そうだったのね。
私も大学2年になった春、突然父を失ったの。
よく似てるね^^
母は今月古希。まだ仕事して毎日を楽しんでるの。
やっぱり女は強いね♪
Commented by 708 at 2009-09-06 22:56 x
子どもにも、詩を読みたいなあと思っていたところでした。すてきな本の紹介をありがとう。そうね、繋がっていくってことは自分の中の時間も止まっていないってことよね。…今日健康チェックをしたら、去年より体年齢が4歳も進んでいて、大ショックでした。実年齢は一歳しかとってないのに…。あんまりだぁ~。
by yomuyomuehon | 2009-09-04 07:09 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(4)