人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ねえ とうさん




読んであげるなら 3、4歳~



(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

もりの くまの子は、
あさ おきて かおを あらいました。
かあさんは、
ホットケーキを やいています。

「ぼく、6まいね」
「だめ、3まいよ」
「はちみつ、3はいね」
「だめ、2はいよ」


  
   *  *  *  *  *


(以下、あらすじです)


こぶしの花が咲いて、父さんが長い旅から帰ってきました。

暫く父さんは、動かない山のようになって熟睡。



やがて目を覚ました父さんと、散歩に出掛けたくまの子。
手を繋ぎ、2匹は森の中へ。

「ねえ とうさん、かたぐるま してくれる?」
「よしよし」

「ねえ とうさん、およいでくれる?」
「よしよし」

「ねえ とうさん、はしが ながされてるよ」
「よしよし」


父さんは大きな木をバキッと折ると、川に橋を渡しました。

「すごい!とうさん」

「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもで うれしいよ。
すごく とうさんらしいもの」

「おれは ただ、くまらしいだけさ。」


その夜は、久しぶりに父さんと母さんの間でぐっすり眠りました。

翌朝のホットケーキ。

「ぼく、3まいね」
「あら」
「はちみつ、2はいね」
「あら」

「ぼく、とうさんに なってから 6まいに するの
-------------くまらしくならなくちゃ いけないんだ」



   *  *  *  *  *


「ぼく、とうさんの子どもで うれしいよ」

なんて言われたら、うれしくて泣けてきますよね。

「おれは ただ、くまらしいだけさ」

と、静かに答える父さんも格好良い!


人生(?・・・くま生)の見本として、くまの子の前に立つ父さん。
父さんみたいになりたいっ!って言うくまの子の気持ち、最後の言葉に表れてます。

特に男の子は、父親を見て成長するようで、
かあさんと二人だけの生活から、大分成長した様子が見て取れます。

家も男の子2人ですからね。

パパーっ、頼むよー!!

 
   *  *  *  *  *


6月21日は父の日

子供が小さいと、母の日も父の日も、自分の親や義父母の事ばかり考えますけど、
私も主人も、該当しているんですね~。

実感無いですけど・・・

母の日を、息子に教えていたふうでは無かった主人ですが、
父の日は息子に教えようかな?

   *  *  *  *  *

今日は朝から片頭痛。

立ったり座ったりするたびに、左のこかみの辺りがズキズキします。
こんな事滅多にないのですが・・・


なので、今日はパパが子供担当。

只今、ザリ釣り&おたまじゃくし掬いに出掛けております。


あ~、静か~


でもパパとだと、す~ぐ帰って来ちゃうんですよね~

結局また、公園に連れて行くことになりそうです。


それにしても痛いっ!


・・・と早速電話がありました。
もう、帰って来るそうで・・・早いっ、早すぎるっ!つ~の



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


   *  *  *  *  *

本棚つくりました。
まだ開発中ですけど
覗いてみてね

ブクログ/絵本のおかあさん

   *  *  *  *  *

ランキングに参加しています
お手間取らせて申し訳ございませ~ん040.gif

このお話読んでみたいわ~と思って頂けましたら、
ちょこっと下のバナーを押してくださ~い
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-06-07 12:44 | 愛のある絵本