絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村


小学高学年以上向け

小学生の時に読んだのは、村岡花子さん訳のものだった。




「小さな家のローラ」に引き続き、安野光雅さんの あ!絵本?シリーズ?の、「赤毛のアン」を読んだ。

「小さな家のローラ」ほど、挿絵は多くないが、漢字には全てルビが振ってあるので、4年生でも読めるかもしれない。




大人となった今、この本を読んでみると、生い立ちは恵まれていないアンが、これほどまでに想像力豊かに、おおらかに、そして熱いものを持ち続けて暮らしているのが不思議ではあるが、

アンは辛い状態になった時、見方を変えて、想像力を働かせ、プラスの発想をする事で身を守ってきたようだ。

舞台であるカナダ・プリンスエドワード島の、美しく豊かな自然が、ローラをさらに想像力豊かな人間に育てたと言える。

逃げることに使う想像力ではなく、その自然の中で幸せギアを一段あげるために。

アンの想像力豊かな言葉で表現されるこの島は、この世で一番美しい場所なのかもしれないと思わせる。

いつか、訪れてみたい。





この本には、「空想」という言葉が何度も登場する。

アンはすぐに想像の世界に飛んでいってしまうような、今で言うならば「不思議ちゃん」なのである。

どんな状況にあっても、アンのこの想像力はフル回転し、いかなる状況からも彼女を救い出す強力パワー。


「Imajgination is more important than knowledge」byアインシュタイン

知識より想像力の方がはるかに重要だと、アインシュタインは言っているそうな・・・


この本↓でも、想像力の素晴らしさを説いている。



「赤毛のアン」を読んでいる間じゅう、小学生の時に近所の一つ年上のTちゃんと、しょっちゅうレンゲ畑や園芸試験場のお花畑に、お弁当やおやつを持ってピクニックに行った時のことを思い出していた。

小さな集落の周りを田んぼに囲まれた、田舎に育った私の行動範囲は、専ら家の周辺だったので、それ以上を知らなかったし、コンビニもショッピングモールもない時代である。

もちろん大きくなって、特に大学生になって、この田舎がイヤになるわけだが、小学生の頃はこのレンゲ畑や、メダカやオタマジャクシを捕まえた田んぼや小川、ザリガニ釣りをした用水が全てだったし、素敵に思えていたと思う。

田植えの時期に、冷たい水がいっぱい張った用水をビシャビシャ走り回ったのは気持ちよかったし、(水の臭いは今でも思い出す事が出来るが、飲める水の臭いではなかった(><))

夏の夜の蛙の大合唱は、眠りを誘う子守歌だった。

しかし都内に住む姪たちが泊ったとき、うるさくて眠れないと言ってたっけ(^^;)

稲刈り時期の、籾を焼くにおいには、秋の終わりの寂しさと共に、家に籠もる時期の始まりを感じる温かさがあった。



世界一美しい場所ではなかったが、「赤毛のアン」に触発された当時の私は、そういった身の回りのものに、これもまた結構想像力豊かだった友達と、次々名前を付けて、目の前にあるのとは別次元の世界を頭の中に作っていたのである。

子どもとは皆、想像の世界で遊べる生きものなのかもしれない。

アンに限らず、アンが特殊なわけではなく。


孤児であるアンは、マシュウとマリラから望まれた子ではなかった。

マシュウとマリラは自分たちの役に立つように、男の子が欲しかったのだが、何の行き違いか、女の子であるアンが送られてしまったのである。

それでもアンの為人を見極めたマリラと、アンを気に入ったマシュウは、アンを引き取ることにした。

アンは2人に、それまでの暮らしぶり・人間性に変化をもたらし、2人はやがてアンなしの暮らしを考えられないようにまでなる。

この、無条件で受け入れてくれるようになった2人に、大事に育てられ、アンの自己肯定感は育つのである。

無条件の愛。

世間では虐待問題が取りざたされてる。

虐待は身体的なものだけで無い。

私も年は取っているものの、大人として親としては未熟な面も多い。

無条件の愛を注いでいるか、いささか微妙である。

100%良い子は居るわけも無く、色んな場面でイライラもさせられるし、がっかりもさせられるし、こちらの気持ちをずたずたにしてくれることも少なくない。

そんな時、言ってはいけないな・・・と分かっていながらも、こちらの、感情を抑えられない生理的理由で、はき出してしまった言葉もある。

先日、虐待に関する新聞記事を読んでハッとした。

このお話は、大人が読んでも考えさせられるのである。

子どもの想像力を潰すことのないよう、シャボン玉が壊れずに遠くに飛んでいくように優しく、無条件に見守る事の大切さや、きちんとした躾の大切さを。

躾か虐待か、迷ったらこの本を読んで欲しい。


さて、夏休みには、近所のお店で買ったアイスキャンデーを持って、樫の木陰が揺れる納屋の屋根に上がって、本を読むのも、まだ見ぬ世界を想像するのも好きだったし、

学校から小一時間の帰り道、雲を眺めては、その中で遊ぶ自分を想像した。

今から思えばちっぽけな(^^;)想像の世界を泳いでいた。

しかし、「赤毛のアン」は、私にレンゲ畑や、想像の海で泳ぐことの楽しさを教えてくれていたように思う。

末娘はまだ読む気がなさそうなので、読んであげたいと思う。

声に出して読むことが、今から楽しみである♪

ようやく「チム・ラビットのぼうけん」を読み終えて、今「メアリー・ポピンズ」を読み始めたところ。







ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-02-20 16:52 | 童話 高学年向け | Trackback | Comments(0)

音楽の視覚化

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

中2の長男の美術の話。

長男は絵を描くことが好き。

特に最近は「ワンパンマン」なる漫画を模写することに熱心で、平日はなかなか起きてこないのに、

日曜日の朝は早くに起きて、鉛筆を走らせる。

学年末テスト直前だって言うのに・・・・


そこそこ上手な絵を描くのだが、音楽を聞いて音を絵に表すとか、気持ちを絵にするとかは苦手なのだと言う。

どれどれ・・・と見せてもらったところで、う~ん・・・悩む。

試験にも出ていた「やさしさ」とか「たのしさ」の表現に対する彼の解答にも、う~ん・・・


本人は、人によって表現はそれぞれだし、どう描こうが自由だと言う。

そうかもしれないけど、これは試験なので、模範的解答があるわけで、自分はこう思うからこれでいいでは点数取れないと思いますけど・・・

そう思うなら、先生に聞いてきたらどうでしょう?

大体、テストに出すくらいなんだから、模範解答ないの?

ない。


○や□や線を使って、さらにグラデーションやリピテーションなどの構成美の要素を用いて、表現する。

それって・・・・

と思って、子ども達がもう読まなくなった、赤ちゃん絵本を取り出してみる。

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

駒形 克己/福音館書店

undefined


「あー、これーっ!小さい時に読んだ記憶が!」

「読んだ!じゃなくて、読んでもらった!でしょう」

箱に入れてしまってから何年?

経年を感じる。

何度も読んだなあ。3人に読んだのに、ぼろぼろではないのは、この本の堅さと厚みのお陰。


構成美の要素の一つであるバランスも学べる。

「ここを隠すとどう?」

「あと どこに○があったらバランスが取れると思う?」

「ここ!」

「うそ・・・」

「それじゃバランス取れないでしょ」

「いいじゃん、芸術は自分の感性だよ」

「あなたがそれで将来成功したら、それが認められるかもね(^^;)」

芸術家は概して子どもの頃、模範的解答が出来なかったらしい。

しかし!

息子の感性は疑問である。

「兎に角、試験は試験。君の感性は二の次です!試験が終わったら自由にやって!」

そして夕飯時、子ども達にこれらの本を読み聞かせたのである。



子ども達が小さい頃、これら中で頻繁に読んできたのは、「もこもこもこ」と「ごぶごぶごぼごぼ」である。

何度も何度もせがまれたし、読んであげればとっても喜んだので、小さな子どもが好きなのは実証済み。


「がちゃがちゃ どんどん」の音の表現に、自分だったら・・・と子ども達は独自の理論を展開する。

子どもの言い分に納得することもあったりして、

私の結論は、こんなの試験に出す問題じゃないじゃん!って事になるのだが、それは息子に言わないことにする。

今回は、音として絵本を読んだのではなく、構成美としての表現に注目。

分かりやすい表現方法だと思って、一緒に借りてきたがこれ↓


それ以上でもそれ以下でもない内容。

やっぱり、元永定正さんはすごい。



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-02-18 13:20 | 赤ちゃんの絵本 | Trackback | Comments(0)

バレンタイン

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



14日のバレンタインデー、急遽昼の読み聞かせに登板することになって読んだのは、この二冊。



読んであげるなら 5歳くらい~

この日は、女の子ばかり1年生が10名ほど。

二人ほど男の子もいたけれど、何やらじゃれ合って聞いてはいなかった様子(^^;)

遊びたかったら他でやって欲しいのだが、それも先生じゃないおばさんの前だからこそ出来ることなのかな・・・と思ったりもして、

多少うるさくても、まあいっかと思える。

昼の読み聞かせは、子ども達が自由に出たり入ったりするので、教室の扉は開け放したまま。

集会や何やかんやの練習で体育館へ向う上級生が、気になって覗いたり立ち止まったりする。



さて、私のバレンタインに良い思い出はない(><)

本命に、作って渡した事はあるが、ことごとく(?)振られた。

でも、あれこれ考えて作っている時が楽しいのかもしれない。

ん、負け惜しみか?(^^;)


末娘はお返しを期待して(^^;)、今年も昨年同様た~くさんの男の子達に配った。

水泳の選手クラスの練習の後は、お祭騒ぎ。

男の子達は、何を恥ずかしがってか、なかなか更衣室から出てこない。

出口では女の子達が、まるで芸能人の出待ちのように待っている。

この体験がはじめてだった1、2年生は、チョコをもらって本当に嬉しそう。

何より本人よりもお母さんが嬉しそう。

友チョコとはいえ、男の子の親ってね、そういうものよね。


案の定だけれども、うちのご子息たちに、

ピンポーン♪

は~い

「あの・・・○○くんいますか?」

「ああ、ちょっと待ってね~」
 
しばらくして戻ってきた息子がチョコを手にしている

・・・・な~んて光景は、今年も拝めなかった(><)


さて、お友達が先月ご馳走してくれた「黒豆と金柑の甘煮をバケットにサンドしたもの」が、とっても美味しかったので、

やっと黒豆を煮て、母からもらった金柑の甘煮を挟もうと、近所のめちゃくちゃ美味しいパン屋さんにバケット目当てで並んだ昨日。

11時半開店の所、11時15分に行ったら、既に8名ほどが並んでいたので、これ以上人気が出ると絶品の食パンが買えなくなるので、場所は教えられない。

そして挟んで食べたら・・・・・う~ん、美味しい♪

(見た目的にはあまり美味しそうにも見えないけど・・・)

e0160269_09161821.jpg



その行列に並びながら読み始めたのがこれ↓


朝日新聞の折々のことばに紹介されていた「教養について」を読んで先日購入したもの。

第一章の「美醜について」を読んでいた。

一言で言えば、女は見た目である、・・・という内容。

すっごいな、ここまで書いちゃうなんて、と驚くべきばっさり感。

この随筆を出したあと、かなりの批判を浴びたようで、それに対して再び意見を述べている。

さらに批判を浴びそうな書きぶりで、閉口せざるを得ないが、私は納得する。

「教養について」を読んでこの本を購入した私にとって、ちょっとびっくりの内容ではあったが、世間の人がそう思っていながらも口には出せない事をズバッと言い切っていることに、爽快感すら覚える。


その通り!はっきり言って女は見た目である。

かつて私がバレンタインでことごとく振られたのも、それに因する。

それに気が付いて、見た目磨きに精を出した20代半ば。

お金と時間を使い、スポーツジムにエステ、さらに服やバックや宝飾品に散財した。

一方、中身磨きは疎かに・・・・

見た目磨きは、続けなければ錆びてくる。

かつては自信のあった後ろ姿も、今や・・・・

若いだけでどうにかなるのは30代初めまでである。

重力と外的ストレス、中から沸いて出てくる衰えに、抗う努力を続けなければ、老化の進行を遅らせることは不可能である。

そしてどんなに頑張ったところで、どんなに美しい人だって、動物学的に考えたら若さには勝てないのだ。


あと二ヶ月もすれば50代に突入する。

いつまで白髪を染めるか?

まだ子どもが小学生だし・・・さすがに真っ白になったら、子どもも可哀想(><)

近藤サトが白髪染めを止めたという話題が出た頃、主人に言われた言葉を忘れない。

「私もいつから真っ白にしようかな?」

「近藤サトは美人だからいいの!あなたがやったら同じようにはいかないでしょ!」

見た目が良いわけではない主人に言われてムカッとするけれども、卑下したところで仕方ない。

末娘には言い聞かせなくてはいけない。

女の子は見た目が大事。

それでも遺伝があるので、愛嬌か。

にっこりしなさい。あなたはかわいい。にっこりしなさい。あなたはかわいい。

言い続けなくては!

ただ、見た目だけでなく、中身は大事。

中身も磨かなくちゃね。

でも、やっぱり世の中見た目なのよ。

それが現実。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-02-16 10:59 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

読んであげるなら 4、5歳~
自分で読むなら 2年生くらい~


私はアリソン・アトリーの作品が好き、そして石井桃子さんの文章が好き。

だから二人の作品は結構家にあります。

読んでいないまま置いてあったり・・・・(^^;)

この本は、いつ購入したものだったかしら?



末娘(小2)は、毎晩水泳の練習から帰ってくると、夕飯食べて、お風呂に入って、そして本を読みます。

そして寝室に行き布団に入ったところで電気を消し、私の読み聞かせが始まります。

この時点で10時を過ぎていて、水泳で疲れてもいて、2行読まずに寝てしまっている事も多く、なかなか進みません。

寝る前に自分で読むようになってから、もう読み聞かせはいらないと断られたのですが、いつ頃からかまた「何か読んで!」と言われるようになりました。

隣で私は自分の読書が出来て良いかなとも思っていましたが、児童書を読む機会が減ったことは残念でした。

こうしてまた復活した読み聞かせの時間は、私にとっても至福の時です。


読み聞かせ用に借りてきてた本も読んでしまい、はて何を読もうかな。

と、目にとまったのがこの本でした。


1年生習う程度の漢字が使われている、2年生ならば一人読み出来る文章で、小さな子にも分かりやすい表現で描かれています。

ただまだまだ文章を読むのが苦痛な子にとっては、この本の厚みは敬遠される理由になるかもしれません。

でも、もう少し大きくなってしまうと、一人読みしても面白いと思えないかもしれないのです。

だから、出来たらお母さんやお父さん等など、大人に読んでもらって欲しいと思います。


第一章はチムラビット(子ウサギ)が雨・風・雹・雷に遭う度、お母さんに何かが自分をいじめると訴える内容。


「なにかが ぼくを おいかけてきたんだよ。」

「なにかが おまえを おいかけてきたって?ぼうや、どんなもの?」

「とっても大きくって、大きなおとをたてたよ。」

「そいつは ぼくのまわりを ぐるっとまわって、ぼくのうわぎを とろうとして、ぼくのずぼんを ぎゅっとつかんだよ。」

「そ、どんなこといったね?なにかいったり、うなったりしたかね?」

「うううう・・・・・  うううう・・・・って、いったよ。」

「ぼうや、それは かぜですよ。」

「かぜをこわがってはいけないよ。かぜは ともだちだからね。」


こんなやり取りが繰り返されます。

う~ん、これは幼稚園生向きだったかな・・・・

読み聞かせしながら私はそう思いました。


しかし、次の章を読み進める内、いやいや面白いぞ!

幼稚園生レベルかと思った私の考えは否定され、子どもばかりか、私までお話を楽しんでいたのでした。


素材も似ていて、よく比較されるビアトリクスポター。

ポターと言えば、ピーターラビットですが、

私はどちらかと言えばアトリーの、グレイラビットの方が好きです。




ある日、畑ではさみを見つけたチムは、それを何だか分からず、家に持ち帰るお話があります。

そしてお父さんに、素晴らしいものをみつけたぞ!と褒められるのですが、お父さんはその夜、はさみをチムが届かない高い所に置くことを忘れません。

しかし!

子どもって言うのはね、こういうもの(^^;)

その高いところのものをどうにかして取ってしまうのです。

だって使ってみたいんだもん!

我が家の次男はそういう子でしたよ(^^)

そのはさみで、チムが切って切って切りまくったものとは?


そうそう!第一章の「かぜはともだちだからね」というお母さんのセリフには意味があります。

それは読んでお確かめください。


さて、娘が寝た後私が今夢中で読んでいるのが、


図書館で予約していたものが、やっと回ってきました。

太陽が地平線の下に沈んで、全く姿を見せない長い長い漆黒の夜・・・・それが極夜。

ノンフィクションでありながら、エンターテーメント的要素も含んでいるので、途中笑ってしまう場面もありますが、こんな本一冊にしちゃって良いの!?

本当に凄い冒険譚です。

真っ暗闇というものは怖いなんてものじゃない。

気持ちが沈みます。

悪い方悪い方へ思考が向かいます。

筆者はその10日間の真の極夜を、「みじめで、世界は死の闇におおわれ、自分でも気付かないうちに神経症気味になっていた」と分析。

再び月が見えるようになると、「世界は一気に息を吹き返した」と書いています。

筆者はこの旅をするにあたり、四年の歳月を掛けて準備をしてきました。

相棒犬と自分の食料を途中の基地に運んだりしてきたのです。

GPS無しで、六分儀という天測器を頼りに進はずが、初っ端の猛烈なブリザードで吹き飛ばされてしまい、方位磁針と星、そして自分の感と記憶だけが頼り。

迷いながらもようやく着いた食料基地。

しかし、それも白熊にすっかり喰い尽くされてしまっていたのです。

絶望のどん底。

しかしこれで終わるわけにはいかない!

食料がない・・・どうするか?

なければ調達するしかない!

海豹(あざらし)か麝香牛か?

でも本当に獲ることが出来るのか?

戻るにしても、往路同様ツンドラと氷床を越えねばならず、厳冬期のブリザードが吹き荒れることもある中を戻るのは危険。

行くも地獄、戻るも地獄。

いざとなったら、犬を食べることも念頭に、筆者は方針を決めたのです。


と、私が夕べまでに読みおえたのは、この本の半分を過ぎたあたり。

毎晩この読書タイムが待ち遠しい♪

この本は買います。

息子たちにも読ませたいので。

極限の中でも冷静に思考し、選択することが出来る男になってほしい、そんな思いをこめて。


いやあ、極夜が開けて、太陽の光を見たとき、筆者がそれをどう表現したのか、楽しみです。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-02-10 11:18 | 童話 低学年向け | Trackback | Comments(0)

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村


読んであげるなら 4,5歳~



(以下、あらすじです)

年をとって、人間からお払い箱となったロバは、ブレーメンを目指して出掛けました。

町の音楽隊に雇ってもらおうというのです。

途中で出会った犬・猫・鶏も皆、ロバと同じく、年を取った故の人間からの仕打ちに耐えきれず、逃げて来た者達でした。

意気揚々とブレーメンを目指すのですが、ブレーメンまでは遠く、一日で着くことは出来ません。

そこで四人は森で一晩泊まることにしました。

木の上で休むことにした雄鳥は、灯りの灯る家を見つけました。

4人はここより寝心地が良いだろうと、その家に向かいます。

中を覗いてみると・・・なんとそこは泥棒の家でした。

お腹の空いている4人は、テーブルの上のたくさんのご馳走を、どうにか自分達のものに出来ないかと、あることを企てたのでした。


*****


この絵本を、昨日5年生に読みました。


もう一冊は、


ゆき (ほるぷ創作絵本)

きくちちき/ほるぷ出版

undefined


意外とね、知っているようで知らない昔話がたくさんあります。

子ども達はとてもしっかり聞いていました。

お話の最後、大爆笑となったのです。

まさか、そんなに受けるとは思ってもいなかったので(^^;)なんだか嬉しい♪

瀬田貞二さんの言い回しは、今時の絵本にないものが多く、一文一文が長いのですが、こんなにも日本語って豊かなのね、と改めて感じる事が出来ます。

子ども達に読む前に何度も練習したのですが、噛むのなんの(><)

句読点でしっかり切って、漢数字の読み方を間違えないようにと、結構練習していきました。


特に最後の泥棒のセリフは、少し早口で焦った感が出るように!


子ども達が爆笑してくれたから、しっかり読めたと思います(^^)


そうそう、漢数字!

このお話は漢数字を習った一年生が音読するのにぴったりなのですよ。

一ぴき、四にん、一にち、四ほう、二三本、一つ、一つき、二ど、一ばん・・・と、

数字だけが漢字で書かれていて、その読み方も様々です。

表現が古いって言えばそうかもしれませんが、直接的表現の多い最近のお話にはない比喩や形容詞も多く、語呂のよい表現が随所に見られます。

こういう文章から小さい子は日本語を学ぶんだわと、つくづく思うのです。

「・・・あめが みっかもふりつづいたような、なさけない かおを・・・」

「・・・きみのなきごえは、ほねのずいまで ひびくなあ」

「どこにだって、しぬより ましなとこなら ころがってるさ。」 

「あんなに あわをくうのでは なかったわい」とか。

パウルクレーに支持したというフィッシャーの絵も、とっても素敵です。



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-01-29 16:50 | 昔ばなし | Trackback | Comments(0)