絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 6歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

もう、ずいぶんむかしのことです。

そのころ、世界でいちばんやかましいところは、ガヤガヤという都でした。

そこでは、人びとは、話すということをしませんでした。

口をひらけば、わめくか、どなるかしたからです。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

この町の人びとは、四、五人集まるとすぐ、こんな歌をうたいました。


とびらを バタンと けっとばせ

ゆかを ドシンと ふみならせ

昼間は わめき

夜、たかいびき

ガヤガヤ ガヤガヤ


この町の入口にはこんな立て札が立っていました。

「これより ガヤガヤの都 世界でいちばんやかましい町」

この町で、とりわけやかましのはギャオギャオ王子さまでした。

まだ六つにもなっていないのに、大抵の大人よりずっとやかましい音を立てることが出来ました。


あと一月で王子様の誕生日。

王さまは王子様を呼んで、誕生日の贈り物には何がいいか聞きました。

「ぼく、世界でいちばんやかましい音がききたい」

王子様の希望は、

『世界中人が、一人残らず、同時にワアーッと叫ぶ』

というものでした。

王さまは考えれば考えるほど、これは面白い!という気がしてきました。

「よし、やってみよう!」


それから、ガヤガヤの町は大忙し。

何百人もの使いが、世界中のあちこちへ送り出されました。

そして間もなくあちこちから、この思いつきは面白い、喜んで協力しますとの返事が届きました。


日が経ち、王子さまの誕生日が近づくにつれて、人びとの興奮はどんどん高まりました。

どこの国でもギャオギャオ王子の誕生日の事で話は持ちきりでした。


ある日、ガヤガヤ町からずっと離れたある小さな村で、一人の奥さんが旦那さんに話していました。

「ねえ、あなた、わたしはね、わめくのはいいと思うのよ。でも、ちょっと気になるのはね、自分がありったけの声で叫んでしまったら、他の人の声が聞こえないってことなの。だって、そうでしょう。自分の声しか聞こえませんもの。だけど、わたし、世界でいちばんやかましい音というのを、ちょっと聞いてみたい気がするの」

「おまえのいうとおりだ」

「どうだろう。そのときは、口だけあけて、声は出さないでいたら?そうすれば、ほかの連中の出す声が、いったいどんなものか聞けるわけだ」


これは素晴らしい考えだと思った奥さん。

別に悪気はなかったのですが、近所の奥さん達にこの計画を話しました。

そして、別に悪気はなかったのですが、近所の奥さん達は旦那さんにこの話をし・・・・


さて、王子様の誕生日プレゼント・・・一体どんなものになるのでしょうか?


最後には、見事、素敵などんでん返しが!

*****

このお話、面白いだけでなく、大人にとっては学ぶべきところが多いですね。


種明かししちゃいますと、

皆が世界一やかましい音を聞いてみたいと思ったため、

誰一人、約束の時間に叫ばなかったわけです。


世界中が、し――――んと沈黙した瞬間でした。


王子様はがっかりしたかと思いきや、大喜び♪

王子様は初めて小鳥の歌と、木の葉が風にそよぐ音を、小川を流れる水の音を聞いたのです。

生まれて初めて自然の音を聞いたのです。

静けさと落ち着きを知ったのです。


家の中、TVが付けっ放しになっていませんか?

街へ出ると、あちこちから音が迫って来て、交差点はやかましいですよね?

巷ではランニングブームですが、耳にはイヤホン・・・自然を感じる間はなさそうです。


静けさを知ったガヤガヤ町の人びとは、

静かに話すようになり、

アヒルはやわらかな声で鳴くようになり、

家の戸は音を立てずにしまるようになり、

お巡りさん達は、やさしくそっと笛を吹きました。


世界でいちばん静かで、『平和だ』という事を自慢するようになったとの事。

そうそう、静けさは『平和』なんですよね(^^)


家庭でも然り!

わたしもわめく・怒鳴るをやめなくちゃ(^^;)

*****

さて、土曜日のバレンタインデー。

チョコレートって凄い!!!

スイミングの練習後、チョコレートをもらって来たsohta。
.

「ママーっ、何個だと思うーっ?」

「う~ん、二個」

「ブッブーッ!4個でしたーっ!」

義理チョコか!?友チョコか!?まあ、そんな所だけれども、分かっちゃいるだろうけれど、メッチャ嬉しそうなsohta。


一方のtaichiはゼロ。

「・・・ほしかったなあ」と一言。


へえ!!! taihiでも欲しいって思うんだ!?

それも驚き。


それにしても、男って単純だ(^^)


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-16 09:26 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)

食べる!☆おいしいおと

幼稚園の親子登園日にやったリズムで極度の筋肉痛になり、それに風邪も加わって、かなり体調が悪かった先週。

風邪で通院するなんて、ここ何年も無かったのですが(そう言えば、2月に罹ったインフルエンザで行ったばかりでした(^^;))、あまりに咳が出るもので、クリニックで薬を処方してもらいました。

それが抗生物質で、授乳は控えた方が・・・という事で、

「haneちゃん、ママお薬飲むから、おっぱいが不味くなっちゃうの。おっぱい飲むの止めとこうか?」

「・・・うん」

夜中はさすがに愚図るだろうと思いきや、あれれ?そうでもない。

もぞもぞしていたものの、背中をトントン叩いてあげると、スヤスヤZZZZZ・・・・

寝てしまった!?

・・・というわけで朝を迎え・・・早くも6晩を越しました。

乳もすっかり張らなくなり、haneちゃんは夜中にぐずぐずもしなくなり・・・

朝まで寝れるって、なんて素敵!

少し寂しさはありますが・・・なんて考えるとまた授乳してしまいそうなので、楽しい事だけ考えるようにしよう♪

卒乳すると・・・

授乳や妊娠を考えずに服を買える!

添い寝の腰の痛みから解放される!

アルコールOK!

とにかく、朝まで寝れる!


おお、素敵だらけ♪


これで母としての第一段階終了です。

授乳が終わったhaneちゃんは、やたらと食べる(^^;)

ご飯2杯。一人で何故か上手にお箸を使い、黙々と食べる。何でも食べる。

*****



読んであげるなら 2 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

いただきまーす

はるまき たべよう

カコッ ホッ カル カル カル カル カル

あぁ おいしい


ほうれんそう たべよう

ズック ズック ズック ズック ズック ズックズ

あぁ おいしい



 * * * * *


(以下、あらすじです)


ご飯に、若布のお味噌汁。

子どもたちが大好きなウィンナー。

ああホッとする、かぼちゃの煮物。

こう暖かくなってくると、レタスとトマトなんかも欲しくなってくるねぇ。

そして最後はデザート。


どんな美味しい音がするのかな?

*****

Haneちゃんが大好きな絵本です。

「でんしゃはうたう」に比べたら、読むのはかなり楽ですが、さも美味しそうな音にするには、しっかり読みこまないとね(^^)



揚げ物が大好きなhaneちゃんは、春巻きとご飯とお味噌汁の所が特に好き♪

さも食べているかのように、美味しそうに絵本の食べ物を口に入れるhaneちゃんです。


この音の聞こえ方って、人それぞれじゃないですか?

そうたには、そんな風に聞こえないらしく、それは違う!これも違う!ってうるさいのですが(^^;)



4歳のとき病気で視力を失われた三宮さん。

『音』については恐らく敏感なのでしょう。三宮さんの絵本は音に関するものばかり。

「でんしゃはうたう」には驚きました。

電車のちょっとした動きで音が違う事。

がたんごとん、ででんどどん・・・電車の音と言えばその程度だった私には、かなり衝撃的でした。


そしてこの「おいしいおと」もむしゃむしゃ、ぱくぱく・・・そんな程度ではありません。

五感を敏感にすると、見えなかったもの、聞こえなかった音が入ってきます。

それを教えてくれた絵本です。


そうたは映画館が大嫌い。

大きな音が嫌いです。

先週末、ドラえもんの映画をどうしても見たい!と言うたいちは、パパと二人で映画館へ。

その間、そうたは私と障子貼り。

一年前に見た映画館でのドラえもんは爆発音連発の大音量で、それもドラえもんってこんなんだっけ!?と疑問を抱くような、ビックリさせるような音の嵐。

ドラえもんって、もっとほんわかしてなかったっけ?

街中も家も電子音に溢れ、騒がしい音だらけの生活をしていると、鳥の鳴き声や風の音、雨音に鈍感になります。

そうたが映画館を嫌うのも分かる!

それも3Dの時代だし・・・

どうして子どもにまで、超と言える程の刺激を与える必要があるのでしょう。

自然の音に対し鈍感な子供しか育たないのではないかと不安を抱きます。


それにしても、同じ生活をしているたいちが平気なのは不思議です。


もうそろそろ聞こえるかしら?

ホー、ホケキョ


♪う~めのこえだで うぐいすが~

は~るが きたよと うたいます~

ホッホッ、ホケキョ、ホ~ホケキョ~



三宮さんの絵本に、「ウグイスホケキョ」というのもあります。

e0160269_8284519.jpg




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-03-31 08:32 | たべものの絵本 | Trackback | Comments(2)