絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:林明子 ( 6 ) タグの人気記事

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

母の友1月号の特集は「物語の中の地図」でした。



その中で、地理の指導法研究の第一人者、玉川大学教授の寺本潔さんが仰っています。

「経験地の低い幼い子どもにとって、地図とは、安心できる場を可視化したもの」

「絵本や童話に描かれた地図にひきつけられるのは、文字で読んだり聞いたりしてきた物語の世界の全体像が見えるから」

「冒険物語や探検物語は、全て自宅に戻っている構成になっている。これは安心させるためである。主人公はどんな冒険をしても必ず帰って来る。子どもというのは安心したがるものである」


子どもに、毎日通る道の地図を描かせたり、物語を地図にさせたりするのもよいと提案されています。

地図を描くことによって「私の世界」を形作ると、情緒が安定してくる。

地図が出来あがるということは、日日未知なるものに囲まれている子どもにとって、確かな世界像ができていくという事だ、と。





面白いのは、林明子さんの絵本二冊から、今和泉隆行さんが作った架空の街「柳ヶ丘」。

今和泉さんは、空想地図製作やデザインをしている方。



「あさえとちいさいいもうと」と「はじめてのおつかい」の舞台は、実は同じ街だった!?





「あさえとちいさいいもうと」に描かれた大通りの場面。

電柱には『筒井商店』の広告が!

『筒井商店』といえば、「はじめてのおつかい」でみいちゃんが牛乳を買いに行くお店です。


二冊を手にしながら、今和泉さんの作った地図を見ました。

面白い!

が、一つだけ、ちょっと違う?って思ったのは、みいちゃんが牛乳を買った帰り道、坂の下で待っていたママの後ろはT字路のはず!

が、今和泉さんの地図では十字路になっていて、左端奥に描かれたレストランらしきもの(コックさんがゴミを出してる所)がない(><)

残念!

えっ?・・・細かい(^^;)


きっと林さんの中でも一つの街としてのイメージがあったに違いない。

もしかしたら、「とんことり」のかなえちゃんも、「きょうはなんのひ」のまみこちゃんも・・・み~んな同じ街に住んでいるのかもしれないですね。






sohtaに学校までの地図を描かせてみました。

まだ鳥瞰的には捉えていませんでした。

そこは十字路を曲がるんじゃないの?って曲がり角が行き止まりで、左折みたいになっていて(^^;)

すっごく主観的地図になってる(><)

自分が通る道しか描かれていないぞ~!


スイスの心理学者ピアジェは、

2~7歳は他者の視点・立場から物事を考えることが難しく、自己中心的思考に終始しがちだが、

7~12歳になると、ある程度具体的状況が与えられれば、論理的思考が働くようになる。

そして、空間把握においても、9歳は過渡期だと言っているそうです。

ピアジェの研究に、三山(みつやま)課題と言うのがあって、三つの立体的な山の模型を用意し、手前に子ども、山の向こうに人形を立たせ、人形からは山がどんなふうに見えていると思うかを聞くものだそうです。

これが出来るのが、9歳前後。

人形の目を通して想像できるか?

真上からの視界を想像できるか?


あれえ、sohtaはまだ出来てない?のかあ(^^;)


4年生の算数の授業に立体が出て来るのも、こういう時期だからなんですね。


仕事で図面を作成したり、地図を作ったりする事が多かった私。

学生時代は、海の中の地図(ログ)をつけるのが大好きでした。

あの頃つけてた何冊ものログブック・・・実家にまだあるのかな?


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-18 14:51 | 育児 | Trackback | Comments(0)

読んであげるなら 3、4 歳~

2歳7ヶ月になる娘が大好きな絵本で、

「これよんで」と箱から一冊ずつ取り出して来て、三冊読むのが寝る前の日課です。

4~5年前に購入し、長男次男と読み継ぎ、箱はボロボロになってしまいましたが、

クリスマス前のこの時期、必ず読んであげたくなる絵本。


たくさんあるクリスマス絵本の中で、

これ程日本のクリスマスにピッタリなものはないのでは?と思えるお話。

自分が子どもだったの頃の、

クリスマスを迎えるワクワクした気持ち、

家族で楽しんだクリスマスを思い起こさせる内容も、私がこの本を大好きな理由です。


家の書棚を見ると、林明子さんの絵本がたくさんありました。

そして娘がまだお座りを始めた頃から読んで聞かせた

「おつきさまこんばんは」「くつくつあるけ」「きゅっきゅっきゅっ」「おててがでたよ」。





例会に持って行こうと取り出した本の中から、

娘は大好きだった「おつきさまこんばんは」を久々に見つけ出し、

出掛ける前に三度読まされました。

林明子さんの絵本が娘への読み語りのスタートだった事が、

娘が「クリスマスの三つのおくりもの」を特に気に入っている理由の一つかもしれません。


かすみちゃん、もっくん、れいちゃんの三人姉兄妹。

三つのお話は三人それぞれが主人公となっています。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

お母さんが作ってくれたクリスマスケーキ。

いちごが売り切れで、子ども達の分の3つしか乗せられませんでした。

いちごが生っていた所を知っているからと、

お母さんとお父さんのいちごを探しに森に出掛けるかすみちゃんのお話、「ふたつのいちご」。


おじいちゃんおばあちゃんの家で迎えるクリスマスパーティ。

皆が出掛けようとしているのに、ズボンも履かず、玩具で遊んでいるもっくん。

いくら呼んでも立ち上がろうとしないもっくんを置いて、家族は出掛けてしまいました。

するとズボンはもっくんを突っつき急かすのですが、それでも無反応のもっくん。

とうとうズボンももっくんを置いて出掛けてしまいました。

そしてズボンを追いかけるもっくんのお話、「ズボンのクリスマス」



サンタさんの贈り物を待ちきれず、ベッドを抜け出し、

サンタさんを探しに出掛けたれいちゃん。

パジャマ姿で歩いている所、大きな袋を担いだサンタさんに遭遇。

しかしサンタさんはれいちゃんに気付かず歩き続け、

穴の開いた袋から次々にプレゼントを落として行きます。

それを拾いながらサンタさんの後を付いていくれいちゃん。

漸くサンタさんは気が付いて、袋の穴を塞ぎ、玩具を袋に詰めるのですが、

れいちゃんも袋に入れてしまいました。

やがてれいちゃんの家に着いたサンタさんは、れいちゃんが居ないので探し始め、

袋の中のれいちゃんに気付く「サンタクロースとれいちゃん」。



どの話も、兄妹の順序や年齢による心理状態に納得。

我が家は三人兄弟妹なので、一番上の性別が違うのですが、長男次男は、今まさにもっくん状態。

こんなズボンがあったら良いのにと思ってしまいます。

れいちゃんは一番下の娘の同じくらいの年齢だと思います。

そして、他者を思いやれる年齢の、長女のかすみちゃん。

林明子さんは姪御さん達にポーズを取ってもらって、子どもの姿を描いているそうです。

絵から、その子を抱き上げた時の重さとかぬくもりとか、

ちょっと身じろぎする感覚とかが想像できるような子どもを描きたいと思ってとの事。

林さんが描き出す、ちょっとした子どもの仕草や表情に、胸が締め付けられる事があります。

それは頭で考えて描いてらっしゃるからではなくて、

その瞬間瞬間を正確に写し取っていらっしゃるからなのでしょう。


「サンタクロースとれいちゃん」のサンタさんは、これこそサンタさん!と思えるサンタクロースの姿。

三姉弟妹のお母さんお父さん、そしておじいちゃんおばあちゃんも、本当に優しそう。

他の絵本を見ても、林さんの描く人物は優しそうな人ばかり登場します。

林さんの絵本でほっとするのは、そこにも理由がありそうです。 



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-12-17 16:22 | クリスマスの本 | Trackback | Comments(2)

まほうのえのぐ

昨夕、富士から帰って来ました。

向こうにいると、昼間は暑いな~!と思っていたのですが、こちらに帰ってみると、かなり涼しかった事がわかりました。

さて、富士山が見れたか否か!?

(^^)

ダイヤモンド富士も、昨朝見れたんですよ~♪

e0160269_6415513.jpg
e0160269_642439.jpg

(ホテルの部屋から撮影したもの)

少し左よりだったんですが、ちゃんと富士山の頂上から太陽が上がってきて、ダイヤモンドのようにキラリ☆


泊まったのは、田貫湖の畔にある休暇村富士。

e0160269_644470.jpg

(上は、湖の反対側からホテルを撮ったところ)

全ての部屋が富士山の方(東)に向いていて、朝日をバックにした富士山を眺めること出来ます。

年に2度のシーズンを迎えるダイヤモンド富士。

それが8月20日前後だったそうです。

行く直前迄知らなかったのですが・・・

たまたまこんな素敵な時期に取れてラッキーでした(^^)

もうじき結婚10周年を迎えるにふさわしいダイヤモンドだったかしら?


さて、富士山が見えるのは、朝の一瞬だけ。

この時期、駿河湾からの雲が富士山に掛かってしまうため、太陽が登ると、あっという間に雲の中に隠れてしまいます。


ダイヤモンド富士を見た後、一周4キロの田貫湖を家族で散歩。

湖畔は国立公園なので、ごちゃごちゃ開発されてなくて、公営のキャンプ場と、休暇村のバンガローとホテルしかありません。

湖畔の周りにサイクリングロードが整備されています。

e0160269_646160.jpg


湧き水で出来ているという田貫湖は透明度抜群。

鳥のさえずりや周囲の山々の緑に心が洗われます。


富士五胡?

山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖???

あれ?五胡じゃないじゃない!?

と思っていたら、富士五胡とは、山梨県側のこれらの湖を指す名称だそうで・・・

田貫湖は静岡県に位置します。

それに、田貫湖は人造湖。

もともとは沼地でした。

それを、1935年に農業用水確保のために拡張して出来上がったものなのだそうです。

まだ子どもが小さ過ぎるので、キャンプはキツイ!?

あと2~3年経ったら、ここでキャンプも素敵です(^^)


* * * * *



読んであげるなら 3、4 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


よしみの おにいいちゃんは、えのぐばこと スケッチブックを もっています。

よしみは、おにいちゃんが えを かいていると、いつでも いいました。

「わたしも えのぐで かきたい」

「だめ だめ」

と、おにいちゃんは いつでも いいました。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


そんなお兄ちゃんでしたが、よしみに根負けして、ある日絵の具を貸してくれました。

よしみが座って一人絵を描いていると、

しゅる しゅる しゅる、

へびが赤い絵の具をくわえて、森の中へ。

e0160269_6383239.jpg


慌てて追いかけるよしみ。

「どこに いるの?おにいちゃんの えのぐ かえして!」

やぶを潜り抜け、木の枝を押しのけ、つたの葉っぱを掻き分けると、

青・黄色・緑の絵の具の周りで、へびとりすとからすとねずみが絵を描いていました。

そこへくまとキツネが、お兄ちゃんの絵の具箱とスケッチブックと水入れを持ってやってきて・・・

さて動物たちと描いた絵の出来は、いかがなものかしら?


* * * * *


ダイヤモンド富士を見たそうたは、夕べ絵日記を描きました。

e0160269_6475089.jpg




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-08-18 06:54 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)

くつくつあるけ



読んであげるなら 1 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

くつくつ あるいた 

ぱた

ぱた ぱた

さんぽに おでかけ



 * * * * *


(以下、あらすじです)


ぱたぱたぱたぱた 早く歩くよ

とんとん とんとん つま先で

ぴょんぴょん ぴょーん 上手にジャンプ

e0160269_5313482.jpg



・・・と思ったら、

いたたたた

ころんじゃった


* * * * *


ファーストシューズかしら?

靴だけのお散歩ですが、描かれてはいない、小さな我が子を投影してしまいます。

林 明子
福音館書店
発売日:1986-06-20



伝説の、赤ちゃん絵本セット!

赤ちゃんの目が外へ向けられて、初めて出会う驚きの世界。

そんな可愛い瞳に寄り添って、優しい時間を一緒に過ごせる、素敵な絵本セットです。

・『くつくつあるけ』

・『おててがでたよ』

・『きゅっきゅっきゅっ』

・『おつきさまこんばんは』


* * * * *


昨日、ベビーちゃんは生まれて初めて、靴を履いてのお散歩をしました。

今月1歳二ヶ月になるベビーちゃん。

まだ一歩二歩しか足が出ません。

10ヶ月で歩いてしまった上の二人に比べ、ゆっくり成長しているベビーちゃん。

わざと転んで笑いを取ろうとするそうたの真似をして、

わざと転んでみせたりするおちゃらけ振りは、兄ちゃんそっくり!


ベビーカーで公園に行き、

道すがら、たんぽぽの綿毛を吹いてみたり、

葉っぱをむしってみたり、さつきを摘んでみたり、

野いちごを食べてみたり(^^;)・・・


広場でベビーカーから降ろすと、

初めての靴に違和感を覚える様子も無く、

ブランコの柵を伝ってぐるりと一周。

しかし、次の目標を見つけるや否や、

ばたばたばた・・・・

はいはいで這いずり回っておりました。

3m程ある滑り台への階段も、

ロープを張ってある、つま先だけが掛かる木のステップが付いた斜面も、

えっちらおっちら登ってしまい、

満面の笑みで滑り降りたのでした。

たいち以上に活発かも!


ダンゴムシと戯れ!?

鴨たちをハイハイで追いかけ、

公園ライフを満喫して帰って来ました。

e0160269_5592683.jpg


さて、そんな元気だったベビーちゃん。

夕方からほっぺがまっ赤に!

これは、りんご病!?

ちょっと熱もあります。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-06-02 06:10 | 赤ちゃんの絵本 | Trackback | Comments(4)

きょうはなんのひ?



読んであげるなら  5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


あさ、まみこは げんかんをでるとき、

「おかあさん、きょうは なんのひだか、しってる?

しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」

と、うたをうたって、スキップしながら、がっこうへ いってしまいました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


お母さんはすぐ、階段の三段目から、赤い紐を結んだ手紙を見つけました。
e0160269_14364649.gif


『 ケーキのはこを ごらんなさい ① 』

お母さんが、まみこの書いた手紙の通り辿って行くと、

9番目の手紙には、

『 でんわで おとうさんのポケットのなか きいてください おねがい ⑨ 』

とありました。

お母さんは、会社へ行っているお父さんに電話をしました。

そして手紙は・・・

ありました!ありました!

お父さんの上着のポケットの中。

 とうとう ゆうびんばこに プレゼントが とどきました おせわさま ⑩ 』


その夜、お母さんが昼間郵便受けから見つけ出した小包を、お父さんが開きました。

すると、中から現れたのは、きれいな折り紙の箱。

その蓋を取ると、また一回り小さな箱。

その蓋を取ると、また小箱・・・・・

そして、最後の10番目の箱の中から現れたのは・・・・


* * * * *


「きょうはなんのひ?」

このタイトルと、紹介したここまでのお話で、何の日のお話か分かりますか?

これは、結婚記念日のお話なんです。

誕生日の話は数あれど、結婚記念日のお話は聞いた事がありませんでした。

まみこの手紙を①から⑩まで繋げると、素敵なメッセージになるんですよ(^^)


* * * * *


というわけで、先週結婚記念日を迎えた我が家では、この絵本がブーム。

そうたも、まみこのようにやってみたかったらしいのですが、

まだ字をろくに書けず(^^;)

鏡文字の多いそうたは、書くと左からになってしまうようで、

それに鏡文字が混じり、意味不明です(^^;)


さて、昨日の園のバザーで配った絵本リストを、ぎりぎり作り終え、

漸くブログを更新出来る様になりました。

例年の結婚記念日は、ちょっと豪華な夕食にしていたのですが、

今年はそれどころではなく・・・

普通の夕食になりました。



絵本リストは、時節に園の行事を加え、365日に一冊ずつ当てて作ったのですが、

度々締め切りを守れず、迷惑をかけてしまいました。

ごめんなさい。



リストを作りながら、子どもに読みたい絵本の多いことを実感。

良い絵本を選ぶ難しさも実感!

自分自身の勉強になりました。

私自身はやって良かったけど・・・

このリストが有難迷惑でなかったかどうか・・・ちょっと心配です(^^;)



まあまあそんなこんなで、18日に無事結婚9周年を迎えました。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-11-22 14:38 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(4)

でてこい でてこい

はやし あきこ
福音館書店
発売日:1998-04-15



読んであげるなら 0 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


だれか かくれてるよ

でてこい でてこい 




(ページをめくると・・・)


げこ、げこ、げこ



 * * * * *


(以下、あらすじです)



みどり色の葉っぱの後ろに隠れていたのは、カエル。

げこ、げこ、げこと、元気に飛び出してきました。



ピンクの五角形からは、うさぎがぴょーん、ぴょんと飛び出します。


青い丸(これは池を表しているのかな?)から飛び出してきたのは、

アヒルの親子。

e0160269_437562.jpg



それから、それから・・・



* * * * *


はっきりした色、

簡潔な絵、

「だれか かくれてるよ  でてこい でてこい」の繰り返し、

「げこ、げこ、げこ」などの擬音語や、 「ぴょーんぴょん」などの擬態語



小さい子に打って付けの絵本です。




この絵本も、そうたが赤ちゃんの頃から家にありました。

そうたもたいちも大好きでした。


そして今、ベビーちゃんもお気に入りの一冊♪


どうしても紙を口に入れたいお年頃の6ヶ月のベビーちゃん。

そうそう、13日に満6ヶ月になりました(^^)


でも、この絵本の紙は厚紙で硬いので、そう簡単に破れたりはしませんよ。



* * * * *



さて、とっても暑かったこの夏。

もう、忘れてしまいましたか?

エアコン無し生活をしていた我が家では、ベビーちゃんは専ら裸んぼう。


生まれる前、オムツ無しで育てようとしていたのが、ずるずるオムツ生活になってました。


・・・・が!


夏場、図らずもオムツ無しになっていた為、

結果的に、オムツ無し育児をしていた事に!


そして・・・

なんと!

ここ数日、トイレでおしっこしているベビーちゃんです。



すごいでしょーっ!!

ほんとに、出来るんですよ~♪



泣いたり愚図ったりしているのに、オムツが濡れてない!

その後少しして、おしっこしてる!って事がわかり、

 (ほんとはかなり前に気づいていたのですが、面倒だったので(^^;) ごめんよ~) 

試しにトイレに連れて行き、子供用便座に座らせてみました。



すると・・・

じょわ、じょわ~


あらっ、出た!

出来たーっ(パチパチパチーっ)


抱っこして、お風呂の洗い場での方が、し易いみたいなんですが・・・




ただ難点は、回数が多いって事。

一時間に2回位行く事もあり、まだ6ヶ月だと回数多くて大変です。

でも、オムツが濡れるのが相当イヤらしく、

車の中では発狂しそうです。


ちなみに、夜中はそれ程気にならない様子。

もぞもぞするけど、熟睡です。


この分だと、相当早く取れるかな?

期待!期待!



うんちを、わざと隠れてパンツにしていたたいち君。

危機感を覚えたのか、最近漏らしません。

尤も、今週末、3歳になりますからね

兄ちゃんとしての沽券にかかわるので、頑張ってるみたいです(^^)




オムツなし育児に興味のある方は、こちらをどうぞ

  ↓ ↓ ↓








最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-10-20 05:13 | 赤ちゃんの絵本 | Trackback | Comments(2)