絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:小学四年生 ( 1 ) タグの人気記事

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 8歳くらい~

「かん字のうた」 川崎洋

林がありました
気がふえて
森になりました

人が
気によりかかって
休んでいます

花が
早く早くといったので
草になってしまいました

田んぼで
力を入れたら
男になりました

山と山が
かさなって
出ていきました

入るときに
はなれて
八になりました


子どもに
ふたをしたら
字になりました

雨と言う字のなかに
雨が
ふっています

円いというのに
円は
四かくいなあ

一たす一は二
二たす一は三
一たすたての1は十です

目に足が生えて
貝になるのを
見ました

村には木があって
町には
田んぼがあります

石にだって
口が
あります

玉をてにとって
てんをとったら
王さまになりました

お日さまを
白いゆびで
おさえているのはだれですか


一年生のtaichi、今ちょうどこの辺りの漢字を習ったところ。

子どもたちの通う小学校では漢字オリンピック・計算オリンピックなるテストが学期ごとにあります。

合格するまで続くこのテスト。

金曜日がその漢字オリンピックの日だったのですが、

その晩、この詩集を読んで大笑いしていた息子達。

もうちょっと早く読んであげたかった(><)


その中でも、特に息子達がお気に入りなのが、

「がいらいごじてん」 まど・みちお

ファッション===はっくしょん

ア ラ モード===あら どうも

ホット ドッグ===おっと どっこい

バウム クーヘン===どうも くえへん


(上は詩の一部です)


空耳アワーみたいです(^^;)



「そうだ村の村長さん」 坂田寛夫

そうだむらの そんちょうさんが

ソーダのんで しんだそうだ

みんながいうのはウッソーだって

そんちょうさんがのんだソーダは

クリームソーダのソーダだそうだ

おかわり十かいしたそうだ

うみのいろしたクリームソーダ

なかでおよげばなおうまそうだ

クリームソーダのプールはどうだと

みんなとそうだんはじめたそうだ

プールはつめたい ぶっそうだ

ふろにかぎるときまったそうだ

そうだよタンサンクリームおんせん

あったかそうだ あまそうだ

おとなもこどもも くうそうだけで

とろけるゆめみてねたそうだ



坂田寛夫さん・谷川俊太郎さん・まどみちおさん・工藤直子さんなどに加え、室生犀星・与謝野晶子・草野心平などなど、早々たる詩歌の世界の第一人者の詩が、これでもか、これでもかと並んでて、

ページを捲るたび、口に出すたび、日本語への驚きと感動を覚えざるを得ない詩集。


巻末に、この本のおいしい食べ方が書いてあります。

私たちはお肉や魚を食べる事の他に、「ことば」を食べる事があります。

おいしそうなことばを目の前にすると、つい食べてしまいたくなる。

ことに詩集の中にならんでいるおいしいことばを見ていると、

目で味わっているだけでは足りなくて、いつのまにか口が動いてしまうのです。

そうしてしゃべったりあそんだりしているうちに、すっかりおぼえてしまった詩がいっぱいあります。

みなさんにも、ことばをおいしく食べてもらいたくて、この本をつくりました。


とのこと。


日本語って、(まあ、他の言語は分かりませんが(^^;))、多彩で、繊細で、リズミカルで美しい。

声に出して読んでみると、その楽しさが倍増します。

よんでごらん!とこの本を手渡していたら、読まなかったかもしれない息子達。

まず私が読んで、耳から入った詩にすっかり魅了された息子達。

この3日間、ページを捲って面白い詩を見つけては、「ねえねえ聞いて、聞いて」と読んでくれるのです。

飯野和好さんのイラストも、それぞれの詩にピッタリ!


姉妹品
↓ ↓ ↓


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-22 09:48 | ことばあそびの本 | Trackback | Comments(0)