絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

子どもが中学生になると、色々見えない事、見せない事が増えてくる。

ついこの前、小学校を卒業したばかりだというのに・・・

こちらが身構えているのか?

それとも、中2中3の大人びた先輩を見て、背伸びしちゃったのか?

本当に急激に成長しているのか?

どれも当てはまるかもしれぬ。

クラスメイツ 〈前期〉

森 絵都/偕成社

undefined


見えなくなった子どもの日常を垣間見るような気持ちで捲る1ページ。

どれが我が子だろう?我が子に近いのだろうか?

同級生24人を、一人一人の視点からリレー形式で進む話である。

傍から見たら何も考えてないように見える子でも、色んな思いを抱えている。 

そして、当たり前だけれど、どの子にも親が居るのである。

その親の気持ちになって、YA小説を今この年になって読む自分がいる。

決して中学1年生の気持ちにはなれない。

少しばかり、数十年前のピリピリした、そしてほろ苦いが記憶が浮かばなくはないが・・・

中学生の時期って、人生で一番理不尽な時期だったなと思う。

いやあ、二度と戻りたくない年頃。

今そこに居る息子・・・それだけでも偉い!と思う母である。

人間関係が一番難しい時期なのかもしれない。

他人の反応を見つつ、

でも、当事者である中学生の時期って、自分中心で世界が廻っているものだから、全てが自分から見た世界観なのである。

一人一人の視点からクラスを見て描いているところが、この時期を象徴していて、本当に上手いと思う。

クラスメイツ 〈後期〉

森 絵都/偕成社

undefined


息子に勧めたところで、もうこちらが勧めた物には見向きもしないので、私がひたすら読む事になるわけだが、

先生とか友達とかが勧めてくれたらいいなあ。


さて、「ねえ、ママーっ!」と呼ぶのは困った時だけの息子。

そんな息子が先日は、先日の2日前の宿泊学習や中学生活など、こちらが聞く事全てににこやかに答えた。

それは・・・

焼肉屋さんでの事である。

家での焼肉はあっても、子ども達を焼肉屋さんに連れて行ったのはなんと初めて(^^;)

外食でのリクエストは専ら”寿司”という無類の寿司好きの息子達。

と言っても、次男taichiの好物は①うなぎ②カツ丼③すき焼き④ステーキ⑤寿司という、肉好き男子。

焼肉が嫌いなわけが無いのだが、

初めての場所・シチュエーションを嫌う彼は、店に入るや否や、

「くさいっ!焼肉なんかイヤだっ。食べないっ!」

「じゃあ、帰れば。歩いて帰れるでしょ。はい鍵」

ふてくされている彼を横に注文。

焼いた特上カルビを一切れお皿に置いてあげると、ペロリ。

「うまっ!」

そして自分のトングで次々焼き出し、

「パパ、もっと頼んで~♪」

(^^;)

いつも食べているご飯の倍量は入っていた白飯。

haneちゃんに関しては三倍。

更に卵スープを一杯ずつ。

全て完食した三兄妹。

そしてデザートまで頼んじゃって・・・

〆て2万6千也(><)

「焼肉、うまいね♪次もまた焼肉にしよう!」とtaichi。

おいおいっ!

せめて大会で結果出してから言い給え!


それにしても、子どもがよくしゃべるのって、美味いもの食べている時らしい。

現金な奴らなのか?

お肉は人を幸せにするのか?


しかし、

体調不良は胃腸の疲れから。

子どもより食べなかったはずの私だが、

”肉”を食べなれないからか、すっかり体調を崩してしまった(><)

粗食に戻し、梅醤番茶とたっぷり睡眠で回復に努める日々。

おばあちゃんの手当て食―自然の力で癒す食の処方箋

梅崎 和子/家の光協会

undefined


子どもとはじめる「食育」セット(全4冊)

坂本 廣子,梅崎 和子/クレヨンハウス

undefined


折角のGWが・・・・

と言っても息子たちは連日練習。

どこにも行けませぬ(^^;)


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-05-03 08:59 | YA | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいです(^^)


にほんブログ村



読んであげるなら  7 歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

教室はまちがうところだ

みんなどしどし手をあげて

まちがった意見を言おうじゃないか

まちがった答えを言おうじゃないか


まちがうことをおそれちゃいけない

まちがったものをわらっちゃいけない

まちがった意見をまちがった答えを

おおじゃないかこうじゃないかと

みんなで出しあい言いあうなかでだ

ほんとのものを見つけていくのだ

そうしてみんなで伸びていくのだ

・・・・・・・・・
 


小学校教諭だった蒔田晋治さんの詩に、

長谷川知子さんの、とっびきり元気なイラストがついた絵本。


声に出して読んでみると、

何だか爽快・すっきりします。

こんな先生だったら・・・こんな学校だったら・・・

きっと子どもたちは、

学校が大好きになって、

そしてまっすぐ伸びていきますよね?


この本は、絶対に先生が子ども達に向かって読んで欲しい本。

そしてこれから先生になる方にも読んで欲しい本。


授業参観で、手をあげない我が子にイライラしながらも、

いざ、手を上げて指されようものなら、

こっちの方がドキドキしちゃって、

そいでもって、間違ったりすると、

(えーっ、恥ずかしい・・・)

って思ってしまい・・・

帰ってからも、

ガミガミ言おうものなら

次はやっぱり手を上げないよね(^^;)


そうやって考えると、

この本を、

一番最初の授業参観で、

先生が、子どもと親に向かって読んでくれたら最高♪

そう思いました。


先生が間違うこともある!

特に新米の先生は一生懸命が空回りしちゃったもして・・・

でも、そういう所も大目に見れるような器の大きな親でありたい。

そうも思います。


大人になったって間違うことがある。

・・・っていうか、私なんて結構失敗、間違いだらけかも(^^;)

昨日もやらかしちゃったし(><)


間違うことからしか、人は学べない。

そうそう、私は昨日の失敗から、大きな事に気付いたのです。

パパには勿論、

「また~っ!」って呆れられたのだけど・・・

・・・って事は、また同じ失敗をしているって事なんですけど(^^;)

まあ、・・・それはさて置き、

私が学んだこと・・・それは、その失敗から、別のとっても大事な事に気付いた!ってことなんです。


大人になっての失敗は、笑えない事も多々あるけれど・・・

子どもは躓き躓き、起き上がって・・・

それでいい!


先生が学校で読んでくれなかったら、

家で子どもに是非読んでみてください。

それも、元気よく!大きな声でね!


最後まで読むと、

(ああそうか!いいんだね。間違ってもさ。

それが子どもさ、

間違え間違え、どんどん間違えーっ!

自分の意見を正々堂々と言える子に育ってくれーっ!)

絶対そういう気持ちになる。


呪文ですね、これは(^^)



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-05-31 08:54 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)

1ねん1くみの1にち

読んであげるなら 6 歳~


「1ねん1くみ」シリーズの大ファンのそうた。



念願の、「1ねん1くみ」の一員になれました。

そして目指すは「1ねん1くみ1ばん ふ・つ・う」!?

何で「1番普通」?

まあ、なかなか普通っても難しいのだけれど・・・


GW前日の夕方に発熱し、下痢になり、その後はすっかり五月病!?

・・・だった息子も、字が読め、書けるようになり、

体育の馬跳びでは、「そうたくん、皆にやって見せてください!」

と言われたそうで、ご満悦。

行きたくない・・・と消極的になりつつあった学校が、楽しくなってきた様子。

もっと長引くかと思っていましたが、意外と早かった!?


幼稚園で「挫けない心と体」を培ってきたはずの息子は、

親が心配していたより強かったのかもしれません。


昨日は、学校から帰ると、5月から週2回にしたスイミングに初めてバスで通い、

6時過ぎに帰って来てから、プリントと音読の宿題を済ませました。


一方、幼稚園のバスから降りるや否や、ギャーギャー愚図り出したたいち。

遊びすぎて疲れたのか、一昨日からバスを降りると泣き喚きます。

その分、夜中の、「やだーっ、やめてーっ」の叫びは少なくなりました。

そう言えば、3年前のそうたもこうでした。


10日にあった、そうたの授業参観。

朝顔の種を蒔こう!という「せいかつ」の授業です。

何だか、幼稚園の親子登園日みたいだわ・・・と思いながら眺めておりました。


まずは教室で先生の説明を聞き、呼ばれた順に道具や種等々を貰い、

ベランダに出て、それぞれの植木鉢に種を蒔きます。

息子の様子を見ていると、ちゃんと先生の話が聞けているんだなあと一安心。


でも隣で、

「あーっ、危ない!もうママが切ってあげるから」と挟みを取り上げ、袋を切って、

「何やってるの?ほらっ、土を半分入れて!残った袋に肥料を混ぜて・・・

あーっ、こぼれるーっ、貸して、やってあげるから・・・」

えっ?えっ、えーっ?

って、全部やってあげちゃったお母さんが居て・・・

ちょっとビックリ!!!


「人の振り見て、我が振り直せ」

私も、つい手が出ちゃって、口が出ちゃって・・・なんて事が無いか、見直さなくちゃ。


教室の後ろの壁には、最初に書いた自分の名前が貼ってありました。

隣に、1年生の最後に再び自分の名前を書くようになっています。

この一年でどの位成長出来るか、楽しみです。


字を覚えたそうたは昨日、「きょうはなんのひ?」の真似っこをして、手紙を置いて行きました。

以前紹介しましたのでこちらから → 



→「ベビーちゃんのおむついれ」に始まり、「かいだん」→「かぶとのところ」にやって来ると、

最後は、「ママ 大いすき これで おはり


残念な事に、「かぶとのところ」の「と」が鏡文字。

そして、「大すき」に「い」が余計に入っちゃって、

「おわり」が「おはり」にと、微妙に間違っていたのですが、

字を書くことが楽しくなってきた様子がわかり、とても嬉しく思いました。


入学前に読んだ写真絵本の「1ねん1くみの1にち」

川島 敏生
アリス館
発売日:2010-09



余裕が出てきてから再び読んであげると、自分の教室との違いや、

2次元だったものが3次元に見えるような感じもあり、

この時期に、親子で一緒に眺めてみると、良いかもしれません。

1ヶ月分の給食の写真も載ってます。

今日のそうたの給食は、なんとブラジル料理!?



そして、この時期の新一年生に絶対オススメなのが「こすずめのぼうけん」

ルース・エインズワース
福音館書店
発売日:1977-04-01



以前紹介しましたので、内容はそちらから→ 

外の世界へ飛び出していったこすずめが、夕方疲れて帰って来たところ。

それはやっぱりお母さんすずめの所でした。

「待ってるから、たくさん冒険しておいで」

毎日そんな気持ちで、子どもを送り出したいですね。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-05-13 11:58 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)
e0160269_15321045.jpg




読んであげるなら  5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー

おべんきょうしに てくてく でかける。


そのとちゅう いっぴきの わにが マンホールから あらわれて、

ノーマンの かばんに かみついて はなさない。


ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー

ひっぱりにひっぱるが、それでも わには はなさない。

e0160269_1532334.jpg



 * * * * *


(以下、あらすじです)

わには、ノーマンが投げた手袋に食いついて、やっとかばんを放してくれた。


でも、わにのせいで遅刻だ。


先生に理由を話しても、信じてくれず、居残りして、

「もう わにの うそは つきません。てぶくろも なくしません。」

と300回も書かされた。


次の日は途中でライオンに襲われ、その次の日は高潮に襲われ・・・

その都度説明しても、先生は信じてくれず、罰を受ける。


ところがある日、何も起こらなかったので、ジョンは遅刻せずに登校。


しかし・・・


 * * * * *


有り得ない災難に襲われ、毎回遅刻のジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー(舌噛みそう)

怖い顔の先生は、そんな事信じてくれるようなタイプじゃないのよね~。

信じないにせよ、「面白い理由を考えたなあ」な~んて、褒めてくれたっていいじゃない!

最後の逆転劇でのノーマンの台詞「そんなバカなこと、あるわけないじゃありませんか」は、
大人に対する反抗?


の~んびりしたバーニンガムの作品しか読んだ事無い人にとっては、大分過激な内容?


過激だけど、次は何?次は?・・・と、先を読みたくなる絵本。

そうたが以前バスに乗り遅れ、園まで歩いた頃薦めたら、嫌がって読みませんでした(あはっ)

またその内、読んであ~げよっ!


 * * * * *


先週一週間の学級閉鎖中、毎朝家の前を通る幼稚園バスを待って、手を振っていたそうた。

「いつもちこくのおとこのこ----そうた」が、バスを毎朝5分以上待っておりました(ふふっ)

果たして明日からの一週間は、バスを待たせる事無く、登園出来るかしらねぇ?


そうそう、あと一週間で、2学期も終了なんですよねぇ・・・早すぎるぅ~

年を取ると、どうしてこんなにも1年が短いのかしら・・・



ところで今年の漢字は「新」でしたが、

今年の我が家の漢字は何だろなあ・・・


主人共々、非常に少ない漢字知識で考えたところ、「作」かなぁって事に。


そうたは、色々な物を製作するようになりました。

絵もたくさん描くようになって、上手にもなって・・・昨年は本当にキライだったんですよね。


そしてたいちは、たくさんの傷を作りました。

2m以上の高さの滑り台から落ちて救急搬送されたし、

最近では、喉に大きな魚の骨が刺さったり、

一昨日の晩には、小さいレゴを飲み込んじゃったし・・・(まだ出てきてない)

たんこぶや手足の傷は、日常茶飯。


それから、三人目の子供を作りました。

こちらは4月に誕生予定。



しかし相変わらず作れないもの・・・それは、お金です(痛いっ!)


皆さんも「我が家の漢字」考えてみて~!


 * * * * * 



以前紹介したバーニンガムの絵本はこちら
 ↓ ↓ ↓
「ガンピーさんのふなあそび」

ジョン・バーニンガム
ほるぷ出版
発売日:1982-01





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-12-13 16:00 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(1)



読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


いよいよ、ぼくたち いちねんせいの 50メートルきょうそうの ばんだ。

ドックン ドックン ドックン ドックン

しんぞうが なりだした。


「よーい!」

バーン!!


れつが ひとつずつ きえていって、ぼくの じゅんばんが だんだん ちかづいてくる。

ドドッ ドドッ ドドッ ドドッ

しんぞうが のどまで のぼってきそうだ。

(みずが のみたいな・・・・・)

(おしっこが でそう・・・・・)

e0160269_2394688.jpg



 * * * * *


(以下、あらすじです)



後ろの方で、誰かが言った。

「せんせー、トイレに いってきて いいですかー」

「ぼくも、いってこよう!」



応援席の後ろを通ると、小さな子が泣いていた。

膝に血が滲んでいた。

僕はハチマキを外して巻いてやった。

僕が立ち上がると、また大きく泣き出した。みんな行っちゃったのに・・・

(こまったなあ・・・・)

e0160269_23102875.jpg

何を聞いても泣いてばかりのその子を、放送係りのテントへ連れて行こうとした時、

「あらあら、どうも ありがとう」と、後ろで声がした。


それから着いたトイレの前は、行列だった。

(はやく かえらなくちゃ、おくれてしまう・・・・)


ようやく皆のところへ戻った僕に、ピストルを持った先生が言った。

「きみのれつは、いま ゴールした ところだぞ」


気が付くと、僕はたった一人で走っていた。

ああ、皆が見ているに違いない。笑ってるだろうな。もう、引き返す事も出来ないや・・・

ああ、ぼく どうしたら いいんだ。

ぼくって いつも こうなんだ。

いつでも、なんでも、一生懸命やればやるほど、変になってしまうんだ。

ぼくのばか、ばか、ばか。



その時だった。

「わーい!ほら、おにいちゃんが いっとうしょうだー!」

さっきの子だ。


 * * * * *


何度読んでも、結末が分かっていても、涙が止まりません。


スタート前にトイレに行きたくなっちゃう事、一人で走っている最中に僕が考えてる事・・・

どこを取っても、子供の時って、そうそう!こんな感じだったなあ。

すごいなあ、梅田夫妻って。

どうしてこんなに子供の気持ちを分かっているのかしら。



小学生以上になると、人数が多い中で注目される事が少なくなりますよね。

でも、誰かがきっと見ててくれる。

良い事も悪い事も、見ててくれる。

ぼくの担任の先生のように、分かってくれる人が居たら、きっと強くなれるはず。

あっ、言っちゃった!

でも、このイラスト見たら読みたくなっちゃうでしょ?
e0160269_23105059.jpg



そしてこの後、ほんとに強くなるんだから!



運動会が舞台ですが、この震えるような感動をくれるお話は、いつ読んでもいい感じ。

でも、まあ今の時期に読むのが一番!でしょうね。


 * * * * *


台風一過の青空は、全ての塵を運んでいってくれたように、真っ青でした。

久しぶりの熱い太陽の光を浴びながら、強風の中、臨時休園のそうたと、そしてたいちと散歩しました。

今日のお休みを受けて、夕べは熟睡出来たそうた。


手の豆を潰しながら臨んだ運動会の予行で自信を付け、毎日「あしたもがんばる!」「きょうもがんばる!」と繰り返していた息子ですが、それなりにストレスがあったのか・・・

一昨日の夜は、ずーっと朝までうなされていた息子、4歳です。

「もう、できないーっ!」「もう、やだーっ!」を繰り返していました。


今日の青空のように、気分すっきり、本番に臨んで欲しいものです。






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-10-08 23:16 | 思わずうるっと来ちゃう本 | Trackback | Comments(1)

てん


ピーター レイノルズ
Amazonランキング:38328位
Amazonおすすめ度:




読んであげるなら  5、6歳~


おえかきの じかんが おわった。
でも ワシテは いすに はりついている。
かみは まっしろ。


先生が覗き込んで言った。
「あら!吹雪の中のホッキョクグマね」
「やめてよ!描けないだけ!」とワシテ。

先生は、
「なにか しるしを つけてみて。」

ワシテは、マーカーを紙に、力いっぱい押し付けた。
「これで どう!」

先生は紙を取り上げて、じっくり見つめてから言った。
「さあ、サインして」

「絵は描けなくったって、サインくらい出来るわ」
とワシテ。

次の週、お絵かきの教室に入ったワシテはびっくり!

ワシテが描いた、ちっぽけな「てん」が、立派な金色の額縁に入ってる!

もっと良い「てん」が描けると言うワシテ。

開けた事の無かった水彩セットを開けて、「てん」を描きまくった。

「てん」を描かないで、「てん」を作ることまでやってのけた。
e0160269_1420992.jpg


何週間か後の学校の展覧会で、ワシテの絵は大評判。

そこでちっちゃな男の子がワシテに言った。

「おねえちゃんは すごい えかきだね。
ぼくも かけると いいいんだけど・・・
じょうぎ つかったって まっすぐな せんが かけないんだ」

男の子に紙を渡して、ワシテは言った。
「やってみて」

ワシテは、そのくねくねした線を見つめて言った
「おねがい・・・サインして!」

   *  *  *  *  *

おもて表紙の裏側に、
「世の図画ぎらいを勇気づける楽しい絵本」
という紹介文が入ってました。

この本は、2月か3月の「この本大好き」の会の例会で、紹介されて知りました。

当時息子は、あまり絵を描くのが好きじゃなくて、
担任の先生が「もっと描いてくれるといいんだけどなあ・・」と嘆いていた頃。

これは因縁の出会い?天からの恵み?
ってな感じで、「おおーっ!これだあ」と思いました。

でも息子に読んでみると、まあ・・・あまり何かを感じたふうでは無かったです。(あはっ)

これはワシテのような当事者が読むものではなく、親や指導者が読んで感じる絵本なのかな?

ワシテは描けない事を叱られたり、「てん」を描いても評価のされ方が違っていたら、
きっと図画嫌いのまま、だったでしょうね。


知らないうちに、息子の才能を潰してしまっていないだろうか。
つくづく・・・考えさせられます。


私も評価のされ方が違っていたら、今頃・・・

えっ、人のせいにするな!って?

はいはい、その通りでございますっ。


ところで、年中になって園で初めて描いたと言う息子の絵、今までとは大違い。

「ばらさん」になった自信からか?
ワシテの先生のように、温かい担任の先生のお陰か?

大分吹っ切れた感じが出ていました。


そしてこのお話は、ピーター・レイノルズの実体験から生まれたものだそうですよ。

ちなみにこの本の絵は、水彩絵の具と紅茶を使って描かれています。

なるほど~、紅茶の香りが・・・するわけないでしょっ!






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


   *  *  *  *  *

本棚つくりました。
まだ開発中ですけど
覗いてみてね

ブクログ/絵本のおかあさん

   *  *  *  *  *

ランキングに参加しています
お手間取らせて申し訳ございませ~ん040.gif

このお話読んでみたいわ~と思って頂けましたら、
ちょこっと下のバナーを押してくださ~い
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-04-24 14:17 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(3)